FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

ランチ食べてからZEDへ


20090630130501


昨日は会社の親睦会
今回は飲み食いではなく、
舞浜に出来たシルク・ドゥ・ソレイユの
常設ステージにZEDを見に行ってきました

まずはイクスピアリのモンスーンカフェでランチ
海鮮焼きビーフン(ドリンク付きで850円)のランチセット
ランチセット(300円)には、スープと生春巻き、デザートが付きます
おまけにランチビール(300円)まで飲んじゃった~
ドリンクがお代わり出来るとか言って、
まったりしていたら、ビックリ集合時間が迫っていました。

その後は、いよいよZEDへ
シルク・ドゥ・ソレイユはお台場でテントを張っていた頃に見たから、
10数年ぶりかなぁ

シルク・ドゥ・ソレイユが普通のサーカスと違うのは
なんといっても、ストーリーがあることでしょうかねぇ

まずは、クラウンの二人が登場
大きな本を広げて見ていると、
本の世界に引き込まれてしまいます。

主人公の名前はZed(ゼッド)。
彼は冒険の旅に出かけて、様々な出来事の目撃者になる
彼が旅する世界は、天と地
さまざまな経験を重ね、彼自身が成長すると同時に
彼が生きた天と地という2つの世界がひとつに結ばれる

20090630130458


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ZEDの私的感想です…

20090630130455


クラウンが本に引き込まれたとたんに
巨大な舞台にかかっていた布が
一気に穴に吸い込まれます
その演出によって、一瞬にして別世界に引き込まれてしまう。
布と同時に観客まで、あの大きな穴に落ちていく感じ

まずは熱帯魚のような南国の鳥のような
カラフルな衣装の女性たちが
天井から降りてきて、くるくると回転します
上から吊られたブランコのような鉄棒のようなモノに乗っているのですが、
なんとも幻想的で、違う空間に来たんだなぁと。
これは天の誕生を表しているらしい。

うって変わって、筋肉隆々の男性が投げ縄のようなロープで行なう
パフォーマンスは熱い地の誕生を表していて、
やがて、地にいる者たちは、天空に憧れる
天から降りてくる妖精に誘われて、地にいる者たちは
ポールを使い、天へと高く昇っていきます
トランポリンとポールを使ったパフォーマンスは
なんとも愉しそうで、子供が見たら、
絶対にやりたがると思うわぁ

天からのびる長い布を使う女性のパファーマンスは
ザ・シルク・ドゥ・ソレイユって感じです。
主人公のZedも恋してましたもんねぇ。

その後に、綱渡り、ジャグリング、人間ピラミッドなどの
サーカスらしい、アクロバティックなパフォーマンスが続きます。
地の底にある炎の国
地表にそびえるバベルの塔などを表しているとか

そして、再び、布を使ったパフォーマンス。
今度は二人で、花の精にも見えましたが、
Zedが引き込まれていたところを見ると、
本当の恋の訪れなのかな でも、二人いたぞ
旅の間に2回くらい恋をしますってことで。
布を変えたりしていたけど、命綱付いてないみたいに見えたなぁ
パフォーマーの動きに合わせ、布の長さが変わることで
空間をめいいっぱい使った動きになり、
パフォーマンスが大きく見えるだけでなく
主人公の距離感が変わり、ドラマを感じられるような。

そして、なんといっても圧巻だったのが、男女ふたりの
力技のパフォーマンス。
ゆったりとした動きとそれぞれの全体重を
身体の一部で支えているのにはビックリ
これは見てみないと、その素晴らしさは分からないかも。
でも、とにかくスゴイ 誤魔化しようがない技です
逆さになった女性を背中辺りで支えて、
手を広げた様子がクルスに見えたので、
アダムとイヴかと思ったのだけど、
天と地の融合だったらしいです
愛を知ったZedに苦しみを伝えるのかと思ったんだけどなぁ

手に汗握る空中ブランコ~トランポリンのパフォーマンスへと移行して、
最後は全メンバー登場のお祭りといった感じになり、
華々しい幕切れとなりました
いやぁ、十数年ぶりに見ましたが、
サーカスからshowというエンターテイメントに
ますます高められているなぁと感動

ストーリーがある思うから、ついついパフォーマンスの
意味するところを探してしまうのが、
ちょいとやっかいかもねぇ
気になるようなら、事前にチェックしてから
見たほうが自分なりの意味が探せて愉しいかな
でも、普通に見ても人間の肉体の美しさ
鍛えられた人間の可能性を強く感じる舞台。
それを更に芸術へと導いている
演出の素晴らしさには拍手です。
それにしても…スタンディングオベーションの時に言う言葉
ブラボー以外にないだろうか。どうしても馴染めない

20090630130451


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:パフォーマンス・アート - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2009/06/30(火) 16:05:05
  2. 観る&聴く&読むを、愉しむ
  3. ランチ食べてからZEDへのコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する