Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 僕たちは天使じゃない 】@世田谷パブリックシアター 2016年3月

fc2blog_20160717223843bd4.jpg

三人組の囚人が何の因果か人助け!?
抱腹絶倒、人情味あふれる傑作コメディ!!

南米の明るい海辺の町━━━━は実は犯罪者の流刑地。
とある夫婦の営む雑貨屋にも、
収監中の三人の囚人が雇われてきます。
店主たちの不安をよそに、その三人、
ひょんなことから店の窮状を知るや一致団結。
その絶妙のチームワークに店主夫婦も大喜び。
が、やがて最大のピンチが…。
凸凹夫婦に因業オーナー、純情娘とその恋人、
そこへ天使のごとく活躍する囚人三人組が入り乱れて、
事態は思わぬ方向に――。
ブロードウェイで大ヒットし、ミュージカルや映画でも
知られる傑作を、無名塾が総力を挙げてお届けします。

フライヤーより抜粋

【作】アルベール・ユッソン
【脚色】サム&ベッラ・スピーワック
【翻訳・演出】丹野郁弓
【出演】仲代達矢 西山知佐 菅原あき 松崎謙二 赤羽秀之
     平井真軌 神林茂典 松浦唯 吉田道広 大塚航二朗 ほか無名塾



fc2blog_20160717224020b98.jpg


無名塾の舞台は久しぶり。
以前拝見した時、多分役柄のせいだと思うのだけど、
〈ザ・仲代達矢〉という感じがして、一本味わったら、
もうお腹いっぱいになってしまった…と記憶しています(´∀`*;)ゞ
まぁ舞台感想なんてものは、受け手の
その当時の気分や環境でずいぶんと変わるものだから、
無名塾がお好きな方にはご容赦くださいませ。


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります



私的感想はこちらへ…





今回の舞台はとにかく、軽いテンポ、
軽妙な調子のセリフで、展開していく…
多分、間違っていることであろうが、これで良いのだ~!と
明るく言葉巧みに言われてしまうと丸め込まれてしまいました(*’U`*)

確かに天使じゃあないが、悪魔でもなかろう。
一難去って、シェルブールに戻るであろうあの家族は、
果たして本当に幸せになれるんだろうかしらん?
と蛇足ながら思ってしまいましたが…(笑)
あの旦那さんは、
また同じような事をやらかすんじゃあなかろうか。
その時に、3人の天使は現れない…。
とネガティブな想像をしてしまうワタシ…。。

仲代達矢さん、ご高齢とは思えぬ軽やかさ。
映画などで日頃拝見している重々しい役柄よりも、
仲代さんの素晴らしさが出ていたような(*ノ∪`*)
セリフの間が、絶妙で、登場人物も観客も巻き込まれていました。
おひとりだけ、ちょっと、浮いている気がしたけれど…
あれはあれで、セリフの間なのかなぁ?

それとカーテンコールでの、
おじさまのサンバの衣装には何か意図があったのかしらん???

仲代達矢さんがお元気で少しでも長く舞台の上に
存在していてくださいませ(* ´ ▽ ` *)
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/20(水) 21:58:50
  2. 舞台