FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

本 【もう、さよならは言わない】

20080531091415

先日、買おうか迷っていたケータイ小説。【もう、さよならは言わない】
近くのT○TAYA&スタ○はブックカフェになっているので、
配信が終わっていない2章分を読んで、
結末が気に入ったら、買おうと計画
ホットヨガの帰りにいざいざ本屋さんへ
でも…計画は失敗
だって、涙なしでは読めないんですもん。
結局、数冊の本とともにお買い上げ~


私的感想です…。

ぽちっとな
 
最愛の妻(菜緒子)がスキルス癌で旅立ってから二ヶ月。
息子(翼)と二人きりで向かえた僕(俊一)のパソコンに
不思議なメールが届くところから物語が始まります。
余命宣告された妻から届いたバースディ・メッセージ。

妻は記念日を目標に命を長らえようとしていたけれど、
いよいよ…と悟った時に、記念日ごとに届くメールを
プログラムしていました。
いつしか、俊一はメールを心待ちにするようになります。
妻が亡くなってから、半年後のクリスマスに
3通目のメッセージとプレゼントが届きます。
『  …………
今まで、覚えていてくれたから、もう充分だよ。
もう私のことは忘れてください。
   …………
このメールを開いてから、十分後にパソコンから自動消去するように
プログラムしました。この間の誕生日メールと結婚記念日メールも。
これが私のクリスマス・プレゼントです。
    …………
新しい恋のお話を天国で聞くのを楽しみにしています』

日頃から配信契約している携帯
たまたま配信されたケータイ小説でした。
この第一章を涙涙で読みました。
記念日毎に届くメールには、
『気持ちは分かるけど…』とも正直思っていましたが、
最後のメールで納得し、そして深く入り込んじゃいました。

続く第二章は翼くんの通う保育園の洋子先生の悩み。
一生続けたい仕事と海外転勤になった彼との間で
揺れる気持ち…分かります。
そして、第三章はグーグルアースで遊ぶ翼くんのエピソード。
健気で元気で泣かせます。
そして、第四章は小学生になった翼くんが大好きな洋子先生
と、お父さん(俊一)を自然に引き合わせる(?)お話。
このまま、素直にいくのかなぁ~と思っていたら、
第五章は、記念メールをプログラムした菜緒子の話。
せつないです。スキルスとの闘病と…悟らざるをえなかったこころ。
第六章は…。

どういう結末であろうと、この小説
やっぱり…買っていましたかね。
読み進むほど、チクリとどこかが痛むのを感じながら…。
相棒のつれあいも小学生のお嬢を残してスキルスで
亡くなりました。
相棒とは昔からの友人でしたから、
二人が付き合いだした頃から知っていて、
つれあいさんとも顔見知りでした。
そして、数年後、つれあいさんが病気だと耳にしました。
癌の闘病の壮絶さは共通の友人からの話で
聞いていました。
会社経営が危うくなるほどに、没頭し、手を尽くしていたことも。
病気が発見される少し前、
あまりうまくいっていないという話も聞いていましたが、
長年連れ添ったつれあいですから、
いざとなれば救いたいと願うのが当たり前です。

洋子先生みたいに広い心にならなくっちゃ

もう、さよならは言わないもう、さよならは言わない
(2008/05)
榊 邦彦

商品詳細を見る
関連記事
スポンサーサイト



テーマ:気になる本をチェック!! - ジャンル:本・雑誌

  1. 2008/05/31(土) 18:14:18
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ
  3. 本 【もう、さよならは言わない】のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する