FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

本【ブルーベリー】とDVD【クレヨン しんちゃん】

20080512033607

20080512033610

海の家で1冊くらいは本を読もうと思っていました。
枕が変わって寝付けなかった夜に重松清さんの【ブルーベリー】を読破。
初めての作家さんだったけれど、読みやすい文章と世代が近い懐かしさで、
あっという間に読めてしまいました。

大学入試で東京にやってきたエピソードから
大学4年の頃の友人のその後の話まで、
あの時代に流行ったモノがたくさん出て来ます。
映画【バブルへGO】の少し前の時代、
例えば…竹の子族、ラジカセとウォークマン(無論カセットの!)、
【ふぞろいの林檎たち】、アルバム【ロング・バケーション】、
東京ディズニーランドのオープン、トップサイダーのデッキシューズ、
ボートハウスのトレーナー、サントリーホワイト、等々。


私的感想です。それから何故かクレヨンしんちゃん



読み終えると、かなりせつなモードになってしまいます。
特に【洗いざらしの幸運】と【君の名は、ルイージ】
個人的、教訓としては
【人生で大事なものは(けっこう)ホイチョイに教わった】かな。
ナカムラくんみたいな部分、ワタシにもあるかなぁ…と反省
あそこまで徹底してませんけど…。
【4時間17分目のセカンド・サーブ】は今だと同じものが
こんなに違う感性で見られる…ってお話で、
舞台などをよく観るワタシには興味深かったりして。
【ザイオンの鉄のライオン】
…もしかしたら、人はザイオンをずっと求めて生きていくのかもね

本のエピソードを読んでいると、あったあったとうなずきつつ、
懐かしくて恥ずかしい若い頃のワタシ自身のエピソードも蘇えってきました。
もっと違うやり方や言い方があったんじゃないかとか
…考えてしまうのだけど、最近はそれも止めました。
お嬢の歳があの頃の年齢と同年配になり、
彼女の考え方やら行動やらを見ていると、
あの頃の自分を許そうと思えてきてしまう…今日この頃なんですな。
必死だったのだからネ、あの頃なりに。
仕方が無いことだったかなぁ…と。

最近は【3丁目の夕日】などノスタルジィを掻き立てる作品が大流行。
ワタシも、ゆったりしていて、ホロリ(´ー⊂)とさせられて
好きなモノがたくさんあります。
でも、これって過ぎると怖いことになりますよ~
警鐘を鳴らす映画が数年前にあったのですよ。
それは【クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲】

オトナ達は次々と20世紀博というテーマパークにハマり、
考え方まで若者化して親としての責任より自分達の遊びを
優先させるようになっていく。なすすべもない子供たち。
それは、現世界を20世紀に戻して、
21世紀を封印しようというグループの策略だったのだ
対抗するは、しんちゃんをはじめとするカスカベ防衛隊~


ってなわけで、いつものように、しんちゃん大活躍なんだけどさ。
何気にクレヨンしんちゃん好きなので、テレビでやっていると見ちゃうのです。

あの頃って、『21世紀』という言葉に夢があって、
手塚治虫さんのマンガみたいになっているとまでは思ってないけど、
もっと住みやすい世の中になっていると思ってた。
自分ももっと素敵になってるハズだったし…

だから、あの頃のモノに触れたり、そういう空間に行くと、
いろんな意味で心地よいのよねぇ。
携帯も無いし、コンビニもほとんど無いし、
今から思えば、不便も楽しかったかなと思ったりしてね…。

たまに思い返して和むのは安らぐし、必要だけど、
そこにばっかり逃げてはいられないよね。
肌なんかも綺麗だったし、なんとかしようとジタバタしている今なんて、悲しいけど
そんな今が幸せなんじゃあないかと…。
今からだって未来はあるからねぇ。
少し上の世代、団塊の世代のオジサマ達が昔のように楽器を持ち始めたらしい。
ノスタルジィで始まったものでも、もうそれはノスタルジィじゃない。
だって未来の為に必要なものだから。
ワタシもそんな風に好きなものと関わっていけたら好いな。

ブルーベリーブルーベリー
(2008/04/22)
重松清

商品詳細を見る

映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲映画 クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶモーレツ!オトナ帝国の逆襲
(2002/11/25)
矢島晶子、ならはしみき 他

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:今、思うこと。 - ジャンル:小説・文学

  1. 2008/05/12(月) 10:44:12
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ
  3. 本【ブルーベリー】とDVD【クレヨン しんちゃん】のコメント:2

Home

コメント

おめでとう!

引越しおめでとう(!?)ございます。
クレヨンしんちゃんの映画で泣きましたよ。素直に入ってくるからかなりヤバいです。
これからも楽しみにしてい~ます。
  1. 2008/05/13(火) 09:47:40 |
  2. URL |
  3. まきりん #/pHIRAno
  4. [ 編集]

承認待ちコメント

このコメントは管理者の承認待ちです
  1. 2008/05/14(水) 11:19:36 |
  2. |
  3. #
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する