Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 母と惑星について、および自転する女たちの記憶 】@PARCO劇場 2016年7月



パルコ劇場“クライマックス・ステージ” シーズン2
現パルコ劇場での最後の新作舞台!
蓬莱竜太と栗山民也が“生きる”意味を問う問題作。
志田未来、鈴木杏、田畑智子、斉藤由貴が舞台初共演!

突然の母の死からひと月。徹底的に放任され、
父親を知らずに育った三姉妹は遺
骨を持ったままあてのない旅に出る。
「私には重石が三つ必要なの。」
毎日のように聞かされた母の口癖が頭をめぐる。
次第に蘇るそれぞれが持つ母の記憶。
あの母親は自分たちにとって何であったのか。
自分たちはこれからどこに向かえばいいのか…

奔放に生き、突然この世を去った母。
三姉妹は母親の遺伝子を受け継いでいることに
無意識の恐れを抱いている。
母から娘へ、受け継ぐものと拒むもの。
古い自分と決別し、新たなスタートを切ろうとする三姉妹を通して、人
生を選択し生きていくことの難しさや尊さをお届けします。

出演者は、パルコ・プロデュース公演にゆかりのある実力派女優4人。
三女役には「オレアナ」(15)で初舞台を踏んだ志田未来が、
次女役には「SISTERS」(08)の鈴木杏が、
長女役には「夜叉ヶ池」(04)の田畑智子が、
母親役には「紫式部ダイアリー」(14)の斉藤由貴が決定し、
舞台で初共演を果たします。

新劇場オープンへ向けて動き出すパルコ劇場の、
未来へ向けて作る新作舞台にどうぞご期待下さい!

【作】 蓬莱竜太

【演出】栗山民也

【出演】志田未来、鈴木 杏、田畑智子 ・ 斉藤由貴

HPより抜粋




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。


ネタばれあり(?)…の私的感想はこちらです

ホントに、四人とも旨かった(*´∀`人 ♪
パルコ劇場、改装前の最後の新作舞台ということで、
劇場とゆかりの深い女優さん四人。
以前なら三姉妹の末娘であったであろう鈴木杏ちゃん。今回は次女。
志田未来ちゃんという逸材が出てきましたからねぇ(*’U`*)
四人の話す長崎弁(?)が柔らかく響くのも心地よかった。

やはりポイントとなるのは、斉藤由貴さん演ずる3姉妹の母親。
娘を怒鳴りつける声は大迫力で鬼のような形相なんですけど、
衣裳の大半がキャミドレスで、同性から見てもエロイんです(〃ノωノ)
自由奔放で母というより女として生きていたように見えるひとでした。
夫に逃げられてからは、バーをひとりで切り盛りして
3姉妹を育て、自分の母の面倒もみている。
というと、賢母のようですが、
その実は、次々と男を取り替えては、家に帰らず、
酒もタバコもギャンブルも好き。
気に食わないことがあれば、娘たちを怒鳴りつける。
どう考えても、最低で、鬼のような母には違いないんだけど、
どこか憎めないのが不思議なんだよねぇ(;゜0゜)
単なるネグレクト!という風には思えない。
乱暴な言動の中に、チラッと母性が見える時があって、
『このひともツライのかなぁ』と思ってしまった。

長崎で被爆した彼女の母親は敬虔なクリスチャンだった。
教会に爆弾を落としたのがクリスチャンの国であったことで、
信ずるものを失ってしまったようだ(;´・ω・)
この母親のやりきれない思いが、奔放に見える彼女にも呪縛のように
まとわりついていたように思われました。
(この母親は舞台には登場せず、4人の会話の中で語られるのみ)

斉藤由貴さん演ずる母親が憎々しいと成立しないお話だから、
がかなりのプレッシャーだったのでは?
そのお役をサラっとこなしていて素晴らしいと思いますわ。
斉藤由貴さんの特徴的な声と長崎弁も重要なポイントかも(*

3姉妹は、母親の死後、遺骨をもって、インスタンブールを訪れる。
生前、母親が『行ってみたい』と言っていた国。
その地で、娘たちは母親の幻影を見かけ、
各々が、幼い頃からの母親との記憶を思い出す。

3姉妹は幼少期から、母親らしい愛情を注がれた記憶がない。
印象的な場面は、ある日の食卓。
母親は突如、箸を放り出し、
高校生の長女が作った料理を「不味い」と容赦なく捨て、
小学生の三女にお寿司を「買って来い」とお金を渡す。
怒る長女。泣きだす三女。とりなそうとする次女。
三者三様で各々の性格がよく出ています。

一見しっかりものの長女。
実際は結構なおっちょこちょい。
イスタンブールでも詐欺に合い、大荷物を持ち歩くことに。。
更に、母親ゆずりのかなりの浮気性で、
長年付き合っている彼氏とも結婚には踏み切れない(;д;)
『真面目だから、好きなひとが出来ると、カレとはキチンと!
 何度も別れてるのよ!』と力説する。
母親の一番嫌なところが似ていると感じていて、
生真面目な浮気性の長女に田畑智子ちゃんがあっていました。
のほほんとして見えるのに、実は大胆!!みたいな。
ホントのところは、黙っていればすむ程度の恋心みたいですけど。

一番イマドキの女の子っぽい次女。
唯一の既婚者です。
母親に一番自分に似ていると言われたのに反発して
専業主婦に拘るあまり、夫婦関係が妙なことになっていきます。
チャラそうに振る舞っているものの一番情が深い。
鈴木杏ちゃんの可愛らしさが際立っていました♪

泣き虫で言いたい事をハッキリ口に出来ないけれど
芯の強さが際立っている三女。
志田未来ちゃん。ピッタリですよね。
『愛された記憶どころか、私に接してくれなかった。』
三女の語る想い出は、どれもかなり哀しい過去ばかりですけど、
自分に染まらぬように、遠ざけていたように思えました(。pω-。)


<母と惑星について、および自転する女たちの記憶>
という長~い題名から、
小難しい話かと思ったら、そんなことはありませんでした。 
拝見した直後は、この題名の意味が理解できたように思ったのですけど、
いま、言葉で表現するのは難しいかなぁ(〃▽〃)
明らかに母親の年齢なのですが、どうしても娘目線で見てしまう。
母親と娘は、一見、相容れないように見える関係でも
結局のところ、深いところでつながっているものなのでしょう。

途中、知らぬ間に泣いて居ました。
泣いて、笑って、さぁ~始まりだ!って思えるような舞台(´∀`*)
間違えながらも、しっかり歩いていかなければなぁ
と素直にストンとおちました。


 
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/07/30(土) 23:34:57
  2. 舞台
  3. 舞台 【 母と惑星について、および自転する女たちの記憶 】@PARCO劇場 2016年7月のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する