Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ヴェニスの商人 】 25年9月@彩の国さいたま芸術劇場

IMAG1246-1.jpg

今日は昨年9月()に拝見した舞台の感想を

当日のメモを元に書かせてもらいま~す


蜷川幸雄の演出/監修のもと、
これまで次々と話題作を送り出してきた彩の国シェイクスピア・シリーズ。
その中でも、“オールメール・シリーズ”と銘打たれたシリーズは、
シェイクスピアの時代に倣って全ての役を
男性キャストが演じ、人気となっています。

シリーズ通算第28弾、オールメールの第7弾となるのは、
日本でも高い知名度を誇る戯曲『ヴェニスの商人』。
これまで幾度となく上演されてきた名作に、
‘世界のNINAGAWA’が挑みます。

主演は歌舞伎俳優の市川猿之助。
オールメール第5弾の『じゃじゃ馬馴らし』の
<じゃじゃ馬>キャタリーナで女形を演じ喝采を浴びた彼が、
今度は世界の名優たちが演じたがってきた悪役シャイロックに扮します。
共演陣も、ストレートプレイやミュージカルで活躍する中村倫也、
蜷川組の常連である石井愃一や横田栄司、
映像・舞台に活躍する高橋克実と、
いずれ劣らぬ個性派が揃いました。

彩の国シェイクスピア・シリーズ
最新作『ヴェニスの商人』に、どうぞご期待ください。


<あらすじ>

舞台は貿易都市ヴェニス。
ある日、貿易商を営む裕福な紳士アントーニオのもとに、
年下の親友バサーニオが借金の申込にやってくる。

彼は才色兼備で大富豪の令嬢であるポーシャに
プロポーズをしようとしており、
そのための元手をアントーニオに頼ってきたのだ。

生憎と全財産が海を渡る船の上にあったアントーニオは、
自らを保証人として借金をするよう、バサーニオに勧める。
ところがバサーニオが借金を申し込んだのは、
よりによってアントーニオの天敵とも言うべき、
高利貸のシャイロックだった――。




HPより抜粋





ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的感想です…



あんなに卑屈で、強烈にイヤミで、心の底からムカつく
底意地の悪いシャイロックを見たことない。
そして、あれほど、悲しげで哀れなシャイロックも…。
【ヴェニスの商人】を拝見したのは2~3回ですが

ワタシも、もちろんそうですが、大多数の日本人には、
本当の意味で理解出来ないであろうキリスト教とユダヤ教の対立
とはいえ、分からないながらも心に湧き上がる感情はあるもので…
無理やりの改宗が認められるものなのか…
信ずるものを意志に反して変えられて生きていけるものなのか。
借金の利子の代わりに命をとろうとした罪深い男ではあるけれど…。
と、哀れなシャイロックに同情してしまった

今回の演出には歌舞伎要素がふんだんに盛り込まれていました。
第一部は笑いを呼び起こす動きや仕草として、
猿之助さん以外の役者さんにも歌舞伎のような動きが付けられていました
日頃は眉をひそめるような演出も本格役者がつけた動きですから
納得です???
第二部では、一流の歌舞伎役者の発声、動き、目配り、手の動き、
身体全体いや周りの空気までもまとった大きな存在として…
観客の視線が主役にぎゅ~っと集める。
そして、観客は魅了される
やはり猿之助さんは超一流の役者だなぁと再確認。
是非とも、新しい歌舞伎座でも、その姿を拝見したいものです
未だに立ってないとは…『さよなら公演に出ていない』
とご本人もおっしゃっていたので、4~5年経っているのかなぁ?
どうなってるんでしょう

今回はオールメール…すべて男性だけの舞台。
もう一人の主役といえるであろうポーシャはとにかく可愛いらしかった
無邪気さも可憐さも無理なく見えました。
女形でも美しい猿之助丈が共演しているのだから
細かい立ち居振る舞いを教えたりしたのかしらん?
と思うほど、美しい立ち居振る舞いでした
シャイロックの毒々しさとは正反対の爽やかさで、
舞台を明るく、そして爽やかな結末へと導いていました。
(まぁ。あくまでも、キリスト教徒にとって…ですが)

ポーシャの年増の召使いも良い味出していました
和みましたぁ

今回のバサーニオは何とも艶っぽかった
ポーシャが忘れられなかったのも頷ける。
いつも思うのだけど、バサーニオに対するアントー二オの友情って、
厚すぎて…ちょっとうがった見方をしたくなるのよね~

でも、アントーニオの克己さん。誠実そうで良かった
やっぱり良い役者さんなんだよね~と実感。
明るい演出も多かったしねぇ
カーテンコールでは、
猿之助さんにスッゴイ目力で睨まれていましたけど


あんなに大きな劇場がシーンと静まり返り、
ひとりの役者の一挙手一投足に魅入った舞台は
なかったように思うわぁ
猿之助さんのこの舞台はとにかく素晴らしかった



演出:蜷川幸雄


作:W.シェイクスピア


翻訳:松岡和子


出演:

市川猿之助、中村倫也、横田栄司、大野拓朗、間宮啓行、石井愃一、高橋克実
青山達三、手塚秀彰、木村靖司、大川ヒロキ、岡田 正、清家栄一、新川將人、鈴木 豊
市川段一郎、鈴木彰紀*、隼太*、坂辺一海*、丸茂 睦(楽師) ほか


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/15(土) 21:24:07
  2. 舞台