FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 万獣こわい 】 2014年4月@PARCO劇場




「鈍 獣」(2004)、「印 獣」(2009)・・・そして「万獣こわい」(2014)!
やつらは5年ごとにやって来る!

生瀬勝久、池田成志、そして古田新太。
誰が呼んだか・・・「ねずみの三銃士」。
“今、一番やりたい芝居を、自分たちの企画で上演したい!” と、
演劇界のチームリーダー3人が結集しての
第1回公演「鈍 獣」は、宮藤官九郎が書き下ろし、河原雅彦が演出、
曲者男優3人の初競演に加え、麗しい女優3人が参加。
美女と野獣がこぞって出演のまさに異種格闘技的なステージは、
2004年夏、PARCO劇場を皮切りに、
全国7箇所で公演、各地ともチケット完売、大盛況のうちに終了しました。
宮藤官九郎は初めて外部プロデュース公演に書き下ろした本作で、
見事岸田國士戯曲賞を受賞。戯曲はPARCO出版から絶賛発売中、
公演を完全収録したDVDもPARCOより同時発売されています!
さらに「鈍 獣」は、映画化(細野ひで晃監督)もされました!

そして、第2回目の「印 獣」は、とあるお屋敷が舞台。
そこに住む女主人からの招待状をもらった3人の作家たちという設定。
宮藤官九郎(作)、河原雅彦(演出)のコンビはそのままに、
三田佳子をゲスト主役に迎え、異種格闘技的豪華競演で
東京・PARCO劇場を皮切りに、
札幌、新潟、名古屋、大阪、福岡と全国で上演されました。

そして2014年3月、実に5年ぶりに、ねずみの三銃士が再集結し、
これまた同じく宮藤官九郎(作)、河原雅彦(演出)のコンビで、
華やかなゲストを迎えて新作劇をお贈りします!
注目のゲストには、演技派女優として注目の小池栄子をはじめ、
2度目の舞台となる夏帆。
舞台のみならずドラマ・映画でも
個性的な存在感を発揮している小松和重が決定!

「鈍 獣」では同級生だった3人。
「印 獣」では3人の作家たちという設定。
そして今回は・・・?
謎が謎を呼ぶ新作にどうぞご期待下さい。

HPより抜粋



第一作の【鈍 獣】から、拝見しております
待ってました という感じです。
でも、もう10年も前か~という感慨もございます

一作目の時はまだBLOGを書いていませんでしたが、
前作の【 印 獣 】は書いておありました。
参考までに…
http://aroma39.blog43.fc2.com/blog-entry-602.html




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
いちお…あらすじ書きます。
パンフレットを買ってないので、役名がハッキリ分かりません。
そのため、役者さんの名前のまま…で失礼します

ある年のハロウイン前夜。
舞台は明日にNEW OPENを控えた喫茶店。
経営者は生瀬×小池栄子の夫婦。
この夫婦は社内での不倫の末、ふたりとも退職して結婚し、
ふたりの念願だった喫茶店を開いた。
生瀬は別れた妻に養育費を払い続けているが、
その養育費は義弟(元妻の弟)の小松から
お金を借りて払っている。
小松は警察官だが、あまり頼りになるような男ではなさそうだ。

その喫茶店に女子高生の夏帆が、逃げ込んでくる。
夏帆は7年もヤマザキという男に監禁されていて、
逃げ出してきたと話す。
その部屋には彼女だけでなく、
祖父や両親、姉を含め7人が監禁されていたが、
今は夏帆とヤマザキのふたりしかいない。
何故なら、7年の間、毎年ハロウインの夜にひとりずつ、、
ヤマザキの指示で家族が家族を殺してきたのだ。
そして、最後に残った自分は明日、ヤマザキに殺されるに違いない…。
怯えながら説明する夏帆に驚いた夫婦は、夏帆をかくまい
小松に連絡し、ヤマザキは逮捕され、死刑判決がくだされた。

それから数年後、喫茶店には閑古鳥が鳴いている。
夢いっぱいで始めた喫茶店だが、まともな常連客はつかず、
妻の栄子は子どもが出来ないことが不満で
いつもイライラしている。
今日も店内にいるのは、常連客の成志だけ。
この成志、勝手にお店のコンセントから
いろんな電化製品(ルンバの基地まで!!)に充電しながら
長時間、PCに向かってるくせに、
二日に一度、珈琲を頼むだけ。という厄介な客。

そんなこの店に、OLになった夏帆が訪れる。
夏帆は古田演じる養父に引き取られ、
今では、幸せに暮らしているらしい。
夏帆はこの喫茶店でアルバイトを始めた。
<鶴の恩返し>のように恩返しに帰ってきた夏帆。
新聞に取り上げられ、喫茶店は、以前より盛況になるが…

徐々に、何かが変わり、異様な世界へと堕ちていく…。



<ねずみの三銃士>のお三方
生瀬勝久さん、池田成志さん、古田新太さんは、
今回も、とにかく愉しそうでした
いつもより、肩の荷が軽いからなのかなぁ
今回は前作、前々作より3人ガッツリと組んだ内容でした。
みんなで作り上げた舞台が誇らしくてしょうがないって感じがします。

客演の方々も良かったデス
それぞれの役者さんの印象と役柄の感想など書いてみます

小池栄子ちゃんは、相変わらず、滑舌良いし、声もはっきり出てる
声帯強そうだなぁ
スッカリ舞台役者さんですねぇ。
失礼ながら、こんなに良い役者さんになるとは思わなんだ。
本作の中で、一番まっとうな人間でありながら、
たぶん、一番の被害者
奪略愛だからこそ、誰よりも普通の幸せを求めた女性かも

夏帆ちゃん、可愛いくて、エロい、狂気…凶器
可憐な笑顔までも怖く見えるんだから、演出の河原さんも満足なのでは
でも、ABBAの歌のくだりは必要だったかしらねぇ。
クドカン×古田新太だから、【 あまちゃん 】みたいに、
踊らせたかったのかしらん
大和ハウスのCMみたいな出来栄えだったけどネ
この場面でまともに踊れていたのは、
古田新太さんと小池栄子ちゃんのみだったような
歌い上げるわけじゃないから、あの程度(失礼)でも
良いのか
でも、リアル夏帆ちゃんの可愛らしさが一番出ていた場面かも。
本編には関係なくても、夏帆ファンのためには有意義な場面だったのかも
夏帆ちゃんの役は、こころの中に、
強大な獣(怪物…悪魔)を飼ってしまった少女…女性。
異常な生活の中で強い獣を生み出してしまったんでしょうね。

作品内でも、ねずみたちにいいように
こき使われていた小松和重さん
多分、リアルでも…稽古中も、稽古後の飲み会でも、
同様の扱いを受けてたんだろうなぁ(笑)
幕開けの咄家、お上手でした。
彼の役は、警察官である事、義兄にお金を貸して感謝されていることで
プライドを保っていた屈折した男。
そのふたつを無くした時に獣が外に飛び出した

生瀬さんのお役は体裁を重んじる男
どんなに金銭的にキツクても、見栄を張り、
義弟に借りたお金で養育費を払い続けている。
自分が救った可憐な少女の本当の姿を見ようとはしない。
過去のハートフルなドラマを否定したくないだけなのだろうなぁ
生瀬さんが好きそうな
(さんまさん主演舞台に書くような)温かく心地よいお話…
かと思いきや…一転。。。。ドロドロとエゲツない世界へ急降下
若い奥さんをもらった苦行を何度も言ってましたけど、
リアル奥様に怒られてないですよね(笑)

古田さんの役は普段は可愛いOLのようなソフトな人柄。
その本性は、オラオラ系のやくざのような物言いの男。
夏帆の影響を人一倍受けている

なるし~のお役は飄々とした喫茶店の常連役。
中盤までは、場を和ませたり、イラつかせたり、しています。
門外漢を装いながら、実のところ、最初から本質を知っていた男。
夏帆に冷たくあしらわれ、ヒドイ罰を受けるうちに
徐々にマインドコントロールされてしまう


幕開きは、寄席(?)の舞台。
小松亭右近(だったと思う)が一風変わった風体の弟子に
【 まんじゅうこわい 】の稽古をつけています
ここで、本作のベースとなっている落語の説明をするわけですね

まんじゅうこわいのウィキページはこちら
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E3%81%BE%E3%82%93%E3%81%98%E3%82%85%E3%81%86%E3%81%93%E3%82%8F%E3%81%84

んで、説明が終わったところで、弟子たちに食われちゃいます
何故なら、弟子は、ゾンビと狼男とセムシ男(?)だったから…

時事ネタをちょこちょこ入れてあったり、
似てるのか似てないのか分からないモノマネ大会があったり、
なるしーが好きそうな笑いがふんだんに入っているのですが、
とにかくエゲツなくて…恐い話。
なるしーが散歩に出たルンバに話しかけていましたけど、
ワタシも、ルンバに話しかけちゃうのよね~
ルンバの散歩。たまにあるらしいです。
バリアを超えて、ドアから出てしまうんでしょうねぇ
っと、話が逸れた

最初は怖く見せておいて、ハートウォーミングなの
と思っていたら、その底は深く、どんよりと濁っていて底なしだったのです

ひとの心の奥に潜んでいる獣。
その獣は、ひとが弱ったのに乗じて、暴れ出すのでしょうね。
自分でも気付かないうちに、獣にこころを支配されてしまうのかも。
幕開けに登場した獣(怪物)たち、
彼らは、自分が醜いことに気付いているだけマシなのかも
醜い獣が表面に出て来ても、気付かない人間たち。
ネット上で、この獣に支配されたひとを見ることがありますねぇ。
それでも、ネット上の仮想現実で生きているうちはいいのかな
そういえば、リアル世界に出てきて、殺人を起こした事件もありましたね。

冒頭のエピソードは数年前に報道された
「尼崎の一家連続監禁殺人事件」を思い出させます。
この事件の主犯の手口と同様に、
夏帆は自ら手を出すことは無く、証拠も残さない
マインドコントールは<まんじゅうこわい>と一緒。
『お祖父ちゃんがいなくなったら悲しい』と
涙ながらにヤマザキに訴えるだけ。
実は夏帆は祖父から性的虐待を受けており、祖父を憎んでいた。
が、ヤマザキは夏帆の真意を知らない。
ヤマザキは夏帆を苦しめるために、祖父を殺させる。
そこには、屈折したヤマザキの夏帆への愛情さえ感じられ、
最早、ヤマザキがコントロールしているのか
コントロールされているのか
夏帆の可愛らしさに心を寄せるひとは次から次にあらわれ、
その連鎖に終わりはない

狂気…恐怖の世界。の一言。
クドカンの本領発揮といった感じ。
あまちゃんでハートウォーミングの脚本書いていたから、
逆に逆にぃ~~(成志…なるしー風に(笑))振りきれちゃったのかも

本当の意味で怖い話です。
本作は完全なフィクションですけど、
ニュースだけでは分からない事件の裏側。
たくさんあるんでしょうねぇ。
報道に惑わされず、いろんな角度から、物事を見られる
柔らかい感性(?)…無くさないようにしなくては。
そして、こころの獣が暴れださないように
小出しに毒を吐いていかなくちゃ
とはいえ、あくまでも上品(?)に…
このBLOGで毒を吐く程度で

演出には、見慣れないモノも多く取り入れられていました。
プロジェクションマッピング(なのかな?)によって、
時間の経過や異様な空間の演出をしていまして、
いつもに比べて、地味な舞台装置に、華やかな色味を加えていました
2階部分のスクリーンと舞台を使って、
回想や裁判の様子を同時進行で見せる趣向が効果的でした

どんなにグロイ舞台でも、
この舞台は観る価値のある舞台だと言えます
(まぁ、好みはあると思いますが…)


ねずみの三銃士さん、
今回も鬱屈した気分になる舞台、ありがとうございました
5年後も楽しみにしています
その時も、両眼とも見えていること信じて。

昨日の感激をそのままに一気に書き上げました
いつも以上の乱筆、おゆるし下さい


宮藤官九郎

ています出
河原雅彦

出演
生瀬勝久・池田成志・古田新太 / 小池栄子、夏帆、小松和重





関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/04/04(金) 15:06:04
  2. 舞台