FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 12月大歌舞伎/歌舞伎座 20年12月 夜の部 その2 】


20081219004034


帰り道に通ったアンリ シャルパンティエの銀座店をパチリ
前はよく通るのだけど、
敷居が高い感じがして入ってませんの
来年は挑戦したいものです

クリスマスイブイブの今日らしい入りですけどね
一昨日の歌舞伎の感想の続きです。
詳しい筋書きはここをクリック…<ここ


ランキング挑戦中です。ぽちっと一押しお願いします


(辛口?)私的感想です…
 

初めて観た【 名鷹誉石切 】 は
【 暫 】 みたいにスッキリする狂言でした
それにしても、名刀の試し斬りに獄屋にいる死罪の囚人を
って、さら~っと言っちゃうのって、恐いわよ…
【籠釣瓶花街酔醒 】 にも妖刀 < 籠釣瓶 > が出てきたし、
殺伐とした年末に物騒な演目チョイスだったかも

【 名鷹誉石切 】 の染五郎丈は悪役、
単純で腕っ節ばっかりという感じの赤っ面。
梅玉丈の品のある兄と並ぶと尚更そう見えちゃって…
ファンとしてはどうしても
キレイな染五郎丈が見たいわけだけど
この狂言では、なんといっても、
富十郎センセイの矍鑠としたお姿が印象的
待ちに待った長男の鷹之資クンが
同じ舞台に出ているのだから
尚更なのでしょうか…
福助丈の長男、児太郎クンも
大きくなっていてビックリ
オバチャンも年取るわけねぇ。

【 籠釣瓶花街酔醒 】 の染五郎丈は花魁の間男の色男
3本目にしてやっとキレイな
染五郎丈にお会い出来ました
花魁、八ツ橋が次郎左衛門に愛想づかしするように
仕向ける役どころなんだけどさ、
歌舞伎にありがちな、色男で小悪人に騙されちゃう男。
好きな女より口の巧い男に言い含められるなんて、
もう~しっかりして下さいな
売り物買い物の女性の間男をやってるんだから、
ヒモのプロになって~
傾城の純情を信じてあげてって思っちゃう。
今回は違うけど、間男に心ならずも
傾城が愛想づかしして…惨殺されるって多いもんねぇ
『あの女(男)、オレを(ワタシを)ふりやがって、
ぶっ殺してやる』っと
思っていても、実際は理性で抑えているわけで…
そんな気持ちを代弁しているから、
当時、こういう狂言がうけたのかしらねぇ。
今は衝動を抑えられずに
実際に事件に発展してしまっているのが恐い

幸四郎丈の真面目な商人がキレるのがリアル。
ワタシの中のパパの印象は
千石さん(王様のレストラン)なんだけど。
八ツ橋の言い様も取り付く島もない感じ。
う~ん。あれはねぇ。ムカツキます
あのシュチエーションで言っちゃあダメじゃん。
接待のプロが…なんてね。

あばたが薄くて、あんまり見えなかったんだけど、
客席で見るとあんなもんなのかしら…
勘三郎丈や吉右衛門丈の写真しか
拝見してないからかなぁ
やたらにヤボなツッコミを入れたくなるなぁ

テレビでも特集番組をやっていましたけど、
「東大寺奉納大歌舞伎」で【 勧進帳 】 の
弁慶上演1000回を達成した幸四郎パパ
16歳で初演してから半世紀を経てたどり着いた節目です。
おめでとうございま~す
でも…もうそろそろ、息子にも弁慶やらせてあげて~
初お目見得で斎クンは一足お先()に
本舞台で飛び六方やっちゃってましたから…
と、思いつつも女形までやる染五郎丈に
あの弁慶が出来るのか…という疑問もなくはない
最近は丸みが出たものの…線が細いのは否めないからなぁ
仁左衛門丈の路線が合いそうな染五郎丈。
やっぱ、高麗屋が和事路線はマズイのかしらねぇ
でもでも…
今後も見守りっていきますわぁ~


一、名鷹誉石切(なもたかしほまれのいしきり)
  鶴ヶ岡八幡社頭の場

梶原平三景時  富十郎
       娘梢  魁 春
俣野五郎景久  染五郎
大名山口政信  松 江
同 川島近重  男女蔵
同 岡崎頼国  巳之助
     奴鷹平  鷹之資
   囚人呑助  家 橘
青貝師六郎太夫  段四郎
 大庭三郎景親  梅 玉

三、籠釣瓶花街酔醒(かごつるべさとのえいざめ)
  序 幕 吉原仲之町見染の場
  二幕目 立花屋見世先の場
      大音寺前浪宅の場
  三幕目 兵庫屋二階遣手部屋の場
      同  廻し部屋の場
      同  八ツ橋部屋縁切りの場
  大 詰 立花屋二階の場

佐野次郎左衛門  幸四郎
       八ツ橋  福 助
    繁山栄之丞  染五郎
        七越  高麗蔵
    兵庫屋初菊  児太郎
 絹商人丹兵衛  錦 吾
     遣手お辰  鐵之助
     釣鐘権八  市 蔵
      下男治六  段四郎
         九重  東 蔵
立花屋女房おきつ  魁 春
  立花屋長兵衛  彦三郎
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:伝統芸能 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/12/23(火) 15:40:38
  2. 舞台
  3. 舞台 【 12月大歌舞伎/歌舞伎座 20年12月 夜の部 その2 】のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する