Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

外来生物の花を発見( ̄O ̄;)



駐車場の後ろのスペースに秋でもないのに、
もう黄色いコスモスが咲いてるの
やっぱり異常気象よね~と思って、
写真を撮って調べみたら、
これはオオキンケイギクという外来生物なのだそうだ~
駆除しなくてはいけない植物なんですね

以下、環境省のHPより抜粋します。


オオキンケイギクは北米原産の多年草で、
5月~7月にかけて黄色のコスモスに似た花を咲かせます。
強靱でよく生育することから、かつては工事の際の法面緑化に使用されたり、
苗が販売されたりしていました。
しかし、あまりに強く、いったん定着してしまうと
在来の野草の生育場所を奪い、周囲の環境を一変させてしまうため、
平成18年に外来生物法に基づく特定外来生物に指定され、
生きたままの運搬や栽培、譲渡などが原則として禁止されました。


和名
オオキンケイギク
学名
Coreopsis lanceolata
科名
キク科
原産地
北アメリカ
特徴
キク科の多年生草本で、高さは30㎝~70㎝程度になる。
開花期は5~7月、とても強靱で繁殖力が強く、
かつて観賞用・緑化用として国内に導入され、
道路の法面緑化等に使用されていたほか、
ポット苗で園芸植物としても流通していた。

○花の特徴
花はコスモスに似た形状で直径5㎝~7㎝程の頭状花
(茎の先端に1つの花を付ける)
花びら(舌状花)の色は黄橙色で、
花の中央部(管状花)も同じ色をしている。
花びらの先端には不規則に4~5つのぎざぎざがある。
コスモスとは開花時期が異なっている。
(コスモスは秋)

○葉の特徴
細長いへら状をしており、一番幅がある部分の幅は1㎝程度。
葉の両面には荒い毛が生えており、葉の周囲はなめらか(鋸歯がない)。
花が似ている植物の多くは、葉が針のように細かったり、
複雑な切れ込みをしていたりするため、見分けが付きやすい。

○色が異なる、又は八重咲きの花
オオキンケイギクには、
花びらの付け根が赤茶色をしたものや八重咲きになっている
種類もあります。そのような種類であっても、
花びらの他の部分の色や、花の中央部分(管状花)の色、
花びらの先のぎざぎざ、葉の形などの他の特徴は変わりません。
(花の中央部分の色が黄橙色ではないものは、
オオキンケイギクではない可能性が高いです。)



とすると、すぐそばに咲いていたこの花は違いそう


☆注意点☆

○オオキンケイギクを繁茂させないようにするためには、
種子を地面に落とさない、もしくは種子が付く前に駆除を行うことが大切です。

○オオキンケイギクは基本的に、生きたままの運搬が禁止されています。
駆除を行う際には、根から抜いた個体を天日にさらして枯らす、
または、袋に入れて腐らせるなどの処置をした後に移動させて下さい。

○オオキンケイギクの栽培が禁止されている原因は、
強靱な性質のため在来生態系に被害を与えるからです。
個体に毒が含まれていて危険であるなどの報告は、現在のところありません。




ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:気になったニュース - ジャンル:ニュース

  1. 2015/06/20(土) 22:50:03
  2. 散歩