FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【姫路城音菊礎石】2019年1月@国立劇場



毎年、愉しみにしている菊五郎丈の国立劇場公演(^∇^)ノ
派手派手で、昨年の流行ネタを仕込んであって、
笑って新年を始められますからね~(´∀`*)

体力温存の為、今年の新春歌舞伎は
この国立と浅草だけですもの
愉しみますわよ~~~と、購入したチケット♪(/・ω・)/ ♪



公演の詳細は、フライヤーのスクショを
ご覧くださいませ~(m´・ω・`)m




本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…








想像通り、今年の旬ネタはDA PUMPのUSAでした♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
それも、幕開けからで。。。
かなり派手なオープニング(//>ω<)
廓連中が、着物姿で、しっかり踊ってらっしゃいましたよ((^∀^*))
客席もおもわず手拍子していました。
そんな幕開けでも、室町時代の物語ですからね。
内膳の菊五郎丈が現れると空気感が変わります。
忠臣ぶりが訝しく、敵なのか味方なのかと思わせて
さっと居なくなるのに、存在感、迫力、凄過ぎますΣ(ω |||)

梅枝丈の軟弱な若殿ぶり、右近丈の美しさ。
時蔵丈の赤姫が大好きなのだけど、立役も凛々しくて良いわいなぁ~。
彦三郎丈・亀蔵丈(代役も亀蔵丈とは…( ̄▽ ̄;)…の憎々しい敵役。
2幕以降が楽しみな序幕でありました。



菊之助丈は三役の大活躍+.(*'v`*)+
颯爽と現れた若侍と、女房役が二役。
片方は、実はキツネというお役で、松緑丈との夫婦狐。
芸達者なふたりが魅せる滑らかな狐の動きや、
微笑ましい様子が愉しかったですわ。
それから、若侍姿で観客席を歩き回っていました(*^_^*)
確か、姫路城内を探索するという場面だったと思うのですが、
国立劇場では珍しい演出では?
更に、ご自分で振り付けたという梅枝丈との舞踊もあり
今年も盛りだくさんでしたねぇ(o‘∀‘o)*:◦♪
年末のナウシカも楽しみにしております。

そして、ワタシが一番楽しみにしていたのが、ふたりの幼稚園児((^∀^*))
国松役の和史くんと、子狐役の眞秀くん(人間に化けた姿ですよ)。
それぞれの見せ場もあって、とにかく可愛らしいし、微笑ましい~☆
和史くんの方は、台詞も多くて大変だった思うんだけど、
ワタシが拝見した日は、
眞秀くんの方が、台詞がしっかり言えていたかなぁ。
まだ小さいから、日によってコンディションが違いそうだけどねぇ(´ω`人)
いずれにしても、あの舞台度胸が素晴らしい。
今後も、この従兄同士の競演を期待しております♪

最後は、内膳のぶっ返りがあって、
出演者が仲良く(?)並んでの手ぬぐい撒き。
劇場のロビーの華やぎと共にお正月気分をしっかりと味わいました。

年々、菊五郎丈の出番が少なくなって残念ですが、
長く続けて頂きたいので、我慢致しますわ~(。-人-。)
その分、若手の方々やお弟子さん方のお芝居を
堪能出来ますもの。。。



毎月、楽しみにしている黒衣ちゃんの扮装。
上演するお芝居の衣装に着替えているのですW(`0`)W
可愛い~~~と、毎月のスマホの壁紙にしておりまして、
中でも俊寛はお気に入りで、未だに壁紙になっているのです(*≧∪≦)
二階廊下のガラスケースの中に、一堂に会する黒衣ちゃんを発見!!
ひとり興奮して、写真を撮りまくりました。



今回は休憩時間がたっぷりありましたので、
食事とは別にお茶までしてしまいました(。-_-。)
そこで発覚したことを(大袈裟だわな)、
入場時に配られたアンケートに書かせていただきました。
どうか改善されますように。。。
アンケートの御礼として、チケットホルダーを貰いました。
チケットホルダーって、最近の流行なんですかねぇ?
使いたいモノが多過ぎるので、これはマスク入れにしようと思います(ノ´▽`*)b☆






関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2019/01/10(木) 23:29:18
  2. 舞台