Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【 浅草歌舞伎 】@浅草公会堂 平成28年1月



『新春浅草歌舞伎』──

第一部の幕開きは、
『三人吉三巴白浪』。
「大川端庚申塚の場」は吉三という同じ名を持つ
三人の盗賊が出会う、物語の発端となる場面。
七五調の台詞で知られる黙阿弥の名作。
新年の幕開きに相応しい一幕です。

続く『土佐絵』は、
傾城を巡る不破伴左衛門と名古屋山三の
恋争いの様子を描いた作品。
ご当地浅草、吉原仲之町を舞台に、
満開の桜が彩る華やかな舞踊です。
そして、「しがねぇ恋の情けが仇……」の
名台詞で知られる『与話情浮名横櫛』。
粋な江戸風情を存分に堪能できる、
代表的な世話物をご堪能ください。

第二部は、
歌舞伎十八番より『毛抜』で幕を開けます。
御家騒動を背景に粂寺弾正が、
謎解きしながら次々に悪事を暴いていく豪快な荒事の一幕。
色彩美に富んだ人気演目です。

『義経千本桜』の「川連法眼館の場」は、
佐藤忠信に化けた狐の子が初音の鼓の皮となった親を恋い慕い、
兄に見捨てられた義経が狐の情愛に心を動かされる名作です。
早替りや躍動的な動きで狐を表現する、
ケレン味たっぷりの一幕をお楽しみ下さい。

開幕に先立ち、
出演者より『お年玉〈年始ご挨拶〉』もございます。
皆様のご来場を心よりお待ち申し上げております!



さてさて…
今日から書くのは、かなり前に拝見した舞台です。
忘れているところも多々あると思いますが…(;д;)
今回も当日のメモを見ながら、書きたいと思います( ̄^ ̄)ゞ
勘違いは、ご容赦いただければ幸いです。 < ( _ _ ) >

写真は、こんぴら歌舞伎のゆるキャラらしいデス。
ご挨拶(?)に来ていましたよ。

拝見したのは第二部でございます。




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります



私的(辛口)感想はこちらをクリック…






<毛抜>

團十郎丈のような発声の巳之助丈に驚きました(*゚Q゚*)
あっけらかんとしたヒーローも仁にあっているように見えました。
(少し前に拝見したワンピースの影響かもしれませんけど…)
まだまだ若いなぁと思う部分は、多々ありましたけれど、
これこそ、浅草歌舞伎の愉しみとも思い、ワクワクしました(*’U`*)
お父様とは違った役にもどんどん挑戦してほしいものです。

新悟丈、かなり大きく見えました(*`へ´*)
前髪の米吉丈より大きいのは仕方がないにしても、
あかっつらより、大きく見えてしまうのはいかがなものかねぇ。
あの長身で女形をやっているので、ご苦労は人一倍だと思いますけど、
声がとても良いので、頑張ってほしいものです((^∀^*))
正直、立役が見たい気もするんですけど、
ご本人の希望のようなので、今後に期待しております(´∀`*)

隼人丈はどちらも、キレイにはまっていました。
最近、拝見している舞台では
正統派のイケメン役ばかりですねぇ(ノ´▽`*)b☆
艶っぽさが見えてきたので、
定九郎や油地獄…なども拝見してみたいなぁ。

米吉丈の、赤姫姿が好きなので、拝見出来ず、ちょっと残念 ( ´・ _ ・ ` )
あんな可愛い前髪なら、こころがふらっとした
弾正の気持ちもわかるような…(´∀`*;)ゞ

国生丈、顔はお母様の三田寛子さんに似ているけれど、
春風の声は、どこか伯父様の福助丈にも似ているような。
秋には、橋之助を襲名ですね。益々、今後が楽しみデス(=゚ω゚)ノ
初舞台から拝見していますから、応援していますよ。

若い座組に錦之助丈。
いろいろご苦労があったことでしょうねぇ(^▽^;)


<義経千本桜/川連法眼館の場>

松也丈の源九郎狐。
う~ん。゚(゚´Д`゚)゚ 。全体的にバタバタしていましたなぁ。
本物の忠信で出てきた時は、立派で見栄えが良いのだけど、
狐忠信になったとたんに、動きが悪い。
正直、先日拝見した菊五郎丈の方が素早く見えたように思いますよ(`∀´)
それがね。技というものなのでしょうけど。
台詞のテンポも、間も…悪い。
回転もあんなに形が悪いなら、何回転も回られてもねえ。
でもエビ反りはキレイでした。
今まで何度も拝見している演目ですが、
立派な体格の役者さんが演じて、良いわぁ!(゚∀゚)
と思った源九郎狐はないのです…。
ワタシの選り好みなのかもしれません。
今後、どのように変わっていくのか、期待しています(^ω^ ≡ ^ω^)

この幕の新悟丈は気になりませんでしたわ。

浅草歌舞伎の若々しい舞台は、
観客の方々の頭のどこかに残っていくると思います。
今後変わっていくであろう若手役者さんのことを考えると
本当にワクワクしますねぇ(ノ)’∀`(ヾ)


お年玉〈年始ご挨拶〉

一、歌舞伎十八番の内 毛抜(けぬき)

粂寺弾正 /坂東 巳之助

腰元巻絹 /坂東 新 悟

秦民部 /中村 隼 人

錦の前 /中村 鶴 松

八剣玄蕃/中村 橋 吾

小原万兵衛 / 尾上 松太郎

小野春風/中村 国 生

秦秀太郎 /中村 米 吉

小野春道/中村 錦之助



二、義経千本桜(よしつねせんぼんざくら)

川連法眼館の場

佐藤忠信(忠信実は源九郎狐)/尾上 松 也

源義経/中村 隼 人

駿河次郎/中村 国 生

飛鳥/尾上 徳 松

川連法眼/中村 小三郎

亀井六郎/坂東 巳之助

静御前/坂東 新 悟



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/05(火) 22:50:39
  2. 舞台