Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

チケット無しでも歌舞伎座に入れる!



今月の歌舞伎座は仁左衛門さま。
染五郎さま。ラブリン。菊之助くんも出ている<菅原伝授手習鑑>

昼の部は、あまり拝見したことがない段です。
物語の発端となる禁断の恋。【加茂堤】
【筆法伝授】によって、何故このお話の題名が
<菅原伝授手習鑑>なのかが解るわけですし、
時平の陰謀で太宰府に流罪となった菅丞相の旅立ち
を描く【道明寺】も興味深い 
のですけど、予算の関係でチケットゲットは諦めました



でも、ふなっしーと歌舞伎のコラボグッズが欲しくて、
歌舞伎座に行って参りましたぁ~
ふなっしーグッズが売っている松竹歌舞伎屋本舗は
歌舞伎座地下の木挽町広場にあります
勇んで行ったのですが…欲しかったクリアファイルは、
すでに完売 発売して、スグに売り切れたようです
amazonでセット販売しているようですけど、ピンズはいらないかなぁ



木挽町広場は記念写真スポットなんですけねぇ
入口にこんなものが…



展示されている手習帖は実際に使われている
ものなんですって



クリアファイルは諦めて、連獅子の根付を購入。
取扱いに気を付けて下さい…とかいてあります
どこにつけようかなぁ

この後、歌舞伎座1階の土産物店へ。
歌舞伎座内も、上演時間内であれば入れるんです
時間は、その月に上演するものによって違うので、
歌舞伎座のHPで事前に確認しました

ちなみに今月は、
利用期間:3月3日~27日
 【昼の部】2回
  (1)11:57~12:57 (2)13:57~14:22
 【夜の部】1回
  (1)17:25~18:10

ワタシはこの日、12時過ぎにいったのですが、
残念ながら、「喫茶室 檜」には入れませんでした
お茶したいなら、事前に電話して確認した方が良いかもしれません。

  

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


写真をクリックすると大きくなり、
本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


歌舞伎散策のつづき






チケット無しで入る入口は普通の入口とは違います
歌舞伎座の横にあるお稲荷さんを左折して、
そのまま歌舞伎座沿いに少し歩くと、施錠された入口があります。
中に居る方に合図して、開けてもらいます。
首から下げるカードをお借りして、
1階 お土産処 木挽町に潜入

ふなっしーのクリアファイルは買えませんでしたけど、
歌舞伎座内限定のスヌーピーのファイルを購入



このB5ファイルはひとつ300円でした



さらに、今月の演目にちなんだ今月限定のファイルを購入。
一枝のくだりですが…なんだか楽しそうですな
こちらは350円
巾着が欲しくて買ってしまった飴は750円。
キティちゃんのファイルは地下の松竹歌舞伎屋本舗で購入
このファイルで、お仕事が愉しくなるかしらねぇ



再び、地下に降りて、お昼を食べようと思ったのですが、
久し振りに行った歌舞伎茶屋は雰囲気が変わっていました
壁が取り払われ、テラス席(?)のような部分が広くなっていました
メニューも丼ばかりになってしまったみたい。
朝から蕎麦を食べたいと思っていたので、
懐かしい、歌舞伎そばへ行くことにしました。
こちらは、歌舞伎座横の富士そばを通り過ぎ(笑)右折。
1本目の細い道を右折すると、あります。
地下から便利なエスカレーターもあったと思います。
確か、木挽町広場奥のセブンイレブン近くだったかなぁ

歌舞伎そばは、
以前は歌舞伎座のすぐ脇にあった立ち食いのようなお蕎麦やさんです



ありましたぁ~
以前から、歌舞伎観劇の方だけでなく、
サラリーマンにも人気があったお店ですが、
上演時間中というのもあり、店内はサラリーマンばかりでした



たのんだのは、もちろん…
一番人気のもりかきあげ(470円)です
これは、もりそばの上に5つに割ったかき揚げがのっているお蕎麦
メニューでは左の列の真ん中
写真をクリックして大きくしてご覧になって下さいね~
やっぱり、早いし、美味しい~
そして、カウンターの中を見て、確信したのです。
かき揚げを揚げる時は、絶対いじってはいけない
大きなお鍋では、大量のかき揚げが整然と並んだまま、
揚げられていたのでした~



この後、銀座みゆき館劇場で、
舞台を拝見することになっていましたので、
銀座まで歩いて、劇場近くのWESTでお茶しました
WESTを選んだのは、サバランがあるのではと期待してのこと。
少し前から、無性に子どもの頃、大好きだったサバランが食べたくて…
最近のケーキ屋さんでは、あんまりみかけませんよねぇ
レトロな雰囲気が素敵なこのお店には、やはりありました。ぁ



子どもの頃は、ブリオッシュというパンがあることなんて、
知らなったから分からなったけど、
ブリオッシュにシロップやラム酒を漬けたものだったんですねぇ
WESTのサバランは甘味を抑えたサッパリした味わい。
美味しかったんですけど、想い出のサバランとは違うので
また、どこかでサバランを探してしまいそうです。
横浜駅に行った時に喜久家さんに行ってみようかなぁ
サバランをいただいた後、珈琲のおかわり(無料)を
楽しみながら、iPhoneで<掏摸>を読んで、
まったりした時間を過ごせました。
やはりWESTの雰囲気が好きです
日本橋三越のお店は閉店してしまいまいたが、
無くさずに残していただきたいものです

この後に拝見した舞台の感想はまた後日。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:東京23区 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/03/10(火) 23:41:56
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ