Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 元禄恋歌 ー千年の恋の森ー】@シアターコクーン 2016年1月

fc2blog_20160713153734ae9.jpg

先日、亡くなられた蜷川さん演出の舞台です。
体調を崩された頃に演出された舞台かもしれません(*´ω`*)
蜷川さんらしい表現が散りばめられていました。
拝見しているワタシたちには分からないセリフ回しなども
演出家が変わると変化するのかもしれませんねぇ(。´・(ェ)・)
一月のメモを素に感想を書かせていただきます。


情感溢れる台詞。目を奪われる美しい場面の数々。
【音楽】猪俣公章、
【歌】美空ひばりによる、日本人の魂を震わせる劇中歌。
寒椿が降りしきる中、巡り会えた男と女、
母と子は千年の森へとかえっていく-。

『元禄港歌‐千年の恋の森‐』は、
作:秋元松代×演出:蜷川幸雄の初タッグとなった舞台
『近松心中物語』の大成功から1年後の1980年に誕生し、
多くの観客に愛され、上演を重ねてきた傑作舞台です。
この度、芸術監督・蜷川幸雄とともに、
常に伝説の踏破に挑むBunkamuraシアターコクーンの
2016年幕開き公演として上演が決定致しました。

 活気溢れる元禄の時代。
大店筑前屋を舞台に描かれる、結ばれない男女、
哀しい秘密を背負った親子。
まさに、秋元戯曲の神髄ともいえる、陰影ある人物造形に加え、
幾重にも重なった宿命が交錯し、物語は疾走していく―。
町から町へと流れ三味線弾きを生業とする瞽女の一行。
迫害される念仏信者たち。
社会の底辺を必死で生き抜く人間たちの命の煌めきが、
この物語に低通する神話性を感じさせます。

市川猿之助、宮沢りえ、高橋一生、鈴木杏、段田安則…!!
当代随一の豪華キャストが集結!!
現歌舞伎界のトップランナーであり、
尚且つ異端であり続けている四代目・市川猿之助!
研ぎ澄まされた知性と芸への意欲は尽きることがありません。
今秋にはなんと、大人気漫画『ワンピース』の初の舞台化に挑戦!
日本中を驚かせるなど、その存在感は益々強度を増しています。
蜷川幸雄とは、蜷川が歌舞伎座に演出家として起用された
『NINAGAWA十二夜』(05年)で出会い、
お互いに強い信頼関係を築きました。
その後、彩の国シェイクスピア・シリーズ『じゃじゃ馬馴らし』(10年)
『ヴェニスの商人』(13年)でタッグを組み、
新たなシェクイスピア演劇を体現し観客を沸かせ続けています-!
その猿之助が、今回挑むのは…。
流しで三味線を弾きながら各地を転々とする瞽女(盲目の女芸人)の
“母親”として、女たちを守り、導きながら必死に暮らしている【糸栄】には、
胸の奥底にしまい込んだ秘密があった-。
母であることの強さと切なさ、女性としての烈しさ…。
初演の嵐徳三郎氏(80年)、そして藤間紫氏(98年)へと、
名優たちに引き継がれたこの糸栄役に、
市川猿之助がどのような情感を与えるのか…熱い注目が集まります!!

 瞽女であり、糸栄の長女【初音】には、
蜷川舞台の新しいミューズ、宮沢りえが決定!
映画『紙の月』で、第38回日本アカデミー賞・最優秀主演女優賞を受賞。
そして、舞台『海辺のカフカ』ではロンドン、NYの観客の大絶賛を浴び、
名実共に日本を代表する女優となった宮沢。
どこかイノセントな魅力を放ち、
幼少の頃から慕っていた信助と恋に落ちる初音。
NODA・MAPの舞台で魅せる軽やかさ、しなやかさと、
唐十郎作品などで魅せる血の滾るような情熱…。
舞台で両極の華を咲かせる宮沢が演じるヒロインに
期待が高まります!

 信助の弟で、大店筑前屋の放蕩息子【万次郎】には、
いま、大注目を集める高橋一生!!
端正でノーブルな役や、オフビートな役…。
素顔がわからないほど役柄によって印象が異なる実力派俳優です。
久々の蜷川組への参加となる今回は、直情型で甘えた次男坊。
またイメージの異なる役所で観客の心を鷲掴みにすることでしょう…!

 逆境にも関わらず天真爛漫に育った初音の妹【歌春】には、
人気実力派女優の鈴木杏!!
煌めくような伸びやかな個性で多様な役柄に挑み続け、
その魅力は舞台で、映像分野で増すばかりです!
現在の鈴木だからこその表現で、
万次郎との身分違いの恋に悩む、切ない娘心が体現されます。

 賑やかな港町の大店の筑前屋の主人【平兵衛】には、
スーパー歌舞伎Ⅱ『空ヲ刻ム者』(14年)での好演も記憶に新しい、
市川猿弥が決定!!
また、店を取り仕切るその妻【お浜】に、
前回上演(98年再演)からの続投となる、文学座の重鎮、新橋耐子!!
舞台に奥行を与えるベテラン勢の、
隙のないキャスティングが実現しました。

 そして、哀しい運命に翻弄される男【信助】には…
日本演劇界を牽引する名優、段田安則が決定しました!! 
コメディからシリアス、翻訳劇から時代劇…。
多種多様な役所に、確かな技術と観客の心を揺さぶる
ハートフルなキャラクター造形で命を吹き込み続けている段田は、
唯一無二の存在といえます。
自身の出自への拭いようのない疑い。
家族への複雑な想い。初音との心揺さぶられる再会。
そして、糸栄への溢れる心情…。
この名作舞台のテーマを担う信助に、
段田が確かな命と新たな命題を与えます…、注目必須です!!

伝説的な初演から36年…
“出会えなかった観客たち”に今、蜷川幸雄が贈る渾身の舞台…。
ご期待ください!!

HPより抜粋

ありゃ?かなりネタバレのHPですねぇ(;゜0゜)
98年の上演でされた舞台では、ごぜは、故・嵐徳三郎さんが演じ、
糸栄は故・藤間紫さんが演じていたそうです。
藤間紫さんは、猿之助丈の伯父の猿翁丈が愛しんでいた奥様。
そこに流れている想いを感じずにはいられません。


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
辛口私的の感想をつらつらっと書いてみました。
こちらをクリック…。


物語は、活気あふれる元禄時代、
播州の大店・筑前屋を舞台に、結ばれない男女や、
哀しい秘密を背負った親子の姿が描かれる。
筑前屋の次男・万次郎(高橋)の起こした揉みあいを、
5年ぶりに江戸の出店から戻った長男・信助(段田)が居合わせ、
それをいさめる。母親である筑前屋の女将・お浜(新橋耐子)は
信助を出迎えるが、その態度はどこかよそよそしい。
そこに現れたのが、手引きの歌春(鈴木)を先頭に、
座元の糸栄(猿之助)、そして初音(宮沢)ら、
年に一度この港町を訪れる瞽女の一行だ。
公開舞台稽古で披露されたのは、
その晩、筑前屋にて瞽女たちが三味線で「葛の葉子別れ」を弾き語る場面。
千年の昔から森の奥に棲む女が白狐となって恋人に逢いに来るが、
人里の男に恋をした罰として、生まれたばかりの我が子を残して
森に帰らなければならないという悲しい歌だ。
涙ながらに弾き語る糸栄の姿に胸に迫るものを感じ、
自身の出生に疑いを持っていた信助は初音に、
糸栄は子を産んだことがあるのではないかと問いただす…。


≪ スタッフ ≫

作:秋元松代 演出:蜷川幸雄
音楽:猪俣公章 劇中歌:美空ひばり 衣裳:辻村寿三郎
美術:朝倉摂 照明:吉井澄雄 効果:本間明
音響:井上正弘 振付:花柳寿楽 衣裳コーディネーター:川崎員奥 
演出補:井上尊晶 舞台監督:芳谷研 美術補:松野潤 
美術助手:中越司 照明助手:鈴木尚美  
かつら:細野かつら、光峯床山、志賀ヘアデザイン事務所 
メイク:千葉友子 方言指導:大原穣子 
三味線指導:松永忠一郎 能楽指導:辻井八郎 
邦楽指導:田中傳左衛門 歌唱指導:島田久子 
宣伝広報:ディップス・プラネット

≪ 出 演 ≫

市川猿之助、宮沢りえ、高橋一生、鈴木杏、

市川猿弥、新橋耐子、段田安則

青山達三、大石継太、市川弘太郎、市川段之、市川猿三郎
市川澤五郎、市川裕喜、市川段一郎、市川澤路、市川笑羽、
市川郁治郎、市瀬秀和、清家栄一、妹尾正文、手塚秀彰
岡田正、飯田邦博、塚本幸男、新川將人、堀文明、澤魁士、
石井淳、石母田史朗、後田真欧、由利昌也
水谷悟、西村聡、石原由宇、萩原亮介、立和名真大、
山本道子、加藤弓美子、羽子田洋子、難波真奈美、小澤美和
美奈瀬杏、菅野園子、三輪裕美子、土屋美穂子、棟形寿恵、
今井あずさ、今橋由紀、舩山智香子、沖田愛、山田麻里名
阿部優哉、前田えると、大内天、庄野琉惺
鹿島由愛、林日葵、安生悠璃菜、萩原羽奈、大石未来、
小熊莉々葉、河合陽子、福岡沙彩


シアターコクーンというよりも、
明治座っぽい舞台でしたかねぇ(*゚Q゚*)
美空ひばりさんの劇中歌にのせた、
歌舞伎の世話物。…といった印象でした。
そっか、コクーン歌舞伎をやっているのですから、
この劇場でも、おかしくないのか…(^▽^;)

それにしても、役者泣かせの舞台だなぁと思いましたわぁ。
映像であれば、差し替えも可能な、
三味線、謡い、お能なども、すべて演者がやらねばならず、
演者のご苦労はいかばかりかと、頭がさがる思い(ou(工)u)ノ

このお話で、思ったことは、
廻船問屋の大店<筑前屋>の女将の懐の深さ(ノ∇≦*)
大店の女将たるもの、これくらいの器量がなくては
務まらないのでしょうね。
なさぬ仲の子を実の子として育て、
実の子の次男を可愛がりながらも、
継子の長男も疎んじてはいない。
こういう母に育てられたから、
次男は、ぼんぼん特有の甘さはあるものの
根性が曲がった男に育っていない。
大抵は、嫌な継母と腹違いの弟という
お話が多いのですけどねぇb(’0’)d

この母と次男を含め、それぞれが良い人で、
悪くはないのに、起こってしまう悲しい事柄の連鎖…(´・_・`)
あっでも、悲しくはないのかもしれません…。
よくわからなくなってきました(*´~`*)
幸せは自分で選ぶものですからねぇ。

ワタシの中でザ・ニナガワ演出のひとつは、
上から何かが落ちてくる!(笑)
この舞台では、降りしきるツバキの花でしたΣ( ̄。 ̄ノ)ノ
ツバキによって、異なった落ち方をしていました。
はらはらと散るサクラは美しいけれど、
花がぼとりと落ちるツバキもまた、潔くて美しい。
ひとの生き方も逝き方もまたそれぞれです。。。

人形も、演者も素晴らしく、
そして、美空ひばりさんの声音は
こころの琴線に触れましたなぁ (っω・` 。)

fc2blog_201607131537382ec.jpg


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/12(火) 22:07:03
  2. 舞台