FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台 【 亀治郎の会 】





観劇4連チャン、最終日のこの日は国立劇場
【亀治郎の会】を観ました

【亀治郎の会】は「若い時ならではの感性を活かして
古典の大役を演じる」ことをコンセプト
市川亀治郎が企画・運営から演出までを手がける
創造の場として2002年からスタートした自主公演です。
今年で第八回目を迎えるそうです

今回の演目は澤瀉屋の芸の集大成
『 義経千本桜
    ~道行初音旅~
    ~川連法眼館~ 』
市川猿之助丈がの指導を仰いだそうです
年々、伯父様に似てきていますからね…楽しみデス    

おまけに源九郎判官義経に市川染五郎丈
静御前に中村芝雀丈ですって
絵になりそうなご両人です

もう一演目は、
市川猿之助丈が歌舞伎座で上演した
『上州土産百両首』(じょうしゅうみやげひゃくりょうくび)
こちらには客演として
福士誠治さんや渡辺哲さんが出演されるそうです。

可愛らしい印象が強く残っている
猿之助狐…亀治郎狐も楽しみですわぁ


ランキング挑戦中です。
ぽちっと一押しお願いします



ネタバレあり…の私的辛口(?)感想です
 




『義経千本桜』

芝雀さんの静は可愛らしかったぁ
『どんなに心細い気持ちで
    こんな山奥まで来てくれたのか…』
と思ったら、染義経はメロメロになっちゃいそうだわね
芝雀静は柔らかい感じで、染五郎丈の凛々しさも引き立ってたわぁ
絵になるお二人 

それから、キツネと一緒に旅をしてきた気味悪さが
一番伝わった芝雀静だったかもなぁ

これはワタシの好みなんだけれども
やっぱり子ギツネは小柄な役者さんが可愛いらしいなぁ
亀治郎丈は道行きの踊りも、とにかくきれいだったわ
早い動きでも、バタつきがない
手足というか…袖や裾の動きまで美しいのよねぇ
早いのに決まる時はピシッときまる

子ギツネは本当にいじらしかったわぁ
後半でややしつこいかなぁと感じるところもあったけど
一説によると、伯父様も若い頃、そのきらいがあったとか…?
(この辺は好みがありますからねぇ…なんとも)
ワタシが拝見した頃は、そんな風には思わなかったけどネ

伯父様ゆずりの身軽さ 巧さ
『澤瀉屋~』と心の中で叫んだわぁ

ここで、お馴染み、大向こうさんチェ~ック
オモダカヤ~』と聞こえて
『だがや』と、訛ってるみたいで笑いそうになっちゃった



補綴・演出 奈河彰輔、市川猿之助

一、猿之助四十八撰の内『義経千本桜』二幕
  
道行初音旅  清元連中
川連法眼館の場
 -市川亀治郎宙乗り狐六方相勤め申し候-

佐藤忠信/佐藤忠信実は源九郎狐 市川亀治郎  
源義経       市川 染五郎
亀井六郎     中村 亀 鶴
川連法眼     市川 寿 猿
法眼妻飛鳥    上村 吉 弥
駿河次郎     市川 門之助
静御前       中村 芝 雀



『上州土産百両首』のあらすじ…。

 
正太郎は板前を目指していたが
スリから足を洗えないでいた。

そんなある日、
正太郎は幼なじみの牙次郎と十五年ぶりに再会する。
再会を喜びあった二人だが、
帰り際、牙次郎の懐からサイフを
思わずすってしまった正太郎。
弟のように可愛がっていた牙次郎のサイフをすって
後味の悪い思いを抱きながら、
ふと、懐に手を入れると自分のサイフがない。
牙次郎にすられたことを知る。

そこへ牙次郎が訪ねて来て、
お互いに足を洗おうと正太郎を説得にやってくる。

二人のやり取りを聞いていた兄貴分の与一は
『堅気になれ!』と言い、縁切りの杯を交わす。
しかし、兄弟分の三次は正太郎が堅気になることを許さず、
「お前の足を引っ張ってでも、仲間に戻す」と
出ていく正太郎の背中に毒を吐く。

聖天様の森にやって来た正太郎と牙次郎は、
死ぬ気になって地道に働こうと誓い合い、
10年後の今月今夜に
また、ここで再び会おうと約束し、別れていくのだった。

それから、10年の時が流れ…


三次って、嫌なヤツだけどさ、
現代はこんな輩ばかりで世の中、廻ってるよね
妬み・嫉み・憎しみ…たかれる者にはたかる。
骨までしゃぶりとる…みたいな
毎日、毎日、そんなニュースばかりだもんねぇ

実は、福士誠治さんが声色といい、仕草といい…
染五郎丈に見えて仕方が無かった
もっと、染五郎丈が見たいという欲求が
そう見せたのかしらん?
実は、牙次郎にばっかり目がいっちゃってたのよね
亀治郎丈の正太郎は粋過ぎだったわぁ

この演目、歌舞伎らしい世話物で
切なくて良かったわぁ
もっと、上演すれば良いのにねぇ。
猿之助丈が正太郎やった時は、
勘九郎丈(当時)の牙次郎だったんですって
これ、涙涙になったんじゃないかなぁ


作 川村花菱 
補綴・演出 石川耕士

二、『上州土産百両首』 三幕

正太郎      市川 亀治郎
みぐるみの三次  中村 亀 鶴
おせき       上村 吉 弥
隼の勘次     市川 門之助

牙次郎      福士 誠 治
おそで       守田 菜 生
金的の与一     渡辺  哲


関連記事
スポンサーサイト



テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2010/08/23(月) 22:04:11
  2. 舞台