Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 紳士のための愛と殺人の手引き 】@日生劇場 2017年4月



◆ Introduction
2014年トニー賞の作品賞・脚本賞ほか4冠を達成した
新作ミュージカルが、装いも新たに日本に初上陸!! 
エドワード朝時代のイギリスを舞台に、伯爵継承順位8番目の男が、
継承順位上位の邪魔者たちを次々と手にかけていく。
その“殺されるサマ”があまりにバカバカしく、
笑いの渦に引きずり込まれること間違いなし!

殺される8人を全て演じ分けるのは・・・
日本演劇界のレジェンド・市村正親!
ウィットに富んだ軽快な音楽と歌が全編を彩る、
抱腹絶倒のミュージカル・コメディにぜひご期待ください!

◆ Story
優しい母に突然死なれてどん底のモンティ(ウエンツ瑛士/柿澤勇人)。
そこに亡き母の古い友人であるミス・シングル(春風ひとみ)が、
ビッグサプライズニュースを持ってくる。
なんとモンティの母は、
実は大富豪の貴族「ダイスクイス・ファミリー」の血を引いており、
モンティにも爵位継承権があるというのだ。
とはいっても8番目の継承権。
つまり現伯爵を含め、ダイスクイスのメンバー8人が
死ななくては伯爵になれない。

―モンティは決意した。
「もしも8人(市村正親)全員が死んだなら、自分が伯爵に!
 莫大な財産と城をこの手にできる!?」
モンティは、一人、また一人、奇妙キテレツな方法で殺人を重ね、
ついに最後の一人をあの世へ送る。
晴れて、モンティは念願の伯爵に!
ところが、あろうことか最後の最後に殺人容疑で捕まってしまい、
投獄されるはめに―。

フィービー(宮澤エマ)とシベラ(シルビア・グラブ)が
愛しのモンティを救おうと、彼の無実を証明するのだが…。

HPより抜粋


スグに感想を書くと決心したのに、一ヶ月経ってしまいました(T_T)
いっちゃんの元気なお姿を拝見するためにとったチケットです。
サクッと感想を書かせていただきます(*´~`*)

本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です


スタッフ
脚本・歌詞=ロバート・L・フリードマン
音楽・歌詞=スティーブン・ルトバク
原作=ロイ・ホーニマン
翻訳=徐 賀世子
訳詞=高橋亜子
日本版演出=寺﨑秀臣

出演
ダイスクイス・ファミリー=市村正親
モンティ=ウエンツ瑛士/柿澤勇人(Wキャスト)
シベラ=シルビア・グラブ
フィービー=宮澤エマ
ミス・シングル=春風ひとみ 他



単純に笑えましたわぁ(*σ´Д`*)
そんな簡単な殺し方ある~~???ってくらいのご都合主義だけど、
とにかくね。いっちゃんがお元気で、楽しそうで…。
良かった。良かった~~~ヽ(≧∀≦)ノ
最後に生き残ったダイスクイスファミリーの一員もいっちゃん。
今度は立場が逆転して、殺す方になっちゃうのかしらねぇ。
という終わり方も好きでした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪

シルビア・グラブ相変わらずお美しい~♪
歌もお上手だし、ピンクのドレスが素敵でした。
宮澤エマちゃんがお上手なのにビックリ。
孫タレ(お祖父ちゃんの七光り)&ハーフキャラで売っている方かと
思っていたので、大変失礼しました < ( _ _) >

安心して見たかったので、柿澤勇人さんを選んでしまった。
ごめんよ。ウエンツ(//>ω<)


関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/05/15(月) 21:14:00
  2. 舞台