Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【スーパー歌舞伎Ⅱ ワンピース 】27年11月@新橋演舞場

fc2blog_20150914194625f7d.jpg

大秘宝ワンピースを探す大いなる航海の次なるステップ、
新世界への入り口となるシャボンディ諸島での海軍との戦いの中で、
麦わらの一味は散り散りになってしまう。
一人になったルフィは兄エースの処刑宣告の知らせを聞き、
救出に向かう。
侵入不能の海底監獄を突破するルフィだが、
エースは海軍本部に移送されてしまった後。
そしてついにその海軍本部を舞台に、
エースを救おうとする海賊団やルフィと、
海軍との間で壮絶な決戦が繰り広げられる!!

HPより抜粋

fc2blog_201510142248329cc.jpg


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


TVでも話題になっていました。
歌舞伎でワンピースで愉しみに行って参りました…
両方のファンに配慮して短い感想に致しました。


尾田栄一郎 原作

横内謙介 脚本・演出

市川猿之助 演出

市川猿翁 スーパーバイザー


ルフィ/ハンコック/シャンクス: 市川 猿之助

白ひげ:市川 右 近
ゾロ/ボン・クレー/スクアード:坂東 巳之助
サンジ/イナズマ:中村 隼 人
ナミ/サンダーソニア:市川 春 猿
はっちゃん/戦桃丸:市川 弘太郎
アバロ・ピサロ/ガープ:市川 寿 猿
ベラドンナ:坂東 竹三郎
ニョン婆:市川 笑三郎
ジンベエ/黒ひげ(ティーチ):市川 猿 弥
ニコ・ロビン/マリーゴールド:市川 笑 也
マゼラン:市川 男女蔵
つる:市川 門之助
  ○ 
ガープ:市川 段四郎

エース:福士 誠 治

ブルック/赤犬サカズキ:嘉島 典 俊

センゴク/イワンコフ/レイリー:浅野 和 之



ひとことで言えば、
ワタシ程度のファンに調度良いコラボでした
ワンピースのコアなファンや
歌舞伎は伝統芸能と思っていらっしゃる方には
いろいろと不満もあるのかもしれませんねぇ
でも、歌舞伎十八番の【暫】や【毛抜き】なんて
漫画だよなぁ~と、ワタシは拝見する度に思っていますので、
アニメ(マンガ)を歌舞伎にするのもアリだと思います。

キャラがイメージと違うのはもちろんのこと、
最後エースが名セリフを残す感動の場面は、
ワンピースを観てない方には伝わらなかったようで、
そこがねぇ。残念なんですわ

昔からの歌舞伎の技法を使った
ゴム人間のルフィの手が伸びる見せ方があったり、
プロジェクションマッピングを使って、
白ひげが近づいて来ると地面が揺れるのを表現していたりと
今昔の様々な技法を、巧く取り入れていて、
興味深く拝見しましたわぁ。
中でも、プロジェクションマッピングはスッゴク良く出来ていて、
演舞場の観客席がずずぅぅぅ~~~んと
揺れている気がしましたわぁ
音と映像だけでも、感じるものなんですねぇ。

立ち回りあり、本水の中の殺陣があり、宙乗りあり、
だんまりのような場面あり、歌舞伎らしい場面もたくさんありました。
以前のスーパー歌舞伎でも使われていた
旗を使った群舞的な場面もありましたねぇ。

前回のスーパー歌舞伎IIより、歌舞伎以外の役者さんが
たくさん参加されていました。
通常のトンボとは、別にスッゴイことになってました。
澤瀉屋さんのお弟子さんといえども、
あそこまでのアクションは無理ですなぁ

やはり、歌舞伎への入門としては、解りやすくて
良かったように思います。
実のところ、本格的に歌舞伎を拝見するきっかけは
先代のスーパー歌舞伎だったのです。ワタシも

今回はどんなお役で愉しませてくれるのかと
期待満々だったのは、浅野さん。
思っていた以上に振り切れていまして、
イワンコフには笑いましたわぁ
福士くんには是非とも、ゾロをやってほしかったのですが、
このお話であれば、エースで正解
時間の制約があるからですが、
エースとルフィのつながりをもう少し
分かるようにしてほしかったかなぁ

ワンピース大好きの巳之助丈のテンション高かった
ワタシが一番好きなゾロをやっていたのですがぁ~
まぁ許してあげましょう。
隼人丈は二役とも、とにかく格好良くて、反則でしたな
毎回、美味しいところを持って行く右近丈は今回も
白ひげという良いお役。
個人的には、猿弥丈のジンベエが仁(ニン)にあっていて
抜群に良かったなぁ

再演したら、きっとまた観ると思います。
だって、帰って来てからも、面白かった~って
何度も思い出しましたもの
原作の爽快感は失われていないので、
拝見した後にスッキリするのですよ
修行を始めるところまで、やっていましたし
最後、サウザンドサニー号で大海原に出航したのを観た時、
澤瀉屋は舟好きなのねぇ
と、先代の猿之助丈が俳優祭で演出なさったタイタニックを
またしても、思い出してしまいました

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/16(土) 22:10:22
  2. 舞台