Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ETERNAL CHIKAMATSU 】@シアターコクーン 2016年3月

fc2blog_20160717232042fd6.jpg


魅力的な登場人物は、何世紀もの時代を越えて
私たちの前に現れ、いきいきと躍動する。
-  デヴィッド・ルヴォー(演出家) -

遊女・小春、治兵衛、その妻・おさんの三角関係を
見事に描いた近松門左衛門の代表作「心中天網島」をベースに
”究極の愛”を描いた『ETERNAL CHIKAMATSU』


『日陰者に照る月』でウエストエンド演劇賞を受賞、
その後、様々な作品でトニー賞を受賞・ノミネートし続け、
世界の演劇界に衝撃を与え続けている
演出家・デヴィッド・ルヴォーのオリジナルアイデアに基づき、
作家・谷 賢一が書き下ろす最新戯曲です。

主演は、今回が初共演となる、
日本を代表する女優の一人深津絵里と
これからの歌舞伎界を担う中村七之助が務め、
共演には伊藤歩、音尾琢真(TEAM NACS)、
中嶋しゅうなど、錚々たる俳優陣が顔をそろえました。

2016年待望の新作戯曲『ETERNAL CHIKAMATSU』に、
ぜひご期待ください。


≪ストーリー≫

ほんのちょっと、15分だけの恋のはずだった。
止むに止まれぬ事情から、売春婦になったハル。
割り切って始めた商売だが、
足繁く通うジロウ(妻子持ち・現在失業中)と命懸けの恋に落ちる。
周囲の反対を押し切ってこの恋を全うすることが出来ないと諦め、
ハルはジロウに愛想尽かしをしたふりをして
心ならずもジロウと別れる。
自暴自棄になって街をさまよっていたハルは、
かつて遊女の涙で溢れたという
蜆川(曽根崎川)のあった場所で、ハルと同じ境遇にある、
妻も子供もいる紙屋治兵衛と命懸けの恋をしている遊女小春と出会い、
近松門左衛門の江戸の世界、古い古い恋の物語に引きこまれていく。



谷賢一

演出
デヴィッド・ルヴォー

出演
深津絵里
中村七之助

伊藤歩

中島歩
入野自由
矢崎広
澤村國久
山岡弘征
朝山知彦 
宮菜穂子
森川由樹

中嶋しゅう

音尾琢真



HPより抜粋



お父様の勘三郎さんが果たせなかった約束を
七之助くんが果たす。
それも、シアターコクーンで(^-^)/
見ないわけにはいきません!!




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタバレあり…の私的感想はこちらです


相当、面白かったなぁ。
爽やかな気持ちになれたし♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
近松の心中ものベースで、
希望の物語になるとは思わなかったわぁ((^∀^*))

一幕目。
現代の女性が近松の心中もの(心中天網島)を見たら、
そう思うよね~って感じ (; ゚ Д ゚)
なんでリンクしちゃったのかは分からないけど、
歌舞伎の舞台に現代の女性(ソープ嬢)が紛れ込んで、
ドライな風に言ってはいるけれど、
気持ちの深いところに隠している純情さは、
実はあんまり変わってないでしょう?的な話。
になるんだろう…と、ここまで観て思いました(*´~`*)

一幕目で心中しちゃってるんだし、
二幕目どうなるんだ?と思っていたら…。
心中が有名になり歌舞伎にまでなったから、
小春は今でも歌舞伎の中で、死に続けているという( ノД`)
亡くなって300年近く経った現在でも、
切ない想いは、作品の中で生き続けている…と
ハルは小春を見ていっていました。
歌舞伎を見ているワタシなぞは、
なんだか申し訳ないような気持ちになってしまった。

それにハルは、夫を自殺で亡くしているから、
妻のおさんの気持ちも理解出来る。
舞台を見ながら、登場人物に乗っかる感じ。
今回の場合は憑依に近い。
一幕目では、小春に憑依していたのが、
二幕目ではおさんに憑依。
近松の中でも、この心中ものだった意味も理解出来る。

二幕目の途中で気付いた小春のセリフがあった
『これからは、遊女が心中しなくてもすみますように』
といった内容のセリフ(正確に覚えてませんm(_ _)m
このセリフが、この話のキーだっだのね。
だから、小春は、ハルの前に現れたんだね。
ハルの心の中には、亡くなった夫が常に居て、
ずっと心に引っかかっていた。
『何故、ひとりで悩んで逝ったの?私を残して。』
ハルは、心中したかったんだねぇ。
この夫が七之助の二役で、
ストーリーとしても、二役の意味としても完璧。
外国人なのに歌舞伎のことを非常にご存知の方だわね~。
素晴らしい舞台でした。
再演があったら、是非、また拝見したい(」*´∇`)」

回転する橋の上に小春が登場して、
ハルに蛇の目傘を差しかけて『ご一緒に…』といった件。
『さっきもらったお金とられるよ!』
と思わず心で叫んだのは、ワタシだけではないハズ。
だってコクーンで見た【三人吉三】の
お嬢吉三の手口ですから…(^ω^ ≡ ^ω^)




関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/23(土) 22:20:08
  2. 舞台