Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 五月花形歌舞伎 】 @明治座 27年5月

fc2blog_2015051821493827b.jpg

『矢の根』
曽我兄弟の仇討ちを題材とした“曽我物”で、
祝祭劇らしい趣向にあふれた作品。
典型的な荒事の扮装姿の曽我五郎が、
荒事独自の型や見得を見せる、大らかで華やかな舞台です。

『男の花道』
人気女方の加賀屋歌右衛門と
名医土生玄碩(はぶげんせき)の友情を描く名作。
昭和16年には映画化、昭和37年、大阪の新歌舞伎座で劇化、
歌右衛門を長谷川一夫、玄碩を二世市川猿之助が演じました。
二人の友情の強さ、
そして劇中劇に『櫓のお七』を用いるなど見どころが多い作品です。

HPより抜粋


明治座のHPを見ていたら、
観劇プランというのがあるのに気が付きました。

クリックすると、3種類のプランが出てきました。
<歌舞伎解説付きプラン>
開演前のひととき、イヤホンガイド解説者が
各演目のみどころをわかりやすく解説します。

<母の日 感謝・観劇プラン>
母の日のプレゼントにぴったりな、お食事つきのペアチケットです。

<歌舞伎モニタープラン>
観劇の後は、歌舞伎をご覧になって感じたこと、
明治座でおくつろぎいただいた感想を教えてください!

お客様のブログ、SNS(Facebook,twitter等)に
「明治座体験記」を投稿していただくことが購入の条件です。

モニタープランっていうの、気になるわぁ~
いつもやっている事をやれば良いだけですもんねぇ。
感想文を早く書かなきゃいけないけどねぇ
というわけで、早めにエントリー致します。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレありの、私的辛口(?)感想です…

<矢の根>
歌舞伎十八番を演ずる右近丈
登場する曽我五郎のいでたちは、
猿之助丈が「スズキの軽」のCMに出ていた荒事スタイル。
赤い隈取に、車鬢という髪型。
車鬢は、ドレッドヘアを顔の両側に立てたような(カニの足みたいに)感じ。

良い塩梅の恰幅と、化粧映えのする顔、
キレのある動き…気持ち良かった
有り得ない大きさの矢、
黒衣さんが、太い襷を二人がかりでかけるのも見ものでした。
江戸ッ子は、こういう定番ものをヒーロー映画(ショー)感覚で、
愉しんだんでしょうねぇ~

<男の花道>
中車丈、努力が見えました
襲名の舞台とは違って、
歌舞伎独特の節がついたセリフまわしになってきました。
ここ数年の期間で、あれだけいろいろなお仕事をされている中での
見違えるような変わりよう、素晴らしいと思います

劇中劇で、いろいろ見られてお得な舞台でしたねぇ
特に、猿之助丈の『櫓のお七』が観られてのは嬉しいです。
人形振りの素晴らしさにただただ魅入ってしまいましたわぁ

その後が、また、素晴らしいのです
昔、目の手術をしてもらい恩がある玄碩からの手紙
『櫓のお七』舞台上で受け取った歌右衛門が、
舞台を途中で止めて、定式幕を閉め、
観客に『これから玄碩のところに行かせてほしい』と
懇願する場面となります。
劇中劇の観客と、実際に見ているワタシたち観客が
二重写しになるという演出です
観客に向かって、必死に説得をする歌右衛門に対し、
いつのまにか2階席の後方(?)に陣どった役者さんたちが
最初は、歌右衛門を野次り、憤るのですが、
説明を聞いているうちに、納得し、
最後には、応援するという江戸っ子らしい展開
同じ客席にいるワタシたちまで、江戸にタイムスリップ。
歌右衛門を心から応援する気持ちに乗っかってしまっていました
猿之助丈の有無を言わさぬ、役者としてのパワーが
時間軸を捻じ曲げてくれたのでしょう

愛之助丈は我儘な侍のお役。
最後には、男の友情に感銘を受け
こころを改めるという、可愛らしいお人
田辺嘉右衛門は、この後、
歌右衛門の一番のご贔屓になったに違いない


江戸版、走れメロスは、大団円で終幕となりました


以前に舞台で拝見したのは福助丈&梅雀さん。
この時の梅雀さんは上演中に部分的に(?)脳梗塞を発症し
セリフが出なくなったらしいです
その後も、観客にはそのことを明かさずに必死に務められた舞台でした。

観劇した時は、その事実を知らずに、
セリフの間の悪さに正直、落胆しました。
でも、すべての舞台公演を終えた後に、
福助さんのBLOGで真実を拝読し、納得して、
再演を望んだ舞台でした

歌右衛門襲名を発表してスグに
病床に就いた福助丈のことが
舞台の歌右衛門と重なって、涙を抑えるのに必死でした
お元気になって、この舞台を是非演じていただきたいと
信じてお待ちしたいと思います


歌舞伎十八番の内 『矢の根(やのね)』

曽我五郎:市川 右近
大薩摩文太夫:中村 鶴亀
馬士畑右衛門:市川 猿弥
曽我十郎:市川 笑也

『男の花道(おとこのはなみち)』

加賀屋歌右衛門:市川 猿之助
土生玄碩:市川 中車
田辺嘉右衛門:片岡 愛之助
山田春庵:市川 男女蔵
加賀屋歌助:中村 壱太郎
山崎順之助:市川 猿 弥
按摩杢の市:市川 弘太郎
松屋忠兵衛:市川 寿 猿
富枝妹雪乃:市川 笑 也
加賀屋歌五郎:中村 亀 鶴
加賀屋東蔵:坂東 竹三郎
田辺妻富枝:市川 門之助
万八の女将お時:片岡 秀太郎



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2015/05/21(木) 21:22:05
  2. 舞台