FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

ドロウジー・シャペロン


20090114174759


年末年始は働き詰めでしたけど、
やっと派遣の仕事が落ち着いたので、
今日からはご褒美観劇週間に入ります

藤原紀香のキスシーン
努力で股割り…が話題になったミュージカル
相手役のなだぎ武はこの舞台の為に、
M-1不参加になったらしいねぇ。
かなりお笑いのメンバーが多いし、
紀香+吉本の舞台っぽい。
最近、演出家・宮本亜門氏との
相性が悪いワタクシ。
ちょっと…かなり()不安な足取りにて
日生劇場へ。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の(辛口)私的感想です。
 

舞台はマンハッタンのアパート。
ここに住むミュージカルヲタクの中年男が、
お気に入りのブロードウェイミュージカルの
LPレコードをかけ、ミュージカルの世界に浸る。
その作品とは【ドロウジー・シャペロン】
(”よっぱらいの花嫁介添人”)。

『ブロードウェイの大スター、ジャネットは
富豪の御曹司ロバートと
避暑地で恋に落ち、人気の絶頂で
突然、結婚・引退を宣言する。

結婚式当日、会場には
個性の強すぎる面々が勢ぞろい。
いつも酔っぱらっている花嫁の介添人の
ドロウジー・シャペロン。
式の進行を手配する花婿介添人ジョージ。
結婚式の主催者である
有閑未亡人のトッテンデール夫人、
その執事のアンダーリング。
ジャネットのショウのプロデューサーで
結婚式を阻もうと策を練るフェルドジーグ。
その愛人でジャネットの後釜を狙うキティ。
プロデューサーを脅迫するために送り込まれた
パティシェに化けた殺し屋コンビ。
ブロデューサーの命令を受けて
ジャネットを誘惑しようとするジゴロ。
ふたりは無事にゴールインできるのか・・・?』


小堺氏演じる、ミュージカルヲタクの中年男が
ストーリーテーラーとなって、
このミュージカルの解説やら、彼なりの感想を
伝えながら、進んでいくストーリー。

中年男が好きなのは
1920年代の禁酒法時代の
古きよきミュージカル。
今、流行っているミュージカルは
革命や政治が絡んだ話が多く、
確かに感動はあるけど、
暗く強いテーマのミュージカルばっかりだと
中年男に語らせてるんだけど…
そういうミュージカルに人一倍
思い入れがあるのは
亜門氏も一緒なのかなぁ
どの辺までが亜門氏、独特の演出なのか
分からんのだけどね。

男が住む古ぼけたアパートの一室が
みるみるうちにブロードウェイの
華やかな舞台に変わっていって、
壁から、ベッドから、冷蔵庫から、
あふれ出す麗しいダンサーたち。

CDじゃなくて、レコードだから、
途中、針がとんで、フレーズを
何度も繰り返したり
2枚目のレコードを間違えて
かけてしまったり…と、
細かい演出もレコード世代には愉しい。
部屋を暗くして、目を瞑って聞いていた時代が
懐かしいです。
臨場感はレコードの方があるもんね

といった事で、ストーリーは面白い
舞台はキラメク別世界だという
のは伝わってきましたよ。
なんか、ディズニーランドのショーみたいな
別世界感がありましたもん。

でもねぇ~個人的には、
紀香の衣装が可愛くないのが残念
特に早着替えの時の衣装。
重ね着してるので
仕方が無いとこもあるけど、
肥って見えてたし、
せっかくの美しい曲線が台無しだもん
ウエディングドレス姿は綺麗だったけど。

観終わった最初の感想、
辛口で言わせてもらうと…
如何せん、華がないのかなぁ
ストーリーが底抜けに明るいのが
かえって寂しく感じちゃった
つうか上っ面っぽくなっちゃってた。
学芸会レベルのとこがチラホラ
歌が歌えてもカラオケじゃあないからねぇ。
う~ん。

でも、思ったより歌が歌えている方もいたし、
『なだぎさん、タップ頑張っているや~ん
とか、歌や踊りが出来るのねぇこの方。という
好い発見もたくさんありました

こういう舞台、
脇から支えるベテラン勢は大変でしょ~なぁ。
ナマモノの舞台はアクシデントも多いからねぇ。
小堺氏とナナさんの苦労が見えるようです
でも、ナナさんは
声が辛そうなところがありました。
お大事になさっていただきたい。ものです
でも、迫力、艶っぽさ、存在感は
流石でございます

今回の舞台で眼を(耳を)惹いたのは
女飛行士を演じていた浦島りんこさん。
声が特徴的、ソウルフルでパワーがあって
最後にやられました~  

別世界に浸って、
いろいろ考えちゃう毎日を
一時忘れて、癒されたい…
そんな気持ち…ワタシも同感ですわ



【演出】宮本亜門
【出演】藤原紀香/木の実ナナ
     川平慈英/なだき武/梅垣義明
     浦島りんこ/瀬戸カトリーヌ
     (Wキャスト)
     石飛幸治&林勇輔/テツandトモ
     小松政夫/尾藤イサオ/中村メイコ
            小堺一 機 他


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:観劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/01/14(水) 22:59:02
  2. 舞台
  3. ドロウジー・シャペロンのコメント:2

Home

コメント

キス(ΘoΘ;)

少し前に、なだき武が紀香と舞台で1ヶ月キスシーンがあるとか言ってたのがコレだったんですね。


このキャスティングは何故 ?
と思ったけど、舞台の事判らないから、きっと選ばれし人達なんだなぁと思ってました。

  1. 2009/01/15(木) 13:03:34 |
  2. URL |
  3. セレブチ #-
  4. [ 編集]

セレブチさま

選ばれし…なんだろうねぇ。( ̄◇ ̄;)

この役は君に!と亜門氏が大抜擢したらしい。
う~ん。分からん。
2チャンネルなんかでは、いろいろ書かれているけど…ホントのところはどうなんでしょ~¢(=_=;)?
  1. 2009/01/15(木) 22:08:55 |
  2. URL |
  3. Jellyfish #-
  4. [ 編集]

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する