FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 五月花形歌舞伎・昼の部 】@明治座 26年5月



今月、歌舞伎座で初弁慶を演じている染五郎丈が
5月に奮闘した花形歌舞伎。この月も大変な月でしたよねぇ。
昨日も行ってきた明治座ですが、これは今年五月の公演ですから、
本日も、思い出しながら、書かせていただきます
染五郎丈、明治座での花形歌舞伎への出演が増えている気がしますねぇ

一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)
    鳥居前

 伏見稲荷の鳥居前には
兄の源頼朝から疑いをかけられた源義経の一行がいる。
都落ちする義経の後を追って静御前がやって来るが、
同行の願いは却下される。
やがて武蔵坊弁慶が駆けつけるが、
義経は、弁慶が堀川館に押し寄せた
鎌倉方の軍勢を討ち取ったことを
軽率な行為だとして憤っている。
だが、静御前の執り成しによって、
弁慶は義経の供を許される。

 その後、義経は後白河法皇から拝領した
初音の鼓を静御前に渡すと、
後を追わないように静御前を
梅の木に縛りつけて参拝に出かける。
そこへ鎌倉方の早見藤太がやって来て、
静御前を捕らえようとするところ、
義経の家臣佐藤忠信が現れ、これを助ける。
忠信の手柄を知った義経は
、褒美として鎧と源九郎の名を忠信に与えて
西国へと出立する。
静御前の守護を命じられた忠信だが、どこか不審な様子で・・・。

 三代名作の一つである『義経千本桜』は、
延享4(1747)年に大坂竹本座で初演された時代物です。
全五段の内、二段目にあたる『鳥居前』では、
様式美に溢れながら、忠信の荒事の立廻りや、
狐の本性を見せる狐六法などが見どころの一幕です。
平成生まれの若手たちによる清新な競演をお楽しみください。


二、釣女(つりおんな)

 太郎冠者は主人の大名某と二人で、西宮の戎神社に、
妻を得たいと願掛けの参詣にやって来ました。
二人が祈願するところ、夢のお告げがあり、釣針が与えられます。
早速、大名が釣竿をさげると、世にも美しい上﨟が釣り上げられ、
これを見た太郎冠者は、自分も美しい妻を娶りたいと釣竿をさげます。
やがて手応えを感じた太郎冠者が釣竿をあげると、醜女がかかり・・・。

 『釣女』は、
明治34(1901)年に
東京座で初演された常磐津による歌舞伎舞踊です。
作者は河竹黙阿弥、作曲は六世岸澤式佐。
狂言の『釣針』をもとにしたこの作品は、
わかりやすくユーモラスな内容ですが、
演者には松羽目物としての品格も求められる舞踊です。

 みどころは太郎冠者と醜女とのやりとりで、
嫌がる太郎冠者を慕う醜女の愛らしさが
可笑しみとともに表現されます。
大名と美女、太郎冠者と醜女という対比も面白く、
誰もが楽しめる微笑ましい舞踊です。
本興行では
初役で勤める演者たちの顔合わせも注目の一幕をご覧ください。

三、邯鄲枕物語(かんたんまくらものがたり)


 江戸の池の端の待合茶屋に引越して来たのは、
艪屋の清吉と女房おちょう。
金に困る夫婦のもとへ米屋の勘助が引越先まで催促しに来るので、
家主の六右衛門がこれを追い払う。
実は、清吉夫婦は義理ある主人の難儀を救おうと、
紛失した御家の一軸を突き止めたが、
請け出す金子がなく苦心していた。
これを聞いた六右衛門は、美しい女房を使って大名から
金を巻き上げる策略を伝授するので、清吉夫婦はこれを承諾する。

 そこへ侍の横島伴蔵がやって来るので、
おちょうを使って間男騒動を起こす清吉。
慌てる伴蔵は自分の荷物と店の物入を取り違えて逃げていく。
やり損なった清吉は、侍の荷を枕にして一眠りすることにする。 
やがて目を覚ますと、そこは大坂の鶴の池にある善右衛門の別宅。
奇病にかかる善右衛門から見初められた清吉は、
十二萬両という小遣いをもらい、
さらにひと月に萬両の金を遣わないと大臣にさせられてしまう。
金の遣い道に困った清吉は、金を遣おうと出かけていくが・・・。

 三世桜田治助による『邯鄲枕物語』は、
通称「艪清の夢」ともいわれるように、
艪職人清吉が見た夢物語が展開する作品。
大金の遣い道に困り果てる清吉の姿をユーモアに見せることで、
栄枯盛衰の人生ドラマを明るくほのぼのと描きます。

本興行としては、
明治38(1905)年の明治座での上演以来となる珍しい復活上演。
清吉を勤める染五郎をはじめ、
それぞれ個性溢れる登場人物たちが魅せる
洒落っ気たっぷりの芝居をお楽しみください。

HPより抜粋



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


私的感想です

<染五郎、頑張ります>の五月花形歌舞伎ですが、
昼の部の幕開きは染五郎丈不在の
【義経千本桜 鳥居前】でした

若い座組でしたわあぁ
花形歌舞伎や今年の浅草歌舞伎よりも若い
初々しいわぁ、な~んて思っていたら、
来年の浅草歌舞伎のメンバーにかなり似てますねぇ
今から思えば、お試しの舞台だったのかなぁ
なんて、思ってしまう。

さすがにみんな若いなぁと思ったけど、
隼人丈の義経は、清々しくて悪くなかったし、
米吉丈の静はふんわりした雰囲気。
まだ青い梅のよう。色香がかおるのはこれからかなぁ。
歌昇丈の弁慶、どっしりとして見えましたよ

この経験を活かして、
浅草歌舞伎、頑張って下さいね~

【釣女】
とにかく、楽しかったわぁ
同じ松羽目ものの【身替座禅】に繋がる楽しさ
この後の夜の部も大変なのに、染五郎丈頑張ってましたなぁ

最初に、あらすじを書いていますけど、
この狂言は、いわゆる<婚活>のお話でなんです。
今も出雲大社で、良縁を願っているワタシたち…。
思いは、今も昔も変わらないんですねぇ

一心に祈る大名。 太郎冠者も祈ります
その後、大名から寝ずの番を申付けられた太郎冠者。
でも、そこは、ちゃっかりとした太郎冠者。
「犬が来ました」「烏が来ました」といちいちとご報告。
その都度、大名を起こしちゃいます。
こういう、ちゃっかりしているお役を
染五郎丈が演ると、チャーミングなんですよねぇ
やっぱり、カッコ良いからかなぁ

いちいち起こされることにうんざりした大名は
太郎冠者にも寝るように言い、二人で寝ることに
すると、大名の夢の中でお告げがあって、
釣竿で嫁を釣ろうということになるのです。
こう書くと、なんでぇ?となりますけど。。。
この辺りが、歌舞伎の遊び心なんです
先に拝見した【天守物語】では、
天守から糸を垂れて秋草を釣っていましたもの。
あの場面は、風情がありましたなぁ
と、話がそれました。

何度か試した後…
大名は、美しい上臈を釣り上げて、ラブラブ 
それを見ていた太郎冠者も、さっそくトラ~~~イ
太郎冠者にも赤姫が釣れましたぁ~
やった~~~
と喜ぶ太郎冠者ですが、釣り上げたのは、
ビックリするほどの醜女

醜女に扮した亀鶴丈は、ノリノリでしたねぇ
スッゴイ勢いで、迫ってましたもの。
それを、本気で嫌ってましたもんねぇ~染・太郎冠者(爆)
舞踊劇ですので、カップルが決まったら連舞デス
大名と美しい上臈のカップルと、
太郎冠者と醜女のカップルと、踊るのですが、
その対比も、また、趣深かったわぁ。
太郎冠者は醜女に引っ張られながら退場。
かかあ天下は幸せって言いますから~~

この後の【櫓清の夢 邯鄲枕物語】も
しゃれたパロディーが沢山盛り込まれた作品で、
染五郎丈がお好きそうと勝手に思っております

少し間の抜けた感じの清吉が主人公で、
染五郎丈がぽよよ~~んといった感じに、好演されてました

清吉が夢で見るのは、お金にまつわるあべこべ話で、
追いはぎ、ならぬ「追い剥がれ」の唯九郎が登場
これは、【忠臣蔵】の定九郎のパロディですね
吉田屋での傾城・梅が枝との逢瀬の場面は、【廓文章】ですね。
こういう和事っぽいのが似合うのよねぇ。染五郎丈
艶っぽい壱太郎丈の花魁姿と、並んだ姿が美し過ぎるぅ

このお話、お金が使いきれなくて心中したりして、
明らかに、世の中に対する風刺ですよね
『お金がすべて』という風潮が、この時代にもあったんですかねぇ。

染五郎丈は、とっても良かったのですけど、
一番印象的だったのは、女形の歌六丈
だって、女形ですよ~~~
恥じらって袖で顔を隠す歌六丈が可愛らしく見えちゃうんだから、
歌六丈、流石でございまするぅぅ



一、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

鳥居前

   
佐藤忠信実は源九郎狐 中村 歌 昇
静御前 中村 米 吉
早見藤太 中村 吉之助
源義経 中村 隼 人
武蔵坊弁慶 中村 種之助

二、釣女(つりおんな)

   
太郎冠者 市川 染五郎
大名某 市川 高麗蔵
上臈 中村 壱太郎
醜女 中村 亀 鶴

三、邯鄲枕物語(かんたんまくらものがたり)

艪清の夢(ろせいのゆめ)

   
艪屋清吉 市川 染五郎
女房おちょう/梅ヶ枝 中村 壱太郎
米屋勘助/蕎麦屋與四郎 中村 歌 昇
鳥追いお七 中村 米 吉
安芸の内侍 澤村 宗之助
横島伴蔵/盗賊唯九郎 中村 亀 鶴
家主六右衛門/鶴の池善右衛門 中村 歌 六




関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/11/22(土) 21:55:17
  2. 舞台