Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 二月大歌舞伎 @日生劇場 】




今日の感想は、染五郎丈、復活の舞台
楽しみにしていました

義経千本桜 吉野山(よしつねせんぼんざくら よしのやま)

桜が咲き誇る吉野の山中に
源義経の後を追ってきたのは、静御前と義経の家臣佐藤忠信。

義経一行の行方を探す二人は、初音の鼓を義経に見立てると
屋島の合戦の様子や忠信の兄が犠牲になった戦話を語る。
やがて二人は歩み始めるが、忠信の様子がどこかおかしい。
実は、初音の鼓の皮に張られた狐の子が、忠信に姿を変え、
静御前と鼓を守っていたのだった。

義経のことを思う静御前と、鼓に張られた狐の親を慕う忠信。
二人それぞれの思いが重なり合います。

数ある道行物の中でも、主従関係の道行を描いた特色ある一幕。
竹本と清元の掛合いによる華やかな舞踊をお楽しみください。


新皿屋舗月雨暈(しんさらやしきつきのあまがさ)

旗本磯部主計之助に見染められたお蔦は、磯部家に奉公していたが、
彼女に横恋慕した岩上典蔵の悪事を知ったため無実の罪を着せられ、
主計之助によって手討ちにされてしまう。

お蔦の兄で魚屋を営む宗五郎は、
お蔦が同じ家中の侍と不義を働き、手討ちにされたと知らされる。
しかし、朋輩のおなぎからお蔦の死の真相を聞いた宗五郎は...

怪談『播州皿屋敷』を下敷きにして描いた『新皿屋舗月雨暈』は、
通称『魚屋宗五郎』の名でも有名な河竹黙阿弥の作品です。
後半の「魚屋宗五郎内の場」から上演されることが多いですが、
この度の上演では、お蔦が手討ちにされる事件の
発端である「弁天堂の場」からの通し狂言となります。

言われなき罪を着せられ責め苦を受けるお蔦、
妹の死の真相を知った宗五郎が酒を飲んで泥酔していくさま、
磯部家に乗り込んだ宗五郎が無念の思いを語る場など、
それぞれにみどころに富んだ歌舞伎の世話物の名作をご覧ください。

HPypり抜粋




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


私的辛口(?)感想です…




幸四郎丈、口上上手いなぁ
声の強弱、間、拍手が欲しいタイミングもバッチリでした
菊之助丈&吉右衛門丈の四女の結婚のお話も取り入れて、
笑いも誘っていました
内心、笑って良いのか???と思いながらも…もう昔のこと。

【 吉野山 】

一面の桜が華やかで、今年の冬は寒かったので
春が待ち遠しいなぁと実感したのでした。
日本の美しい四季を感じられるのも歌舞伎の楽しみですよね
そして…ひさしぶりに拝見した染五郎丈
とにかくキレイで素敵でしたわぁ
そして、手先まで美しい所作にうっとり。本当に無事で良かった
スッボンから現れた時、ちょっと涙ぐんでしまいました
そこからは染五郎丈しか見ていませんでしたわ。
福助丈、ごめんなさい
静しかいない幕開き直後、福助丈をじっくり見ようと思ったのだけど、
ちょっと清元が気になったのよねぇ…

【 魚屋宗五郎 】

番長皿屋敷をベースにしたお話。
歌舞伎でお馴染みの、青山&お菊の皿屋敷は化けて出そうに無いけれど、
こちらの話は井戸から恨んで化けて出たくもなるでしょうと思われる話。
日頃は魚屋宗五郎だけ単独で上演されているのだけど、
今回のように、通しで拝見すると話もよくわかるし、
最後には解決して、スッキリした気分になりましたわ

幸四郎丈の世話物ってあんまり拝見してなかったかも…。
この手の江戸弁の世話物は
菊五郎丈や勘三郎丈で拝見する事が多かったから…
当たり前ながら、世話物もすごく良かったわぁ
宗五郎がだんだん酒に酔って、乱れていく様子、
酔った勢いでお屋敷まで乗り込んで、
家老に思いをとうとうと話すところとか、とても良かったわぁ

凛々しい殿の染五郎丈が嫉妬と武士の面子…と
お酒で、壊れていく様子もなかなか良かった
男の嫉妬は恐ろしい

この話、両方(討った殿も、討たれたお蔦の兄も)とも
酒乱の気があるというお話だったのね…。
お酒は気を付けて飲まなきゃね~

来月はお休みという幸四郎丈。
歌舞伎座こけら落とし公演に向けて、
ゆっくり休んで頂きたいわぁと、心から思ったのでした
数ヶ月休んでいたから、染五郎の声の調子もすこぶる良かった
休日は出演していたらしい金太郎君見られなくて残念でした。
やはり千秋楽といっても、出ては来ないのねぇ
復活の舞台だから、千秋楽にカーテンコールがあるかも??と
淡い期待を持っていたのですが、特に何もなくて残念…。
と思っていたら、お祝いごとの食事会があったようですね






口上(こうじょう) 松本幸四郎

一、義経千本桜 吉野山(よしのやま)

佐藤忠信実は源九郎狐 市川染五郎
静御前 中村 福助
河竹黙阿弥歿後百二十年 河竹黙阿弥作

二、通し狂言 新皿屋舗月雨暈
(しんさらやしきつきのあまがさ)
弁天堂
お蔦殺し
魚屋宗五郎
〈弁天堂・お蔦殺し〉

愛妾お蔦 中村 福助
磯部主計之助 市川染五郎
〈魚屋宗五郎〉
魚屋宗五郎 松本幸四郎
磯部主計之助 市川染五郎
宗五郎女房おはま 中村 福助
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2013/05/30(木) 21:58:22
  2. 舞台