Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 神霊 矢口渡 】 @国立劇場 27年11月

fc2blog_20151209214705ba1.jpg

中村吉右衛門・中村東蔵・中村歌六
中村芝雀・中村又五郎・中村錦之助
11月歌舞伎公演『通し狂言 神霊矢口渡』の記者会見を行いました。

『神霊矢口渡』は、南北朝時代の動乱を描いた
軍記物『太平記』を主な題材としています。
全五段の浄瑠璃作品で、武蔵国矢口の渡しで非業の最期を遂げた
新田義興(にったよしおき)をめぐる人々が登場します。
作者は福内鬼外(ふくうちきがい)で、
これは江戸時代の発明家・平賀源内の浄瑠璃作者としてのペンネームです。

今回は、「由良兵庫之助新邸(ゆらひょうごのすけしんやしき)」を
100年ぶりに復活します。
ちょうど100年前の大正4年(1915)に
初代中村吉右衛門が勤めた新田の旧臣・由良兵庫之助に、
当代の吉右衛門が挑み、『神霊矢口渡』に新しい命を吹き込みます。
       

『神霊矢口渡』を書いた福内鬼外、つまり平賀源内という人物に、
私は学生の頃からとても興味がありました
。源内は、誰も真似できないような特殊なことに着目し、
それを研究して自分なりに再構築しました。
エレキテルなんかそうですよね。
伝統芸能である歌舞伎も、教わったことだけでなく、
自らの新機軸を打ち出すことも必要です。
私たち役者は「人とは違う仕事が出来たら」と常々思っています。
だから私も、源内のような人物に憧れるのかもしれません。

今回は、100年も上演が途絶えていた場面を復活します。
意表を突くことが次から次へと起き、そういった意味で現代的で、
お客様に喜ばれるのではないかと思っています。
特に私が勤める由良兵庫之助は、
いわゆる“もどり”
(悪人であった人物が実は善人で、後にその本心を明かす)に
似た役ですが、普通の“もどり”とは違って、
もともと良い人が、忠義の為に悪人のように振舞っていたという役です。
物語も、「善人になって良かったわ」と
いうようなセンチメンタルなものではなくて、とてもドライな展開です。
芝居で表現するのは難しいですが、
物語全体をうまくつなぐことができれば、
現代のお客様に通じるお芝居になると期待しています。

中村吉右衛門 (由良兵庫之助信忠)談

HPより抜粋


演出家の蜷川幸雄さんの闘病のお姿、日頃はエネルギッシュな方だけに、
痩せ細ったお姿は衝撃的でした。
御歳80歳なんですもんねぇ。
この機会に養生いただいて、また、力強い舞台を拝見したいものです。


昨年の11月末に拝見した舞台の感想です。
先週はかなり連続で感想を書きましたけど、
今日から連続で書けるように頑張ります


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


辛口(?)…私的感想はこちらをクリックしてね

序  幕  東海道焼餅坂の場

 二 幕 目  由良兵庫之助新邸の場

 三 幕 目  生麦村道念庵室の場

 大   詰  頓兵衛住家の場


(出演)
         中 村  吉右衛門
         中 村  歌    六
         中 村  又 五 郎
         中 村  歌    昇
         中 村  種 之 助
         中 村  米    吉
         嵐     橘 三 郎  
         大 谷  桂    三
         中 村  錦 之 助
         中 村  芝    雀
         中 村  東    蔵

                    ほか

新田家没落後、義興の妻・筑波御前と兵庫之助の妻・湊、
そして、義興の子・徳寿丸とそれを守る重臣・南瀬六郎は、
東海道焼餅坂での危難を経て、兵庫之助の屋敷に辿り着きます。
すると、兵庫之助は六郎の命を奪い、
徳寿丸の首を討って、足利方に差し出してしまいます。
狂乱する筑波御前と湊に、兵庫之助が対面させたのはー。
驚くべき秘密の計略が明かされます。

一方、義岑は恋人のうてなと共に、
義興の旗持ちだった生麦村の堂守・道念に匿われ、
義興の形見の旗を渡されます。
そこに詮議の手が迫ったため、二人は矢口の渡しまで逃れ、
頓兵衛の家に船を求めます。
しかし、旗の紋から義岑が新田の落人と判明。
娘のお舟は吉岑を逃がし、
身替りとなって頓兵衛に討たれます。
船で義岑を追う頓兵衛が、
かつて義興を殺害した川中にさしかかるとー。
恐ろしくも不思議な出来事が起こります。


チラシより抜粋


失礼ながら、吉右衛門丈の舞台は楽日近くをとっています。
最近、拝見した舞台では、セリフの出だしに
『えー』とか『あー』とかが付くこと多いので、
それが、どうしても気になってしまうので…
でも、この日は、セリフのつっかえもなく、安心して見られましたし、
堂々とした由良兵庫之助信忠でした
前半2幕は、このお役の方の貫禄が無くては引っ張れない内容ですもの

吉右衛門丈の舞台では、気が付くと、歌六丈に
目がいってしまいます。声が本当に好きなんですもの
強欲な頓兵衛と、忠義の江田判官、
いろんな声色を使い分けていて、ますますお役の幅が
広がるんだろうなぁと期待させる舞台でしたわぁ

今回も忠義・前面押しの又五郎丈、
以前ならちょっと線の細さが気になった錦之助丈ですが、
この頃は、今回のような堂々としたお役も良く見えます。
いつもの可愛らしいというより、美しい感じの米吉丈。
丸顔がお可愛らしく、キュートな女形さんです
八百屋お七のような情熱的なお舟では、
美しいえび反りをみせてくれた芝雀丈、
後半の幕は、ほぼ、芝雀丈が引っ張ていましたわぁ
コミカルな場面でも品がある東蔵丈と、
それぞれの個性で見せていただいた舞台でしたわぁ

平賀源内原作の狂言ということですが、
あちらこちらに、あのお話のあの辺りと似ていると
いう場面がありましたねぇ。盛り沢山
中でも、忠義のために、我が子を身替りとして殺すというのは、
【寺子屋】や【熊谷陣屋】でもお馴染みの場面ですが、
計画が複雑な分、ちょっと衝撃が小さく、
身替りに殺された子どもへの思いが弱まってしまったような

さらに、まったく違う展開の後半2幕。
前半2幕との繋がりがハッキリしていませんよねぇ
通し狂言であるならば、大詰めの幕があっても良いような

お稲荷さまを使っての詮議逃れや、焼餅坂の場面など気軽な場面があり、
熊谷陣屋のような重い場面と、硬軟あって、
内容としては面白い狂言なので、
是非、もう一度、構成を練り直していただきたいと思います

fc2blog_20151014224838a9f.jpg

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/23(土) 22:45:42
  2. 舞台