Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 海をゆく者 】 @パルコ劇場 2014年12月



再演とは知っていましたけど、
観ていることは忘れてとってしまったチケットです
というのも、このキャストは魅力的ですもの~

アイルランド演劇界をリードする気鋭の劇作家
≪コナー・マクファーソン≫が、2006年に自らの演出により、
ロンドン<ナショナル・シアター>デビューを飾った
出世作にして代表作。

<ローレンス・オリヴィエ賞><トニー賞>等、数々の賞に輝き、
“21世紀のクリスマス・キャロル”と評され、
世界中で上演されてきた傑作芝居。

本年冬、5年ぶりにオリジナルキャストが奇跡的に再結集、
小日向文世 吉田鋼太郎 浅野和之 大谷亮介 平田満、
日本の演劇界を牽引し続ける名優5人。

<栗山民也>演出のもと、脂の乗った同世代キャスト5人組が、
さらに円熟味を増した絶妙なアンサンブルと
丁々発止の会話でお届けするスリリングなダークコメディ。

男優たちが「舞台」というテーブルの上で、
「言葉」というカードを切りまくる。
ポーカーを手に、喋る、喋る、喋りまくる!
どうぞお見逃しなく!

愛すべきダメ男たちのクリスマスイヴ。
5枚のカードに託された男たちの運命とは・・・。


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


ネタバレありの…私的感想です

あらすじ

アイルランドの海沿いの町に、ある古びた家が立っていた。
この家には若くない兄弟が住んでいた。

クリスマス・イブの朝、
最近、目が不自由になった大酒飲みの兄のリチャードは
近所の友人アイヴァンと飲んだくれている。
弟のシャーキーは勝手ばかりを言う兄の世話をする為に
この町に帰ってきたのだが、今は禁酒中。
彼も酒癖の悪さで、今は無職で、
たくさんのものを失っていた。

クリスマスの買物から戻ったシャーキーは機嫌が悪い。
陽気で開放的な性格のリチャードは、
出会ったニッキーをカードゲームに誘ってしまったのだ。
リチャードは『クリスマスだから』というが、
自分のかつての恋人アイリーンと
現在一緒に暮らしているニッキーに
シャーキーはあまり会いたくない。

そのニッキ―が連れてきた見知らぬ男ロックハート。
千鳥足になるほど飲んでいるのに
穏やかな振る舞いのロックハートは歓迎され、
クリスマス・イブのポーカーに興じる5人の男たち。

シャーキーはロックハートに見覚えがないのだが、彼は
『昔、シャーキーに貸したものを返してもらいに来たのだ』と囁く。



メンバーがとにかく素晴らしい
名バイプレイヤーの方々がたくさん集まってるんですから、
素晴らしい舞台になるに決まっています
特に鋼太郎さんの声が艶っぽい
しゃがれて聞こえるのに、声がつぶれてない。
汚らしいおじいちゃんなのにねぇ
男やもめに蛆が涌く。とはまさにこのこと。
とにかく汚らしい。吐いた痰をあちたこちらになすりつける
…これに触れてしまった他の人々のリアクションが笑えるんだわぁ。

浅野さんも良いのよねぇ~
面白いことをしていないのに笑える。
飄々としていて、ある意味一番まともな役かも。
ある意味、幸運を運んだ天使だし~
ワタシも最近はメガネ人なので、あの気持ちよく解ります

平田さんの捻くれた性格。
そんなことだから、捨てられるんじゃい
なんだかんだ言っても面倒見良いのにねぇ。
酒癖が悪いのはいけません。
そこを治せない自分に腹が立ってるんだろうかねぇ

大西さんを舞台で拝見するのは、三軒茶屋姉妹以来なので
男性で出てきたのに違和感を感じてしまった
ひもってどんな人間性なのかなぁ
とにかく人当たりはよいよねぇ。
尖った人の中でなんとか取り繕うとしていました。
そんな気の使い方が出来るからこそ、
ヒモ稼業が務まるのでしょうか…

あくまで声を落とした静かな話口調の小日向さん
相当な千鳥足になってましたけど、
あくまで冷静な立ち居振る舞い
ラストのどこか哀しげな姿にこころが動いてしまった
…これがあちらの手かもしれんけど。

良い舞台を拝見しました。
どんな夜も明けるんですよねぇ


出演:
作:コナー・マクファーソン 訳:小田島恒志 演出:栗山民也
出演:小日向文世/吉田鋼太郎/浅野和之/大谷亮介/平田満




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2014/01/17(金) 22:54:06
  2. 舞台