FC2ブログ

Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

モバイルSuicaでグリーン券を買って,乗車してみました♪



今朝はお仕事の所用で、朝から横浜へ。
お洗濯やら何やらしていたら、朝ごはんを食べる時間がありませんでした( ;∀;)
船橋から横浜まではJR総武快速で約一時間、勿体ない。
この間にゆっくり座ってご飯を食べる方法あるじゃん❗️
そうです。グリーン車です(*´ω`*)
前から乗ってみたかったのですけど、ついついケチんぼ根性が先立って、
実行していなかったのです。
グリーン券はグリーン車に乗れる券なので、必ずしも座れるわけじゃないと聞くと、
時期によっては、ちょっと心配じゃないですかぁ~(´Д` )

まずはSuicaのアプリにて、グリーン券を購入。
指定席ではないので、乗車区間を打ち込むだけなんで簡単です。
でも、ここで疑問。
グリーン券を見せるにはどうするの?
車掌さんに見せるような画面もありませんし、購入履歴を見せれば良いの?
と疑問を抱きつつ、駅ホームのニューデイズにて、
あまり匂わないと思われる…サンドウィッチと野菜ジュースを買って
グリーン車の止まる辺りで、電車を待ちます。
普通の車両とは違って、車両の前方と後方にしか出入口はないので、
注意が必要です( ;∀;) まぁ足元にちゃんと書いてありますけどね。

大船行きの電車が到着~!二階建ての車両、割と混んでいましたので、下階を選択。
3割ほどは空席でした。良さそうな方の隣を選んで(?)無事に着席。
よく見ると、座席上部分にランプが点いています。
写真は両方とも赤になってますが、青のランプが点灯している座席は、
座っている座席のようです。

そして、着席すると畳んだテーブルの裏に説明書き。
先ほどの疑問は一気に解決したのです。



座席上部のSuicaの絵の辺りにスマホを近付けると緑に変わりましたd(^_^o)
途中で隣が空いたら、窓際に移りたいけど、そういう時はどうしたら良いのかなぁ~。
と思っていたら、その場合の説明も併せて書いてありました。
移動した後の座席上部でピッとするだけで、良いそうです(o^^o)
空いてから移動した時に、実際にそうしたら、座っていた席のランプは赤くなり、
移動した座席上部が青く点灯しましたd(^_^o)

降りる時に付いては書いてないなぁ~と思っていたら、
下車の際にピッとしている方がいらっしゃいました(´⊙ω⊙`) むむっ?
多分ですが…乗り継ぎする方だったのですね。
今日乗った電車は、総武快速線+横須賀線の大船行きでした。
横須賀線はもっと先まで行っていますから、久里浜や逗子にいらっしゃる方は
何処かで、もっと先まで行く横須賀線に乗り換えますもんね。
乗車区間でグリーン券を買っているわけですから、ピッとして降りて、
次に乗る電車で、またピッとする❗️そういうわけですね~(o^^o)
これで、海の家に電車で行く時も、楽に行かれそうですわ。

よく放送で、『車内で購入するグリーン券の金額は事前に購入するグリーン券の価格とは
異なりますのでご注意下さい。』と言っているのですけど、
車内に入ってから、モバイルSuicaで買ったら、どうなんでしょ。
事前価格で買えそうな気がしますよね~?(´Д` )



写真は、ゴーゴーカレーd(^_^o)
ヨドバシカメラ横浜店の地下2階のYYグルメにありました。
三越がヨドバシカメラになったのは知っていましたが、来るのは初めてでした(´⊙ω⊙`)
肉フェスとやらを開催中で、各店、肉推しメニューが並んでいました。
今日はカレーの気分だったので、ゴーゴーカレーへ。
CoCo壱に比べて、男性向けだというのは分かっていたのに、
当店限定 ヨドバシコラボ メニューをチョイス。
限定❗️コラボ❗️と大好物のワードにつられて頼んだものの、
よくメニューを読んでみたら、《必勝カレー  ロースとチキンのW勝(カツ)で運気UP
春は何かと勝負の季節! 目覚めの後はこれで決まり!》
とな。ボリューミー❗だわ。((((;゚Д゚)))))))

並盛りでご飯300g。これも多いよね。でも、食べ切りました❗️
夕御飯はパスで。



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります







関連記事
スポンサーサイト

テーマ:駅めぐり - ジャンル:旅行

  1. 2018/04/03(火) 22:07:05
  2. 散歩
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。