Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 エレクトラ 】@世田谷パブリックシアター 2017年4月

fc2blog_2017050616371798f.jpg

私が最も憎んだ人
私が最も愛した人


高畑充希、白石加代子と念願の初舞台共演
美しく壮大なギリシア悲劇を鵜山仁演出で贈る、
りゅーとぴあプロデュース最新作。

エレクトラ・高畑充希が母役の白石加代子と真正面から対峙する。
高畑の兄弟姉妹には中嶋朋子を筆頭に、
若手注目株の村上虹郎、仁村紗和が加わる。
白石の夫に舞踏界の重鎮・麿 赤兒、
情夫に横田栄司という盤石のキャストが実現した。

「エレクトラ」あらすじ

アガメムノン(麿 赤兒)はトロイアとの戦争を自分の長女、
イピゲネイア(中嶋朋子)を生贄として差し出すことで終結させる。
しかし帰還したアガメムノンは妻のクリュタイメストラ(白石加代子)と
その情夫アイギストス(横田栄司)によって暗殺されてしまう。
アガメムノンの次女エレクトラ(高畑充希)は、
末妹クリュソテミス(仁村紗和)に諭されるも母への憎悪は日々増していき、
他国へ亡命させた弟オレステス(村上虹郎)と共に
父の復讐を果すことを唯一の希望としていた。
ついに再会した姉弟は父の仇、実母と義父を討ち取るべく立ち上がる。

原 作:アイスキュロス、ソポクレス、エウリピデス 「ギリシア悲劇」より
上演台本:笹部博司
演 出:鵜山仁
 
CAST
高畑 充希
村上 虹郎
中嶋 朋子
横田 栄司
仁村 紗和
麿 赤兒
白石 加代子



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります



なんだかメモを放置していました…。エントリーします。
私的辛口感想です…


 
この舞台のエレクトラはちょっと煩かったかなぁ。
叫んでばっかりなんだもの。気が強いのは判るんだけどね。
泣くのも怒るのも、笑うのも、喜怒哀楽の激しいひとだけど、
緩急がないから、観ていて疲れた(ノ_<)
クリュタイメストラは流石。
狡さも、愚かさも、可愛らしさも自由自在だ。

ギリシャ悲劇とかって紀元前の神と人間たちの物語なので、
必ず登場人物は神に祈るんですよね。

んで、アポロンが啓示をあたえて、
それに従ったり、背いて、どうのこうってなる(*゚Q゚*)
蜷川演出の場合、大抵、舞台は高い塀や衝立に囲まれていて、
神は上から、もしくは観客席の上空にいらっしゃる。
神はあくまで上にいらっしゃるわけです(*゚ェ゚*)
しかし、この舞台では神は階段を降りて来た!!!
また、触れてそして、諭す。
不思議な感じがしました。
ひとに寄り添っているからこそ、
神の言葉にひとは従うという理解なのかなぁ。

蜷川演出の舞台と見比べてみたかったなぁ~
と強く思ってしまった。
今後もそういう風に思う舞台が出て来そうな予感。

思わず、NINAGAWAマクベスの凱旋公演のチケット
とってしまいましたわ(〃▽〃)



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/06/02(木) 22:20:46
  2. 舞台