FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

ライブ 【 鼓童 】


20081223125330


『感動っていうか、体感して涙が出てくるんだよねぇ
という感想を聞いてから体感したいと
思っていた鼓童。
鼓童(こどう)という名称は、
心臓の鼓動、および、
童のように無心で太鼓を叩くという意味があるそうです


ランキング挑戦中です。ぽちっと一押しお願いします


私的感想です…
 

響きましたよ~
会場内全体…壁、イスなどすべてのものが
ズゥンズゥ~ンと鼓動していました。
そして、自分自身も
鼓膜、骨、肉、内臓…響いてくる。
いろんなものをツタワル振動のせいなのか、
何度も夢うつつといった状態になりました。

舞台を観ていて
その世界に入り込むというのはよくあるのですが、
音楽を聴いていて、身体から抜け出して
いろんな場所に行く感じ(幽体離脱???)
森林、海、火山のマグマ、
霞のはるか彼方から聞こえる声に誘われて
ふらふらと霞の方へ
でも、そこは霞じゃなくて、霞はまた向こうに見える。
なんかねぇ~異空間にトリップする快感がありました

使用する楽器は和太鼓以外に
笛、三味線、ドラ、
特にジャンガラという
アジアで見られる小型のシンバルが大活躍でした。
踊りや唄、きやりなど…日本色どっぷりです。
和太鼓ってあんなに種類があるんですねぇ。
太鼓の大きさやたたき方で印象も変わってくるし…
音の高低だけでなく、質感も変わる。
包むような音や沁みこむような音や叩かれるような音や…

一年の内、三分の一は海外ツアーをしている鼓童らしく、
会場内には外国人の方も多かったのですが、
あのリズムは和のものだろうなぁ。
手拍子が微妙に違ったような。
鼓動にもお国柄ってあるのかも…なんて思ってしまった

物保ちの良いワタシは20数年前に買ったブーツ
捨てられずにまだあるんだけど、
この日は和風ティストのいでたちにこのブーツを合わせました。
捨てられなかったブーツは
大学の卒業式の為に探した一品
『ハイカラさんが通る』の紅緒さんみたいに
紫の矢羽の着物に袴、ブーツで出たくって
必死に探したのです
この日の会場が母校のソバなのを思いだして、
記念に写真におさめてみました。
(キラキラタイツで見難いですけど…
ヒモがグズグズになっている以外は
大丈夫でした


20081223125328


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:LIVE、イベント - ジャンル:音楽

  1. 2008/12/25(木) 16:53:32
  2. 舞台
  3. ライブ 【 鼓童 】のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する