FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 六月大歌舞伎 / 歌舞伎座 21年 夜の部 】


20090625000514


2年前の初お目見えで、お祖父ちゃんの幸四郎丈に手を引かれ、
ちょここちょこと歩いていた斎くんが4歳になり、
初舞台となりました
今の歌舞伎座の舞台に立たせたいという
染五郎丈の親心で、実現したようですね
今までも何人か初舞台を拝見しましたが、
こんなにお行儀の良いお子さんは初めてかも
口上の間もキチンと座ってましたし、
斎ちゃん、もとい四代目金太郎丈の
ご挨拶も元気よく出来ました 

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口()感想です
 

門出祝寿連獅子(かどんでいおうことぶきれんじし)

大名のもとへ、左近が妻と、子息の右近、その妻、
さらに孫の童を連れて現われます。
そして左近一家は、村の長や、
里の女や男と、天竺清涼山で
新たな獅子が誕生した吉祥を喜びあいます。

一方、天竺清涼山で修行僧が樵人と
獅子について語りあうところ、
親獅子、仔獅子、孫獅子と三代の獅子の精が現われ、
華やかに舞い遊ぶのでした。
 


パパの染五郎丈が【江戸宵闇妖鉤爪】にかかりっきりの頃に
高麗屋(染五郎)の密着TVをやっていたと思うんだけど、
その頃から、斎ちゃんはパパのマフラーを頭に着けて、
けぶりのお稽古(この時は練習 あそび)していました。
元気よく、キチンと出来てました。
荒々しさがありながら、キレイな染五郎丈のけぶり、
幸四郎丈には、もうついていけないといった感じも…
高麗屋さんは中村屋さんと違って、
ぴた~っとあわせる感じじゃないから気にならないけどね。
それにしても、こんなに早く、
白頭の染五郎丈を見られるとは…
でも、なんかおば(あ)さん気分で
一気に歳を取った気がしますわぁ

 20090625000511
 

極付幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)

坂田公平が御台柏の前、伊予守頼義の御前で、
慢容上人に法問を挑む芝居が上演されている村山座。
町奴の幡随院長兵衛は、旗本奴の水野十郎左衛門の家臣
坂田金左衛門が騒ぐのでこれを打ち据えます。
十郎左衛門と渡辺綱九郎が長兵衛を呼び止めると、
長兵衛の子分の極楽十三、雷重五郎、神田弥吉が駆け出し、
一触即発となりますが、長兵衛がその場を収めます。

やがて十郎左衛門は長兵衛を宴に招きますが、
弟分の唐犬権兵衛や、出尻清兵衛などの子分たちは
何かの策略だと言い、その行く手を阻みます。
しかし長兵衛は、女房のお時、一子長松たちに別れを告げて、
水野のもとへ向かいます。
その長兵衛を十郎左衛門と近藤登之助が出迎えますが...。



今回は三狂言とも、黙阿弥の作品ということで、
帰り道の感想が七五調になっちゃう感じでしたよ
川柳でも詠めれば格好良いのだけどねぇ。

極付幡随長兵衛は町奴・吉右衛門 丈の男伊達が
なんとも良いんだよねぇ
けど、嫌なヤツといった役どころの旗本奴が仁左衛門丈なので、
場内、納得出来ない的な空気が…

<旗本奴>
江戸時代、旗本の青年武士で集団をなし、
はでな服装をして、無頼を働いたもの。
神祇組(じんぎぐみ)・白柄組・六法組などが知られ、
首領株に水野十郎左衛門がいた。

<町奴>
江戸初期、華美な服装をし、
徒党を組んで市中を横行した町人身分の遊侠の徒。
旗本奴に対抗して起こった。男伊達(おとこだて)。


梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)

白子屋では主人亡き後、経営が苦しく、
後家のお常は持参金付きの婿養子
加賀屋藤兵衛との縁談にお店の再建をかけています。
ところが、娘のお熊は縁談を了承しません。
実はお熊と忠七は恋仲で、
車力の善八とその妹のお菊がお熊をなだめます。
こうした事情を知る新三は、白子屋の手代忠七に
『 自分がなんとかするから、二人でかけおちしろ 』
と、そそのかし、結局、お熊を誘拐します。
実は髪結新三は名うての悪党で、
下剃の勝奴と喜ぶところ、顔役の弥太五郎源七が
お熊を取り戻しにやって来ますが、
新三は源七を追い払います。
そこで家主の女房おかくは、お熊を連れ戻す役に
夫の長兵衛を勧め...。



有名なんだけど、髪結新三、観てなかったみたいです。
勘三郎丈で見ていたかなぁ~

『 目に青葉 山ほととぎす 初がつを 』という
季節感を感じられました…。
ワタシの歌舞伎の愉しみのひとつ、季節感。
今回も味わえましたよ。季節的には少し遅いけれどネ…

この話って、実話がベースなんだってねぇ。
江戸時代に美人で有名な材木屋の娘が
恋仲の手代と共謀して、婿養子を殺そうとしたらしい。
未遂に終わったものの、娘は市中引き回しの上、死罪に
大岡越前が裁いた事件らしいよ~
その時に、何故か娘が黄八丈を着ていたというので、
この題名になった…と、イヤホンガイドで言っていました(ハズ。)

良く出来た話で、親切だと思った人が、
悪人で善人が騙されて、
でも、悪人の上には極悪人がいて、
悪人の上前は撥ねる
それじゃあ、神も仏も…と思うと、そうはいかない
っと、見ている者がスッキリする話ですな

悪人も極悪人も、ドロドロとしてなくて
どこかマヌケで愛嬌があるのよ。
その辺のところ、勘三郎丈が得意とするのが
分かる気がしましたわ
幸四郎丈の新三も悪くなかったけど、
どちらかというと、幸四郎丈には…
本人は格好いいんだけど、行き過ぎて笑えちゃうようなキャラ
古畑任三郎のようなキャラがあうと思うのよ。
王様のレストランみたいな…。
ここで発見 三谷幸喜ってそういう役が好きなのか

歌舞伎にはいき過ぎキャラ多いけど、
そこが笑えるストーリーなのかが問題か
どうも、TVでのお話などを伺っていると、
素のご本人は結構、そういうキャラみたいだけど。


一、門出祝寿連獅子(かどんでいおうことぶきれんじし)  四代目 松本金太郎 初舞台    

童後に孫獅子の精 初舞台 金太郎
右近後に仔獅子の精     染五郎
左近後に親獅子の精     幸四郎  
         里の女     芝 雀
         近の妻     福 助
         里の男     松 緑
          樵人     高麗蔵
         修行僧     友右衛門
       左近の妻     魁 春
         大名某     梅 玉
         村の長     吉右衛門


二、極付幡随長兵衛(ばんずいちょうべえ)  「公平法問諍」 

    幡随院長兵衛     吉右衛門  
  水野十郎左衛門     仁左衛門            
坂田公平     歌 昇   
     御台柏の前     福 助  
    子分極楽十三     染五郎
    子分雷重五郎     松 緑  
    子分神田弥吉     松 江
    子分小仏小平     男女蔵  
    子分閻魔大助     亀 寿  
    子分瘡森団六     亀 鶴
   子分地蔵三吉     種太郎  
        倅長松     玉太郎  
     伊予守頼義     児太郎  
    坂田金左衛門     由次郎
       慢容上人     家 橘  
     渡辺綱九郎     友右衛門      
     出尻清兵衛     歌 六     
     近藤登之助     東 蔵     
     唐犬権兵衛     梅 玉     
      女房お時     芝 翫

三、梅雨小袖昔八丈(つゆこそでむかしはちじょう)  髪結新三   

      髪結新三     幸四郎      
   弥太五郎源七     歌 六     
      手代忠七


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:歌舞伎 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/06/28(日) 20:05:17
  2. 舞台
  3. 舞台 【 六月大歌舞伎 / 歌舞伎座 21年 夜の部 】 のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する