FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

本日も晴天の日。





今日はお別れを申し上げに行って参りました。

この方が演じるこのお役が観てみたいと思わせる役者さんでした。

歌舞伎は人気狂言を繰り返し拝見することが少なくないので…。

『観たい!』と思うので、ついついチケットをとってしまうのでした。


そして歌舞伎の楽しさを教えてもらいました。

賛否の評価を受ける作品もありましたけど、

今後この作品がどう変わっていくのかワクワクしました。




築地本願寺近くで並んでいた時に拝見した沈む夕陽と星(月?)

沈む夕陽に思いが…。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


実況(?)…



昨日から血行不良が原因と思われるイマイチの体調でした。
アサイチでヨガに行き、なんとか復活したので
築地本願寺に向かいました

こういった有名人の方の葬儀に参列するのは初めてなので
何を着ていくか悩みました
チョイスしたのは、黒のパンツスーツに黒ニット。
黒の厚手のコート&マフラー&グレーのグローブと
ザ・ブラックのお洋服。
参列されていた方のお洋服はまちまちでしたけど
やはり喪服に近い服装の方が多かったですね。
寒い季節なのでブーツやニットの帽子を
着用されている方も多く見られました。

着いたのは14時半ごろ。
覚悟はしていましたが、本願寺のまわりにとぐろ巻く列。
その列の最後尾はワンブロック隣の公園内で何往復もしていました。
亡くなってからの一週間のように今日も晴天
そのおかげで日なたはそれほど寒くなく、
厚着のコートを着て急いでやってきたワタシは
やや汗ばむくらいでしたが、
徐々に列が日陰に入り、陽が傾いてくると
シンシンと冷えていきました

本願寺も見えず何時間かかるか分からない、
そんな状態でも、列を乱さず、騒ぐ方もなく、
知らない方同士がポツリポツリと
勘三郎さんの思い出を語りながら待ち続けました。

ワタシの後ろの列が思ったより長くならなかったのは
お焼香の受付を終えていたからのようです。
やっと、本願寺の境内に入れたのは16時過ぎ。



その列は一度別館のようなところに入り、また境内に戻るのですが
その建物には、トイレがあり、シンシンと冷えてきた身体には
中に入れるだけでもありがたかった



テント近くまでやってきますと
思い出の映像が流れている…音声がもれ聞こえてきました。

そして、いよいよテント内に。
大きなストーブ(?)がたくさんあって温かかった
こちらでお香典を受け付けていました。
こういった時は迷惑になるのかと思い
持参しなかったことを後悔

そして、祭壇。。。。お焼香。

亡くなったことを

現実として、

受け止めなければ…


写真を撮るのを一瞬躊躇しましたが

このお写真があまりにも勘三郎さんらしかったので

思わず…写真を撮ってしまいました



お焼香を済ませると
祭壇の並びに勘九郎さんと七之助さんの姿が…。
参列者のひとりひとりに目礼して下さいました
朝からずっとご挨拶をされていたのでしょうか???
大事にしてくださいね。

そして、中村屋のお弟子さんたちが
並んでお見送りして下さいました。
その中には憔悴しきった小三山さんのお姿が。
奥様の次に心配なのが、このお方です



お焼香、記帳を済ませて出て来ましたら、
17時半でした。



たくさんの思い出をありがとうございます。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:つぶやき - ジャンル:モブログ

  1. 2012/12/27(木) 22:49:06
  2. ひとりごと