FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

御朱印巡り @赤坂氷川神社



昨日書いた、日枝神社の参拝後、氷川神社に向かいました。
スマホの地図アプリに、「現在地から氷川神社」と入れたら、
15分ほどと出ました。
スマホを頼りに、思ったより地味目な坂道を登って
結局、20分ほどで、到着しました(;^ω^)
東京十社めぐり…。日枝神社も氷川神社もそうなんですね。
なるほど~~。先日の七福神めぐりもそうですが、
御朱印巡りの仕方もいろいろあるのでしょうねぇ((^∀^*))

坂道でちょっと熱くなった身体がピシっとなるような
落ち着いた雰囲気の社殿でございました(*´v`)



たくさんの樹々が生い茂っていますし、
日枝神社に比べると色味が地味だなぁと思ったら、
江戸の年号が残る鳥居や狛犬がありました。
戦争や災害にも負けずに残っているなんて、
ホントのパワースポットですね。
見事に色付いた大銀杏の樹齢は400年ですってΣ(゚д゚|||)

この氷川神社のある土地は、浅野家の下屋敷だったのですねぇ。
浅野内匠頭の正室だった 瑤泉院が幽閉されていたのは
この地だったのですかぁ。
瑤泉院も、この銀杏をご覧になっていたのでしょうか?
樹齢400年の大銀杏に、赤穂浪士を思って、
落ちる黄色い葉っぱを、しばし眺めてみました。
三次浅野家が断絶になってから、
この地に氷川神社を遷宮したのは、吉宗なのだとか。
またしてもビッグネーム+.(*'v`*)+

赤坂氷川神社の摂社、四合(しあわせ)稲荷もありました。
この地域周辺にあった4つの神社が合わさって祀られたことから、
勝海舟が四合(しあわせ)稲荷と名付けたそうです。
またしてもビッグネーム(゚∀゚≡゚∀゚)

神社に訪れると境内に小さな神社や祠をみかけることがあります。
主祭神を祀る神社を本社とし、
このような本社に付属する小さな社を摂社(せっしゃ)と言うそうです。

昨日の日枝神社にあった八坂神社は、末社(まっしゃ)と書かれていました。
末社と摂社はどう違うの?と思って調べてみたけれど、
一時期、規定があったようですが、今ではあまり区別はないみたい(;´Д`)
摂社は、末社よりも上位に位置づけられているらしいデス。

fc2blog_201902070012430d9.jpg

というわけで、氷川神社と四合稲荷の御朱印をいただきました。


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

  1. 2018/11/30(金) 22:27:14
  2. 散歩