Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

お稽古の前にランチ&お稽古花(投げ入れ)



今年も、新年初めのお稽古の前に、新年会です。
木曽路のお昼御膳・妻籠 (つまご)をいただきました(´∀`*)
陽射しが当たるお席だったので、
ちょっと見難い写真なのですが…(^▽^;)

お造り、焼き物(鱈の西京漬&卵焼き)、煮物、松前漬け<写真・上>
ネギマ鍋(ネギと鮪のひとり鍋)<写真・左下>
小さなスペースには節分の小物が飾られていました<写真・右下>
日本料理店ですから、季節感あるのって大切ですよねぇ(〃▽〃)



茶碗蒸し、天ぷら、御飯、赤だしの味噌汁、香の物<写真・上>
ご飯は白米と六穀米が選べました。
デザートプレート<写真・左下>は、
少しずつですが、4種類なのが嬉しいデス。
全員が最後に残していた抹茶のババロア(?)は、
甘味をおさえた味でサッパリとお食事を終えられました♪

この中庭に雪が少し積もっていると、趣がありそうですね。
ゆったりした空間で時間を過ごせるこのコース、
2,000円はお得かもしれません。


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります

今日のお稽古のお花はこちら…

  fc2blog_20170126215008a9d.jpg

花材:レンギョウ・ダリア・アルストロメリア

レンギョウは折りだめが出来るそうです(*´v`)
枝モノの花材の中には、両手でゆっくりと曲げて、
形を作ることが出来ますが、
この枝は、湾曲させるのではなく、皮一枚残した感じ(?)で、
ゆっくり降り曲げて、形を作って楽しむことが出来るのです(ノ∇≦*)
浮かせて生ける投げ入れでは、根元を動かさずに、
イメージを変えられるのは、助かります ( ; ^ _ ^A
黒蝶という名前が付いたベルベットのようなイメージのダリアなので、
少しアレンジメントっぽく仕上げています。
アルストロメリアを生けるのは、ちょっと苦手…。
四方八方に広がるので、座りが悪いんですよねぇ(//>ω<)



お茶菓子は鉢の家のまゆ最中
京都蕪村庵のおせんべいでした。

ランチがたっぷりなので、
軽めのお菓子をご用意して下さったようです (*´∀`人 ♪
お昼をあんなに食べたのに、
しっかりお菓子が食べられてしまうワタシって。。。
そういえば、先日のビュッフェの翌朝も
ぐぅ~~ってお腹がなって起きたんですよねぇΣ(゚д゚|||)

蕪村庵のお菓子は小袋に
与謝蕪村の句が書かれているんですねぇ。

【きのふ花 翌(あさ)をもみちや けふの月】

美しいモノを愉しめるようなこころもちだけはいつも持っていたいなぁ~。
震えるような寒さの夜は月もキレイに見えそうだなぁ~と思って、
夜空を見上げてみましたけど、雲が多いし…もしや新月かなぁ(;´д`)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:☆季節を愛でる☆ - ジャンル:モブログ

  1. 2017/01/26(木) 22:26:52
  2. 花を活ける