FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【CHICAGO】





先日、マチネーで拝見した舞台は【CHICAGO】です

赤坂近くのスペース
(冬にはリンクになってたあたり)は
らーめん大会的なことやってたみたい。
もう、ちょっとオサレなイベントが良かった気も


1920年後期のジャズ全盛時代、イリノイ州シカゴ。
殺人、強欲、賄賂、暴力、金儲け、不倫、裏切り
…世間には、馴染みの深い物語。

不倫を重ねていた夫と妹を殺した元ナイトクラブ・ダンサー、
ヴェルマ・ケリーが収監されている監獄に、新顔がやってくる。
彼女の名はロキシー・ハート。
冴えない夫に飽き飽きしている女優志願の人妻ロキシーは、
自分を捨てようとした愛人を殺害したのだ。

悪徳敏腕弁護士ビリー・フリンの力でメディアの注目を一身に集め、
スターとなっていたヴェルマに負けじと、
ロキシーもビリーを雇ってマスコミを利用し、
正当防衛の“悲劇のヒロイン”として
一躍メディアの寵児になっていく。
スポットライトを求めるロキシーの快進撃は
どこまで続くのか?
彼女と反目するヴェルマのリベンジは?
ふたりの女と、
ひとりの男の名声を賭けた争いが今、幕を開ける─。


ぴあサイトより抜粋。



ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします







とにかく、飽きさせない舞台だったわねぇ
展開はスピーディだし、ダンスも歌も素晴らしい…。。。
内容的には日本じゃ有り得ないけどネ
殺人犯の裁判をショーアップだもん
それをあっけらかんとやってのけとります

行く前に心配だったのは米倉涼子ちゃんの歌
河村隆一くんのダンス

隆一くんのダンスシーンはほとんどなかったけど
思ったよりお上手でしたわよ。
それに、日頃、感じていたより、ずっと歌が巧い…というか声が…
すごく良いんだわぁと感じましたわ
発声が少し違うように感じたので…本格的にボイストレーニングして
もっと、舞台にお出になったら如何かしらん

一方、米倉ちゃんの歌の方は目立ってましたなぁ
この【CHICAGO】という舞台は、
ダンスも歌もかなりの水準でした
そうなると、彼女の歌は妙な具合に浮いちゃうわけで…

バレエがかなりお上手と聞いていたのに
第1幕ではダンスシーンが少なくて残念だったわぁ。
でも、第2幕では少し多くなって
見せ場もあって良かったんじゃあないかな

外国人ダンサーと並んでも遜色ないのだから羨ましい限り
なんと言っても、彼女には華がある。

そこは、以前に拝見した舞台に出ていらした
同じように天に恵まれたボディをお持ちの某女優よりも
ずいぶんと良い印象デス
でも、その後、その方も努力して、舞台を続けているようですし
米倉涼子ちゃんも歌をみ~~っちりレッスンして
良い女優さんになっていただきたいもんです

看守ママの役の田中利花さんの
歌声大好きでしたぁ
それと、H.MASUYAMAさんにはびっくりしましたし
金澤さんの歌声も
それにしても、賢也くんイイなぁ~~
しなるような身体でダンス上手いし、エロいし
いつまでも頑張っていただきたい

他のダンサーの方々も、とにかくカッコイイ
女性陣は下着にシースルーといった感じの衣装。
セクシィーなんだけど、
いやらしくなくて、とにかくクールでカッコイイ。
シャンパンやワインを飲んで愉しみたい舞台ですわぁ。


出演 : 米倉涼子 アムラ=フェイ・ライト 河村隆一
     大澄賢也 田中利花 金澤博 H.Masuyama 他


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/06/27(日) 20:43:27
  2. 舞台