FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

映画 【 レッドクリフ パート2 】


20090428133854


雨の中、海の家から帰って参りました…。
ヤバい感じの塀は相棒が気合いで修理してくれました!
雨降りの為、写メは断念…。
さて、そんな今日は、
相棒の『 映画館の大スクリーンで観たい
というリクエストで見に行った
【 レッドクリフ パート2 】の感想を…。


月曜日なら(ワタシがよく行く映画館は
水曜日じゃなくて月曜日なんだ)
レディス?ディでいつでも1,000円なのに…
思いつつ、お付き合い

エラく疲れていたので、
寝ちゃうかもと思ったけど、
大画面の迫力、パート1を
チラリンとしか見ていなくても
ストーリーも追えたし、眠くはならなかったわ

獅堂丈、繋がりは
俳優祭、【 赤い国と黒い砂 】に続いて、
第三弾になりますな。
別にそんなファンってわけではないんですよ。
念のため…。

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的(辛口)感想です
 

猿之助丈のスーパー歌舞伎を
3部とも見ているので、もう少しストーリーを
把握していても良さそうなもんだけど、
エピソード以外は割りと覚えてないもんねぇ

飽きなかったけど、
2時間20分はちょっと長いかなぁ
心理戦の辺りは良いけど、
最後の方は殺し合いは嫌になっちゃったなぁ

日本の戦国モノもそうだけど、
どうしてもここに時間を割きたいわけよねぇ
日本の兵士は旗指物で解りやすいけど、
これは、どっちが優勢なのかイマイチ分かり難い。
まぁ~、鉾による防御が孫権軍の特徴ですけど

いい映画には特徴的な映画音楽がかかせないけど、
これも耳に残る音楽よねぇ。
ついつい鼻歌しちゃうような音楽。
日本人の作曲家なのねぇ~

トニーレオンの周瑜は、見ているうちに
ゴリに見えちゃうんだけど…ファンの方々すみません
相棒はもっくんと言ってました。
獅童の最期はかっこよかったわねぇ
海賊って感じで、こういうパワーのあるお役は
獅童の真骨頂ですからね。
歌舞伎以外の出演の方が多いようだけど、
どうなんだろ…まぁ~いいけどさ。

諸葛孔明の冷静沈着な賢さといい
戦乱の世でも何処吹く風という
飄々としたところも含め、
一番、格好良かったのは金城と思ったけど
顔が好きなのは、孫権のヤン・チェンかなぁ

でもでも、
なんといっても小喬のリン・チーリンの美しさでしょ。
この小喬こそがこの赤壁の戦いの
原因といわれるほどの魅力的な女性です。

台湾のモデルさんらしいけど、
東洋人共通の美しさねぇ~
顔、スタイルの良さはもちろんですけど、
日本の茶道のような、中国茶の作法の
手の運びが優雅でありながら、
曹操をお点前で足止めさせるのだけの、
色香があります

日本語も話せるという彼女は
今後、日本でも活躍しそうねぇ



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:映画館で観た映画 - ジャンル:映画

  1. 2009/05/06(水) 21:38:56
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ
  3. 映画 【 レッドクリフ パート2 】のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する