FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 イカれた主婦 】




不満を抱えて暮らすシングルマザーのベヴ。
高校生の息子ティムと暮らしているが、
仕事や生活のことで悩みが多い。
しかし、ベヴには悩みを相談できる友人たちがいる。

音楽教師のキャロル、自分に自信がないジェッタ、
とても自信家でエネルギッシュなウェンディ。
ある日、ウェンディが金儲けの話を持ちかける。
ルードが経営するクラブ「ルード・フィンガーズ」で
行われるコンテストの賞金目当てに
パンクバンドを結成しよう!!

はじめは戸惑っていた3人だが、
パンクバンド「アングリー・ハウスワイヴズ」を結成する。
「アングリー・ハイスワイヴズ」は評判を呼び、
気がつけば決勝まで進んでいた。
最初は馬鹿にしていたウェンディの恋人ウォレスも
エキサイティングな演奏に感動する。
しかし、「母親がロックバンドをやるなんて!」とティムや、
「法律事務所じゅうの笑いものだ!」と言うジェッタの夫ラリーが
ロックバンドを続けることを反対する。
4人それぞれがバンドを通して改めて現実と向き合い
人間関係(家族・友人・恋人)を見つめ直し始めるのだった。

そしてコンテスト当日・・・・・・。


1986年にオフ・ブロードウェイで上演されて、
本作は木の実ナナ主演で88年に初演され大ヒットしたミュージカル。
90年にはTVドラマ化されるなど
一大ブームを巻き起こした作品のニューヴァージョン。

と、チラシに書いてあったので、
ついつい買っちゃったミュージカルのチケット
です

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口()感想です
 

ミュージカルらしい簡単な展開で、気軽に楽しめるわね。
ストーリーにあるほど、人間関係に悩んでなかったのは
ミュージカルらしいとこ
ワタシ的にはダンスにもハーモニーにも
ちょいとモヤモヤするとこあったけどね…

でも、会場いっぱいに集まったお姉様方には
そんなことどうでも良いらしい様子
とにかく『ナナ様のパワーを貰いたいのよ~』とか
『山崎君 可愛い~』とか
会場中に満ち満ちています

休憩中に拝見したら大半のお姉様方は
スニーカーのようなパンプスのようなお履物。。。。
コンフォートシューズっていうんでしたっけかね

手拍子が表打ちだったり、
ずれてたり…と、いろいろあって
思わず苦笑いとか、しちゃうんんだけど
とにかく愉しそうで、公演後は口々に
『元気もらったわぁ』とおっしゃってました…

こういう形での解放なら有りだもんね。
そんな方々の為にも、
木の実ナナさまは永遠に美しくいなければ
いけませんな。

ポスターのお衣装よりも派手でセクシィで
皆様、素敵でしたわ


脚本・作詞:A.M. COLLINS
作曲・作詞=CHAD HENRY
演出=板垣恭一
翻訳=常田景子
訳詞=竜真知子
音楽監督=長谷川雅大
キャスト:木の実ナナ キムラ緑子 彩輝なお 浦嶋りんこ
     山崎育三郎 川崎麻世 陰山泰 ROLLY


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/05/22(土) 15:35:25
  2. 舞台