FC2ブログ

Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--
  2. スポンサー広告

舞台【恐竜と隣人のポルカ】

20080606221442

この間、PARCO劇場で、【恐竜と隣人のポルカ】を観て参りました
相棒が大好評中の寺脇さんの舞台です。
地球ゴージャスの舞台を休んで出演したのだから、
良かった良かった。
んで、今度は本領発揮の舞台です。
外部作品に出る寺脇さんを初めて観るので、愉しみです

私的感想です。少しネタバレあるかな…?

ランキング挑戦中です。ぽっちとな。
 
作・演出の後藤ひろひとさんが言っていらしたように、
『公園で2時間座っていた時のように、
 何にも心に残らない作品を書こうとおもいまして…』
ホントに何にも残ってませ~ん
でも、公園で2時間笑っていたら、
どこかに連れて行かれちゃいますからネ。
お金出して、PARCO劇場に行ったかいがありましたよ

毎回、思うんだけど寺脇さんはホントに楽しそうです…舞台。
カミカミになったところも転んだところもナマモノらしくてGOOD…
そして、今回の相棒は妙な雰囲気が良い塩梅の寺塚とおるさんで正解
でも途中、水谷豊さんの<兄貴ぃ~>的な歩きが
あった気がするのだけど
本人役の石野真子さんはアイドル衣装が似合ってましたし、
最後の振り付けでは、水野真紀さんがアイドルっぽくて、
流石、元祖きれいなお姉さんだわぁと見惚れ(?)ました。
プロはキチンと保っているのねぇ。
努力もしてるんだろうなぁ。実感~
演者としての後藤ひろひとさんもなかなかでした。
この頃よく舞台でおみかけする大和田美帆ちゃんは
等身大のお役でしたし、みやちゃんとの絡みもノビノビしていました。
みやちゃんもナマモノ慣れてますからねぇ~

劇場に入ると探検隊の二人が舞台上に…効果音は密林(?)
PARCO劇場では開演前の注意事項の説明(携帯は電源を切り…云々)に
凝っているケースが多いのですが
今回は、この探検隊の二人が笛とジェスチャーで…。
『これって聞き慣れてないと何を言ってるか分からないところも
 あるかも…』って内心思っていましたら、
緊急避難についてだけは、垂れ幕を指差してました
公開番組の前説のように盛んに拍手の練習をするなぁ~
と思っていたら、ライブ()部分があったのねぇ。

ドタバタ喜劇なんですけど、人間ってこうなるのよねぇ。
と、単なるドタバタじゃなくて、必然性のあるドタバタ喜劇です。
でも、人情はない お涙はまったく無し
唯一あるのは甘酸っぱい感じなのかな…でもね男子限定かも。
男子っていうのは、いつまで経っても、
まったくねぇ~と、
ぼやきたくなるような笑っちゃうような。
出演者、皆さん元気で、
観た人間もなんとなく元気になる舞台ですよん
そして…ビックリするようなアイドルの秘密も暴露されます
それから、声の出演も豪華でした。
池田成志さん・川平慈英さん・中井美穂さん他…
慈英さん約束守りましたよ~

作・演出 後藤ひろひと
出演 寺脇康文 手塚とおる 水野真紀
森本亮治 大和田美帆/
竹内都子 後藤ひろひと 兵動大樹/石野真子


最後にひとつだけ、毒を吐いてしまおう。
劇場近くの2階にある定食屋さん。
前にも一度食べて不味かった…。
でも、他の街の支店は美味しいのよ…わりと。
で、再度、挑戦~…が、今回も見事に完敗デス
前、不味かったのは、ご飯だけ。
でも、ご飯を連想する名前なのに善いのかい?と思っていたら、
今回はご飯もサバ味噌煮も漬物も不味い
トイレはアンモニア臭
いくら若者の街でもヒドクないかいな
関連記事
スポンサーサイト

テーマ:演劇 - ジャンル:学問・文化・芸術

  1. 2008/06/09(月) 16:14:45
  2. 舞台
  3. 舞台【恐竜と隣人のポルカ】のコメント:0

Home

コメント

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。