Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 シルク・ドゥ・ソレイユ OVO 】 2014年3月@お台場ビッグトップ



先日の続きです
今回はスグに感想をエントリーさせてもらいます

その前に、お台場ビッグトップへの
電車でのアクセスをレポ。

こちらはテント(お台場ビッグトップ)のスグ脇にある
ゆりかもめの<青海駅>への連絡通路の入口です。
テントにはかなり近いです



♬マークがOVOのテントです



ゆりかもめの<台場駅>からも、歩ける距離らしいです(友人談)
くねくね曲がって走っているゆりかもめでは不思議なことがありまして…
新橋から乗ると、<青海駅>は<台場駅>から3つも先。
この日のような悪天候でなければ、<台場駅>が良いかもねぇ



そして、もう一つの最寄り駅は、
りんかい線の<東京テレポート駅>
駅から見ると、少し遠く見えますが、7分程で着きました
駅には、大きな看板がありますし、駅を出たこの辺りにも
立て看板を持った方がいらして、案内してくれてました
駅まで着ければ、たぶん迷わずに行けると思います

OVOのHPはこちら http://www.fujitv.co.jp/events/ovo/




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


テント内の写真はこちら…


moblog_ced61a85.jpg

それほど広くないエントランスには、
ドリンクやフード、グッズの売店が並んでいます
ちなみに劇場内は、飲食物の持ち込み禁止



そして、中心には、ダイハツのOVOバージョンの車が鎮座しています
香取慎吾くんの作った卵のオブジェも飾られていました
彼らしい宝箱みたいな作品でしたよ
そちらは撮影禁止でございました



グッズ買っちゃいました
チョコチップクッキーは800円
ネックストラップは600円
ラーメンは500円
巾着袋に入ったたまごボーロは1,100円でした



これは、オススメです
巾着を開けると、たまごボーロの小袋が4つ
それぞれにOVOのキャラが付いてますし
会社のお茶菓子にもってこい

ちなみにパンフレットは2,000円でした
お土産のお菓子、ペンなどのグッズ、Tシャツなど
いろんな種類が売られています。
あらかじめ、HPで、チェックしておいた方が良いかも???

http://www.fujitv.co.jp/events/ovo/goods.html


↓↓↓↓↓↓ここからは、ネタバレです。↓↓↓↓↓↓












OVOの登場人物は、すべてが虫…
見ただけでは、
イマイチなんの虫だか分からないものもいましたけど

幕開け早々のトンボの演目。
使われてるスロープ付きのパイプはなんとも不思議な形で
パフォーマーのバランス感覚の凄さを見せつけられました
あの装置(?)を作った方を尊敬しますわぁ

ホタルが操るディアボロ…ジャグリングのパフォーマーでさえ
バク天や180度開脚が出来るのだとビックリ

行く前に一番楽しみにしていたのが
ウォールと呼ばれる演目
舞台中央に花道のように伸びたトランポリンと
大きな壁&壁前に配置されたトランポリン。
壁面を舞台を自由に飛び回るので、
見ているうちにどっちが地面だか分からなくなる素早さ
予想以上に見ていて楽しかった

ただ、ちょっとだけ言えば…

今回の舞台の象徴として見せているOVO(卵)には
なんの展開も無いし…
フォーリナーとレディバグの恋
なんとなく中途半端で終わっちゃった…という印象。
まぁね、ストーリーなんて、
あってもないようなもんだから良いとしても…

ウォールと足技のアンツ以外は
割と個人の演目が多かったのよねぇ
舞台上に何人かのパフォーマーがいてもメインはひとり
という演目が多かったので、
今まで見たシルクに比べて地味な印象かなぁ???
とはいえ、今回の舞台も人間技とは思えない演目ばかりでした

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/03/07(金) 22:28:27
  2. 舞台