Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 ミュージカル狸御殿 】@新橋演舞場 28年8月

fc2blog_20160825193122ebb.jpg

和製ミュージカル映画の原点『狸御殿』、
その宮本亜門演出版が帰って来る!!
豪華絢爛にして純朴なおとぎ話の世界を、
多彩な顔ぶれと心ときめく音楽で賑やかにお贈りします!

昭和14年の映画「狸御殿」は、
和洋折衷のレビューを交えたミュージカル仕立てと、
狸の世界を借りた自由奔放でユーモラスな物語で大人気を博し、
その後数多くのシリーズ作品が作られました。
日本のミュージカル映画の幕開けを飾る作品です。

平成8年3月、
日本のミュージカル演出の第一人者・宮本亜門が、
主演に市川染五郎を迎え、
この和製ミュージカルの原点とも言うべき題材に挑んで
オリジナル音楽劇として上演し、大好評を博しました。
その初演から20年を経た今年、構想も新たにキャストを一新し、
オリジナル・ミュージカルとして上演いたします!

【あらすじ】
ここは豊かな森に囲まれた狸の国。
森のはずれに住む娘狸きぬたは父を亡くし、
継母やその連れ子の姉狸に
下女のような扱いを受けながらもけなげに暮らしていました。

そのころ狸御殿では、
若君・狸吉郎の花嫁選びもかねて満月祭りの真最中。
国中の娘狸が集まって、家老の望月満太夫の指図のもと
賑やかな宴が繰り広げられています。

狸吉郎の母君きららの方に、
隣国の十六夜姫を許嫁にと勧められる狸吉郎ですが、
気が進みません。
祭りを抜け出した狸吉郎は森の白木蓮の木の下できぬたと出会います。
二人、いや二匹は一目で強く惹かれ合いますが…。

名前も知らずに別れた
狸吉郎ときぬたの恋のゆくえはいかに?
そして、身分違いの恋にきららの方と十六夜姫はどう出るのか?
森に棲む謎の盗賊泥右衛門や河童のぶく助、
そして狸御殿の腰元そぼろは、
二人、いや二匹の恋を助けられるのか?


どうでも良い事ですが…
最近、同じモノばかり着ている気がします(;д;)
部屋干しや豪雨で慌ててとりこんだモノを
優先して着ているので(〃ノωノ)
そんな今日も恐ろしい湿気の日でございました。

本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。




ネタバレしてるかも…の私的感想はこちらから。

<スタッフ>

演出:宮本亜門

原作:木村恵吾

脚本:齋藤雅文 宮本亜門

音楽:服部隆之

<キャスト>

尾上松也

瀧本美織

柳家花緑
翠 千賀
青木さやか

赤井英和

城 南海
土屋佑壱
大地洋輔(ダイノジ)
あめくみちこ

小倉久寛

渡辺えり


尾上 徳松 澤村 國矢 トロイ
久保貫太郎 羽鳥 翔太 長内 正樹 形桐 レイメイ 桜田 航成
中山 大輔 橋本 好弘 畠山 翔太 廣瀬 真平 矢内 康洋
青山 恵梨子 荒井 香織 江見 ひかる 大胡 愛恵 大澤 えりな
岡本 真友 小澤 可依 金城 尚美 坂梨 磨弥 咲良
鈴江 真菜 多岐川装子 ダンドイ 舞莉花 豊田 珠未 西岡 優妃
山本 麻未 吉野 有美


申し訳ないけど…主役は完璧に食われていましたね。d(○`□´○)b
なんといっても、白木蓮の城南海さんと、十六夜姫の翠千賀さんの
歌バトル。圧巻でした☆*:.。. o(≧▽≦)o .。.:*☆

お二方とも気になったので、ちょこっと調べてみました(ノ´▽`*)b☆
城 南海さんは、奄美民謡「シマ唄」をルーツにもっている方なんですねぇ。
演歌歌手の方がJポップを歌っているような独特の節回しや
その余韻がこころを揺さぶるようです。
一時期、盛んに聞いていた川村結花さんの作詞作曲のシングルで
デビューしていたんですねぇ。
夜空のムコウの作曲者の川村結花さんは、解散。どう思っているのかなぁ。
なんて…。横道逸れました。

翠 千賀さんの方は
プロフィールをあまり公開されていないようですけど、
やはり、オペラ歌手なんですね。
圧倒的な声量で、十六夜姫という名前に反発するような
強気な、魔女(魔狐?)でした。
アメブロを少し拝読しましたら、なかなかお茶目な方のようです(*´~`*)

このお二人あっての舞台でした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

そして、とばしていたのは、渡辺えりさん(((o(*゚▽゚*)o)))
ショーガールみたいな(?)衣装で、歌い踊っていました。
この演目、狐が出て来るからか、
源九郎狐のような歌舞伎風の演出がちょこちょこ見られます。
あの体重で、片足エレベーターはキツイような(失礼m( _ _ )m)
かつて、大竹しのぶさん、勘三郎(当時は勘九郎)さんと
一緒に、TVで歌っていた映像が蘇えりました。

今月の勘三郎丈はお忙しいわねぇ。
のりちゃんの初お目見えにも付き添い、
演舞場の渡辺えりさんにツッコミを入れ。
近い劇場ですし、何より身軽になったから楽なもんか。。。

演舞場の舞台に、バレエリーナを踊らせてみたいヽ(´∀`)ノ
っていう、宮本亜門さんの遊びを感じてしまいましたわ。

fc2blog_20160825193125b86.jpg

1,500円の狸御殿のおまつり弁当に
あまり魅力をかんじなかったので、
今日のお弁当は崎陽軒の横濱中華弁当
1,000円を買って行きました♪
ビストロカベスがやっていたら、食べてみたかったのだけど、
今月は、普通にお蕎麦屋さんでした(ノ_<)
どういう演目だと、ビストロなのかなぁ?

fc2blog_20160825193117cbd.jpg

本日のお土産は、会社のお茶菓子用にゴーフレット。
歌舞伎座でお気に入りのお菓子
<これでよしなに>が演舞場でも買えるようになったので、
買おうかとも思ったのですけど、5枚入りと20枚入りなんです。
今、行っている事務所で一緒にお茶を飲む方は6~7人。
数が合わないので、止めました(;д;)

もう1点は、ワタシ用に…あぶらとりがみ。
何が良いかというと、ミラー付きなところ(っ*^ ∇^*c)
紙製なので、軽い!
これは中身を入れ替えながら、
しばらく使いたいと思います(*’U`*)

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/08/24(水) 21:07:53
  2. 舞台
  3. 舞台 【 ミュージカル狸御殿 】@新橋演舞場 28年8月のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する