Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

シネマ歌舞伎 【 連獅子/らくだ 】】@二子玉川109シネマズ



『連獅子』作品紹介
監督:山田洋次

河竹黙阿弥作詞による歌舞伎舞踊の人気演目のひとつ。
2007年10月に新橋演舞場にて、親獅子を中村勘三郎、
子獅子を実の息子である勘九郎、七之助が踊った舞台を、
『人情噺文七元結』に続き、
日本映画界の名匠・山田洋次監督がシネマ歌舞伎にしました。
今作では山田監督の意向により、シネマ歌舞伎史上初となる、
舞台上に設置したカメラで舞台稽古を撮影し、
客席からでは決して観ることのできない迫力ある映像が誕生しました。

親獅子が子獅子を千尋の谷に突き落とし、
駆け上がって来た子獅子だけを育てるという故実を、
実際の親子が演じることでことさらに感動がかき立てられます。
クライマックスの白の毛の親獅子、赤い毛の子獅子による、
息の合った豪快、かつ、華麗な毛振りは必見。

『らくだ』作品紹介
作:岡鬼太郎
改訂・演出:榎本滋民

傑作古典落語が題材の『らくだ』。
2008年8月、勘三郎の久六と三津五郎の半次のコンビで、
歌舞伎座を笑いの渦にした舞台が、早くもシネマ歌舞伎に登場!

フグに当たって頓死した通称"らくだ"の馬太郎。
仲間の半次は、弔いの金を用立てようと、
紙屑買いの久六に声を掛けるが、
らくだの家には売るものは何も無い ――。
困った半次は久六を家主のもとに使いに出し、
通夜の酒肴を出さないと、死人を担いでカンカンノウを躍らせるぞと脅す。
ところが家主は、らくだが死んだとあれば祝いたいと言い、
その上死人のカンカンノウは見たことがないので
初物を見たいものだと言いだす始末。
これを聞いた半次はらくだの馬太郎の遺体を引き起こし、
嫌がる久六に負ぶわせて、ふたりで家主のもとへ向かう......。


作品概要

上演月:「連獅子」2007年(平成19年)10月/「らくだ」2008年(平成20年)8月
上演劇場:「連獅子」新橋演舞場/「らくだ」歌舞伎座
シネマ歌舞伎公開日:2008年12月27日
上映時間:「連獅子」55分/「らくだ」52分

『連獅子』 配役
狂言師後に親獅子の精:中村 勘三郎
狂言師後に仔獅子の精:中村 勘九郎
狂言師後に仔獅子の精:中村 七之助
僧蓮念:片岡 亀蔵
僧遍念:坂東 彌十郎

『らくだ』 配役
紙屑買久六:中村 勘三郎
家主女房おいく:坂東 彌十郎
駱駝の馬太郎:片岡 亀蔵
半次妹おやす:尾上 松也
家主左兵衛:片岡 市蔵
手斧目半次:坂東 三津五郎

HPより抜粋


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的感想です…


らくだ

とにかく笑いましたぁ~~W(`0`)W
勘三郎さんの久六は、悪ふざけが半端ない。
なんとも可愛らしく、愛嬌があって、懐かしくて涙出てしまいました(*≧∪≦)
三津五郎さんの半次は、面倒見が良くて、ヤクザもんだけど人が良くて、
酔うほどに豹変する久六と、立場が変わっていくあたり…あぁ生で見たい(´pωq`)
カンカンノウから逃げ惑った家主女房・彌十郎さんが、
上がり口から転がり落ちて、三和土に座っていた勘三郎さんの頭に
のっかかったりと、撮影カメラが入っていたからか、大張り切り?
で、これには勘三郎さんも目を白黒させて、笑っていましたわ(*゚Q゚*)
小山三さんも元気に出演されていて、
今では拝見出来ない懐かしい舞台でした+.(*'v`*)+




連獅子

生でも拝見した舞台です(*’U`*)
劇場カメラで通常見るクローズアップとは別に要所要所で、
かなり寄りの映像があったり、下からなめるようなアングルで
迫力も素晴らしかった((∩^Д^∩))
その場面だけ、別撮りしていた甲斐ありです!!!
映像だからこその迫力ある舞台でした。
流石、山田洋次監督です。
テレビの劇場中継もこれくらい迫力があると楽しめるのになぁ~なんて。
いやいや、だからこそのシネマ歌舞伎(*´∀`人 ♪

今回も毎月通ってしまいそうです+゚。*(*´∀`*)*。゚+
来月は拝見出来なかった納涼歌舞伎の 【 やじきた 】 楽しみです。

fc2blog_20170519223812be6.jpg
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:日本映画 - ジャンル:映画

  1. 2017/05/18(木) 21:08:06
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ