Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【足跡姫~時代錯誤冬幽霊~NODA MAP 】@東京芸術劇場 2017年3月




CAST

宮沢りえ 妻夫木聡 古田新太 佐藤隆太 
鈴木杏 池谷のぶえ 中村扇雀 野田秀樹

秋草瑠衣子 秋山遊楽 石川朝日 石川詩織 
大石貴也 上村聡 川原田樹 末冨真由
鷹野梨恵子 手代木花野 土肥麻衣子 
西田夏奈子 野口卓磨 野村麻衣 花島令 
福島梓 本間健太 前原雅樹 松崎浩太郎 
的場祐太 モーガン茉愛羅 吉田知生 吉田朋弘

<STAFF>
美術 堀尾幸男 照明 服部基 
衣裳 ひびのこづえ 作調 田中傳左衛門
サウンドデザイン 原摩利彦 
振付 井手茂太 映像 奥秀太郎 
美粧 柘植伊佐夫 舞台監督 瀬﨑将孝


『「足跡姫」~時代錯誤冬幽霊~』(ときあやまってふゆのゆうれい)の
HPに載っていた野田秀樹さんの言葉。
舞台は、江戸時代。
4年前に他界した友人の中村勘三郎さんへのオマージュと題しています。
葬儀の時に、三津五郎さんがおっしゃっていた
「肉体を使う芸術、残ることのない形態の芸術はツライねぇ」というコトバ。
その三津五郎さんも鬼籍の人となりました。
《肉体の芸術にささげた彼ら》の思いを描いた舞台です。

宮沢りえ扮する、2~3代目 出雲阿国と劇団、
そこに転がり込んだ謎の人びとのお話でした…かね。
あらすじというより思いが溢れて来て、幕切れは号泣。
マスクしていて良かった。
劇場内にはすすり泣きの声が…勘三郎さんへの思いを感じたのは
ワタシだけではなかったようです。

この劇場に来ているであろう勘三郎さんは
毎回、『しゃらくせいやい!』と言いながら、涙を流し、
三津五郎さんは、その横で笑っていることでしょう。

関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/03/10(金) 22:45:17
  2. 舞台