Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【 浅草歌舞伎 】@浅草公会堂 平成29年1月



第1部の幕開きは、『傾城反魂香』。
不遇の絵師・浮世又平と、その女房おとくの起こす奇跡とは…。
夫婦の情愛を描いた、味わい深い義太夫狂言の名作です。
『義経千本桜』の「吉野山」は、
義経の後を追う静御前と忠臣佐藤忠信との道行を描いた場面。
満開の吉野の桜を背景に、新年の幕開けにふさわしく、
華やかで美しい歌舞伎の舞踊をご堪能ください。

HPより抜粋


浅草歌舞伎…今年は幾分メンバーが少なくて、
寂しい気も致しましたが、応援の気持ちで、
今年も行って参りました(^∇^)ノ
この日は、電車がかなり遅れて、
何度も乗り換えて、やっと辿り着いた浅草公会堂。。。

本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…


お年玉〈年始ご挨拶〉

一、傾城反魂香(けいせいはんごんこう)
土佐将監閑居の場

浮世又平後に土佐又平光起   坂東 巳之助
又平女房おとく            中村 壱太郎
狩野雅楽之助 中村 隼人
土佐修理之助 中村 梅丸
将監北の方 中村 歌女之丞
土佐将監光信 大谷 桂三

二、吉野山(よしのやま)

佐藤忠信実は源九郎狐 尾上 松也
早見藤太 坂東 巳之助
静御前 中村 壱太郎


お仕事がかなりタイトでしたので、
あまり眠れていませんでした(;д;)
電車内で寝て行くつもりが、電車遅延で眠れず、
寝不足のまま向かった浅草歌舞伎の第1部は、
眠くなる…静かな演目並びで、正直シンドかったぁ~~(つД`)ノ

ご挨拶は、梅丸丈。
かなりのキンチョーーが伝わって来ました。
生真面目なご挨拶は好印象でございましたわよ(っ*^ ∇^*c)
なかなかの美少年、演技も期待出来そうな感じ。
梅玉丈の部屋子さんだとか…
中村屋の鶴松丈のようになるのでしょうかねぇ。ガンバレ!

見るたびに、吃りというだけで、
なんでここまで追い詰められるのか
…と思ってしまう、『傾城反魂香』。
師匠も大小まで含め一揃い用意しているくらいだから
乗り越えられると信じているんでしょうけど、
そこまでの態度が、あまりにも冷たい(T_T)

巳之助丈、イラつきが感じられない。
思わず、女房にまで手を上げてしまうほどの
どうしようもない自分自身への憤り…。
確か、数年前に吉右衛門丈で拝見した演目。
まだまだ時間はありますもん。今後に期待しましょう(^∇^)

壱太郎丈、いつ見ても美しく安定しているのですけど、
今回のこのお役は、わちゃわちゃと落ち着きがなさ過ぎるかな?
一生懸命やり過ぎた!と気付いた時のフォローもわちゃわちゃ。
メインメンバーに女形さんが少ないからか、第1部はフル稼働の壱太郎丈。
体調に気を付けて、やり終えて欲しいものデス。
この方も、今後が楽しみです(´∀`*)
隼人丈の出演が少なめで残念。

義経千本桜の道行は、松也丈&壱太郎丈のご両人。
気持ちよくなって、何度か寝てしまいました(´∀`*;)ゞ
巳之助丈って、声が良いなぁ~と思いましたとさ。

1部では、ここからしか出演がない松也丈。
きっと、1部のご挨拶には出ないのだろうと思っていましたけど、
スケジュール表を見たら、ちゃんと出演されていました~。
エライ!+.(*'v`*)+

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/28(土) 19:13:08
  2. 舞台