Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

IHIステージアラウンド東京に行って参りました



ほぼ毎日 耳にする豊洲という地名。
その豊洲に出来た未来的な(?)劇場~IHIステージアラウンド東京~。
観客席が360度回転するらしいです。
その劇場に、行って参りましたヽ(´ー`)

まずは豊洲へf^_^;
そこから、ゆりかもめに乗り換え。ほかの交通機関は無いようです。
最寄駅は《市場駅前》…なんかね。今見ると気になっちゃう駅名ですけど(つД`)ノ
周りには、な~~んにもございません。
駅から見える大きなプレハブのような建物が目指す劇場、
IHIステージアラウンド東京です。



豊洲からは二駅。タクシーだとワンメーターでした。
帰りにお友だちのタクシーに便乗させてもらって確認…(^◇^;)
だって、メチャ混みのゆりかもめに乗るのが嫌だったんですもの。
こんなに土地が余っていても、駐車場は無く、時間潰し出来る処もございません。



入口を入った左側にはカフェがあり、スタンディングのみですが、
お茶以外にサンドウィッチなどの軽食やビールなど
いただけるようです(o^^o)
開演前の時間、混み合っていましたね。

トイレは二階で入口と出口が別々にある、最近の劇場に多い形式。
個室はたくさんありましたが、今回の舞台は休憩20分なので、
幕間で行くのは大変なように思われました(^◇^;)



この日拝見したのは、髑髏城の七人~花~でしたが、
もうすぐキャストを一変して、ミュージカル風な演出で
~鳥~という名前で上演するようですね。

その2作のポスターに使ったお面が展示されていました(*´◒`*)
~鳥~のキャストを拝見すると、過去に髑髏城に出演したメンバーが
主要キャストを演ずるようですねf^_^;
ワタシが知っているだけでも3回はありますから、
今後もいろんな方が客演で出演される事でしょうね。
でも、チラッと見た~空~のキャストは、
新感線では馴染みのない顔ぶれのようにも思われましたが…。
~鳥~の更にあとには、松ケンが一人二役を演ずる~空~、
そして、更に~月~もあるみたい。

こけら落とし公演を同じ演目で、花鳥風月として、
全く違うキャスト、違う演出で見せる!というのは、
なかなか新しい試みですね~~(๑・̑◡・̑๑)
~風~までは、キャストが発表されているようですが、
その後の、~月~はどんなキャストなんでしょうね(´ー`)
染五郎丈もこの新しい劇場で演じてみたいんじゃないかしらん(*´-`)
でも、歌舞伎や舞踊の公演だけでもかなり忙しそうですからね~。



これが観客席の案内図です。
360度回転すると言っても、ジェットコースターではありませんから、
上下ではないですよ。横方向にグルッと動きます(*´-`)



通常の舞台にある《廻り舞台》に客席が乗っかっている感じですね。
大道具を変える事無く、場面の展開が出来るので、かなりスピーディです。
更に、客席が移動している間も、幕前の舞台部分で
物語が続けられているので、ホントに途切れる事がありません(๑˃̵ᴗ˂̵)
スーパー歌舞伎などでは、大舞台の場面展開の間、
花道を使って、物語を続けていましたが、幕前とはいえ、
舞台上ですので、客席のどの位置からも見やすいのではないかと思われます(*⁰▿⁰*)

概ね、満足の劇場ではありましたが、なんと無く安普請ではありました。
例えるなら…サーカスのよう。そう!シルクドソレイユみたいな。
見た目は綺麗だけれど、安普請。
トイレや階段、客席など、軽くするための工夫でしょうかね?
でも、スピーディでパワフルな舞台でしたよ(((o(*゚▽゚*)o)))♡
舞台の感想は、また後日とさせていただきます。



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:面白いものみつけた! - ジャンル:地域情報

  1. 2017/06/08(木) 23:45:43
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ