Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【平成29年7月歌舞伎教室 鬼一法眼三略巻 一條大蔵譚】@国立劇場

fc2blog_20170627155007271.jpg

二ヶ月連続で歌舞伎教室のチケットをとりました (=゚ω゚)ノ
菊之助丈が岳父となった吉右衛門丈のお馴染みのお役、
一條大蔵卿をどのように演ずるのか楽しみです♪

演目・主な出演者
解説 歌舞伎のみかた 坂 東 亀 蔵  

文耕堂・長谷川千四=作
中村吉右衛門=監修
鬼一法眼三略巻(きいちほうげんさんりゃくのまき)                                 
一條大蔵譚(いちじょうおおくらものがたり) 二幕
国立劇場美術係=美術
          
   檜垣茶屋の場
   大蔵館奥殿の場

(主な配役)
一條大蔵卿長成  尾 上 菊 之 助
常盤御前       中 村 梅   枝
鬼次郎女房お京  尾 上 右   近
吉岡鬼次郎     坂 東 彦 三 郎
                    ほか

(平成29年4月3日現在) 


fc2blog_20170803160951205.jpg

フライヤーをスクショしました(*´∀`*)
大きくしてご覧くださいませ。




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…


歌舞伎教室の解説は坂東亀蔵丈。
五月に亀蔵を襲名したばかりだから、つい間違えてしまうんだけど、
良いお声と爽やかな風貌はピッタリだと思いましたわ。
先月よりも、幾分、授業っぽかったけれど、
堅苦し過ぎず、良い感じでした(*´∀`人 ♪

初役とは思えないほど良かったなぁ~菊之助丈。
阿呆(のふり)ながらも公家らしい上品な様子を
女形の柔らかな声を交えながら表現していました(*’U`*)
大歌舞伎でも拝見したいものです。

女形のふたり、尾上右近丈と梅枝丈。
前にも共演されていたように思うんだけど、
揃って面長ながら、鼻筋が通っていて魅力的な女形さんです。

彦三郎丈も五月に襲名したばかり、
ついついお父様のお顔思い出してしまい、ビックリ。
そうでした、亀三郎丈じゃなくなんですよねぇ(〃▽〃)
亀蔵丈と彦三郎丈のおふたりとも最近好きな役者さんです。

一幕だけですけど、堪能できましたわ♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪



関連記事
スポンサーサイト

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/08/08(火) 21:28:42
  2. 舞台