Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

映画 【 ボーカロイド™ オペラ 葵上 with 文楽人形 】



下北沢のビルの中にある<TOLLYWOOD>という
小さなちいさな映画館に行って参りました
見に行ったのは、ボーカロイドの歌声に文楽人形が歌い舞う舞台を
撮影した短編映画。
本編は30分ほどですが、前後に監督のトークなどがあって
全部で1時間ほどの上映です

以下はHPより抜粋

ボーカロイドが歌い、文楽人形が舞う!
日本の新旧技術をあわせた新作オペラが
ハイパージャパン2014で世界初上映!

ボーカロイド™ オペラ 葵上 with 文楽人形

オペラ葵上は、オペラ舞台を撮影した30分の短編映画です。
本作品には人間は登場しません。歌うのはボーカロイド。
日本の最新テクノロジーが生んだ歌声合成ソフトウェアです。
演じるのは文楽人形。日本が誇る約300年の歴史を持つ人形劇です。
和楽器まじりのテクノミュージックに乗って、
機械の声と人形が人の心の不思議を表現します。

人間では不可能な音域も交えて夢幻の世界を歌うボーカロイド。
人間を超えた動きで心の深淵を舞う文楽人形。
オペラ葵上は、まだ誰も見たことのない、
ボーカロイドと文楽人形とのコラボレーション・オペラなのです。


オペラ「葵上」ストーリー

世界最古の長編小説「源氏物語」の「葵」の一節を現代劇に再編しました。


作曲家「ヒカル」と共に活動する人気歌手「アオイ」に起こった奇妙な一夜の物語。
アオイが事故にあったと聞いて病院に駆けつけたアオイの「マネージャー」。
マネージャーが病室で出会ったのは「精神科医」と、
アオイと全く異なる人格「ミドリ」でした。
ミドリとはかつて一世を風靡したボーカロイド。
人々や作曲家から忘れ去られたミドリがアオイにとり憑いたのか?
それともアオイの葛藤が生み出した多重人格なのか…


*「ミドリ」とはGreen(緑)またはBlue(碧)を意味します。








ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


ネタバレありの私的感想です




ざっとストーリーと人間関係を書きつつ
サクッと感想を…

原典は能「葵上」 のようですが、
今回のストーリーには光源氏は登場しません
光源氏と同様に、音楽業界の憧れの的がヒカル
(でも、舞台には登場しません。)
ヒカルは、ミドリというボーカロイドを使って
一世を風靡したスター作曲家。
ヒカルは今も一流の作曲家だけれど、
ボーカロイドのミドリは既に忘れ去られた存在。
一方、ミドリに憧れて歌手になったアオイは
ヒカルと共に活動している。
かつてミドリが歌ってヒットさせた「慈救咒」の
録音の日に、ミドリにとりつかれる…というストーリー。

原典と違い、六条御息所の生霊のせいではなく、
ミドリというかつて一世を風靡したボーカロイドの念が
アオイにとりついて、この歌は渡さない…と。
かつての自分に降り注がれていたスポットライトや
ヒカルへの思いに恨みの炎を燃やすって感じですかねぇ
ボーカロイドにも情念が…ということなんですが、
最後には、ヒカルと作ったヒット曲『慈救咒(じくしゅ)』によって
自らの怒りを鎮め、成仏することが出来て良かったわねぇ
一時のブームでもてはやされたミドリは可哀想。。。
でもねぇ、映画を観ていて気付いてしまった。
やっぱり、ボーカロイドって飽きると思うわぁ
生の声にはかなわないわよっぉおお。
それにボーカロイドの高音部はワタシにはキツかった
低めの声質のボーカロイドの方が好きでしたわ。
あまりボーカロイドには詳しくないけど、
大抵はアニメに合わせている印象がありマス。
でも、今回の文楽の方が生々しくて、
目に見えない、念を強く感じられた気がしたわぁ。
以前、舞台でボーカロイド(?)を人間が演じていたけれど、
考えてみたら、その時の人間の動きは人形ぶりだったわぁ
結局、そういうところに落ち着くのかもねぇ。
それにしても、スマホを持つ文楽人形に笑った~
やっぱり、文楽の動きとボーカロイドを合わせるという企画は
面白いと思いましたわぁ~
先日、拝見した文楽ではシェイクスピアを上演していましたし
(近々、こちらも感想を書かせていただきます
歌舞伎と同様、新しい文楽にも期待しているのです。
古典芸能が古典に固執していたら発展はないですからねぇ
この映画館での上演は3日で終わってしまうのですが、
今後、全国各地で上演されるようですから、
興味がある方は是非、ご覧になってみて下さいね~


※ 不動明王の真言「慈救咒(じくしゅ)」

仏教における中心の仏:大日如来の化身とされる
不動明王に向けて祈る真言(マントラ)の一種です。
諸説あるようですが、漢字表記や発音の一例と、
おおよその意味をご紹介します。

のーまく さんまんだー ばーさらだん

せんだーまーかろしゃーなー

そわたや うんたらたー かんまん
.

激しい怒りの相を示される不動明王よ
(その大いなる怒りによって)
私の迷いを打ち砕きたまえ
障害を除きたまえ
成仏する願いを成就させたまえ

HPより抜粋

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/10/01(水) 23:51:09
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ