FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

春を待つ花


20090123121911


今月は予定が合わなくて、
お稽古をお休みしてしまいました…。

まだ、キチンと毎週のようにお稽古していた頃、
年初めのお稽古は軽い花材なのが定番でした。
そんな時に多い花材は水仙
3~4月頃に咲く、ラッパ水仙は大きく立派ですけど、
正月頃に咲く水仙は
こぶりで可憐な姿なんですよねぇ
香りも良いので、春が近い気分にさせられて
ウキウキする習慣が身についてしまったのかしらん。

春は黄色(ミモザ、菜の花、山吹、タンポポなど)の
ちょこちょこっと、ちまちまっとした花々
→ピンク(梅、沈丁花、桃、桜、スイトピーなど)に
変わると毎年思っているのも、
黄色の小さな花を見る
春を感じちゃう要因かもね

そんなワタシが水仙同様にこの時期に
好んで活ける花がフリージア(写真のお花)
このお花も甘い香りと鈴なり()に咲く
可憐なお花が良いのよネェ~。
トイレや玄関に活けると芳香剤なんて
いりませんもの

そして、最近、やりたいなぁと
思っているのは水耕栽培。
(ワタシは長いこと、水根栽培だと思っていた
子供の頃、ヒヤシンスやクロッカスの球根の
水耕栽培やりませんでしたかぁ
透明の容器に伸びる根っこといい、
春先に咲く花といい、元気になりそう
たいていが春に咲く花だから、
秋か冬頃からやるんだろうなぁ。
今年の冬こそ、忘れずにチャレンジしたいな


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



花について思うこと…

年末のクリスマスシーズン~
お正月のお花の時期は
お花がとっても売れる時期だから、
お花が高いのよねぇ~
枯れる分ものっけているんでしょうから、
売れ残りが少ない分、
安くなりそうなのにねぇ
なんでだろ…

昔から、母の日になると
カーネーションが高くなるのが
おかしいし、哀しいなぁと、
思っていましたよ。

年始のお稽古初めで、
『お正月用に
重いお花を活けてますから、
七草粥みたいに
軽いお花を活けましょう』というのが
先生の定番のお話でしたけど、
予算的にもそういうお稽古が
必要だったのかしらん

関連記事
スポンサーサイト



テーマ:◆◆日々の暮らしを楽しむ◆◆ - ジャンル:結婚・家庭生活

  1. 2009/01/25(日) 20:19:14
  2. 花を活ける
  3. 春を待つ花のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する