FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【歌舞伎教室 鳴神】






今日は国立劇場の歌舞伎教室に行って来ましたよ
歌舞伎座閉鎖までの間、ずいぶん散財したので
歌舞伎は我慢してたんだけど
twitterでいろいろ話を盗み聞き(?)
していると、無性に行きたくなってしまう
先日、国立劇場のHPを見てるうちに、
誘われるようにポチッと購入しちゃいました。

ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 



やっぱり、歌舞伎教室は愉しいわねぇ
うん。うん。行って良かった
解説では、舞台装置、黒御簾音楽、隈取り
ツケ、立ち役&女形の基本的な歩き方など
ざぁ~っと説明してくれます

今月は宗之助丈、お上手でした
毎回、お上手な方が話して下さるのですが、
皆さん、多芸多才なのねぇと感心しちゃう

昼間の歌舞伎教室は
課外授業で来ている学生さん
歌舞伎を体験するというのがお決まり
今日いらしてたのは伝統ある女子校

代表の2人のお嬢さんが
大太鼓、ツけ打ち、女形の歩き方、
に挑戦して、発言も仕草も
素直な可愛らしいお嬢さんでしたわよ
伝統校の面目躍如といったところか…

今日みたいな伝統校じゃなくて、
金髪に近いような茶髪がチラホラ見える学校
生徒さんでも、反応は素直だし、
舞台は大人しくちゃんと見るのよねぇ

開演前は蜂の巣つついたような大騒ぎだけどね


【鳴神】は鳴神上人は愛之助丈、
雲の絶間姫は孝太郎丈というご両人。

鳴神上人は約束を破った朝廷への怒りから、
龍神を滝壺に閉じ込め
世界中に雨が降らないようにした。

そこで、朝廷に送り込まれたのは
絶世の美女の雲の絶間姫。
上人は姫の色香に迷い
戒律を捨て、夫婦の杯まで交わしてしまう。
の弱い上人を酔わせて、
龍神を解き放つ方法を聞き出した姫は
上人が眠り込んだスキに龍神を解き放ち、
を降らせることに成功し…。


てな話ですから
美しい女形さんの時にしか見てなかったのです。

けど…いやぁ、孝太郎さん、ごめんなさい
m( _ _ )m m( _ _ )m m( _ _ )m
こういう方が失礼ですが…。。。
愛らしく可愛らしい姫で、
ありゃ迷うかも

特に夫婦約束をしたあとの、
上人を尻にひくあたりはお上手
あのテクを見習いたいものでございます


愛之助丈は和事の
はんなりしたイメージが強いけど
荒事でもキッチリお出来になる方なのねぇ
花道の六方を真正面から拝見したら
キュンとしちゃったわぁ


河竹登志夫=監修
解説 歌舞伎のみかた  澤 村 宗之助
              
歌舞伎十八番の内 鳴神(なるかみ) 大薩摩連中
             国立劇場美術係=美術

  片 岡 孝太郎
  片 岡 愛之助
                      ほか



関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/26(土) 12:49:45
  2. 舞台