Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 道玄坂奇譚 】2015年11月@世田谷パブリックシアター 

fc2blog_201510142248444b0.jpg

芸術監督就任以来、新たな企画を立ち上げてきた
世田谷パブリックシアター芸術監督・野村萬斎が、企画・監修する
「現代能楽集」シリーズに、マキノノゾミを迎え、
第8弾として2015年11月に新作を上演いたします。

現代能楽集シリーズは古典芸能出身の芸術監督・野村萬斎が、
古典の知恵と洗練を、現代に還元し、
現在の私たちの舞台創造に
生き生きと活かしていきたいと考え生まれた現代劇のシリーズです。

劇作・演出には、
現代演劇界でも数々の受賞歴を持つ劇作家・演出家であり、
映像分野でも活躍を見せるマキノノゾミを迎え、
三島由紀夫『近代能楽集「卒塔婆小町」「熊野」』を土台とした
新作描き下ろしとなり、本シリーズの新たな展開に挑む意欲作です。
マキノゾミによるエンターテイメント性と文学性とを
兼ね備えた作品にご期待ください。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


 ネタバレあり(?)…の短めの私的感想です



【作・演出】マキノノゾミ
【企画・監修】野村萬斎

【出演】平岡祐太 倉科カナ 眞島秀和 
     水田航生 根岸拓哉 富山えり子 
     粕谷吉洋 神農直隆 藤尾勘太郎 
     奥田達士 長江英和 田川可奈美
     一路真輝



能を素に三島由紀夫の書いた卒塔婆小町の時空の中に
熊野(ゆや)のストーリーが展開するという
画期的な舞台に仕上がっていました。
100年。
待ち続けた小町が再び出会えたのはこころ和みました
時空の中に社会風刺と思える皮肉が
さりげなく入っていましたねぇ。
100年。
日本はどんな風に変わっていくのでしょう。

卒塔婆小町は、
拝見する作品毎に、印象が変わります。
能の世界の奥深さでありましょうか。

多くは語らず。。。
お能を感ず。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/01/15(金) 21:51:12
  2. 舞台