Jellyfishの散財して…ぐだぐだ。

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

舞台【 浅草歌舞伎 】@浅草公会堂 平成29年1月



第1部の幕開きは、『傾城反魂香』。
不遇の絵師・浮世又平と、その女房おとくの起こす奇跡とは…。
夫婦の情愛を描いた、味わい深い義太夫狂言の名作です。
『義経千本桜』の「吉野山」は、
義経の後を追う静御前と忠臣佐藤忠信との道行を描いた場面。
満開の吉野の桜を背景に、新年の幕開けにふさわしく、
華やかで美しい歌舞伎の舞踊をご堪能ください。

HPより抜粋


浅草歌舞伎…今年は幾分メンバーが少なくて、
寂しい気も致しましたが、応援の気持ちで、
今年も行って参りました(^∇^)ノ
この日は、電車がかなり遅れて、
何度も乗り換えて、やっと辿り着いた浅草公会堂。。。

本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…


[舞台【 浅草歌舞伎 】@浅草公会堂 平成29年1月]の続きを読む

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/28(土) 19:13:08
  2. 舞台

舞台 【 吉例顔見世大歌舞伎 】 @歌舞伎座 平成28年11月

fc2blog_20161123170632454.jpg

昨年拝見した舞台の感想がひとつだけ、
今年にこぼれてしまいました(*゚ェ゚*)
芝翫襲名のおめでたい舞台だから、良いですかねぇ。
喪中ですけど…いかせていただきました。。。(*´~`*)

そういえば、昨日の国立劇場の舞台
ピコ太郎ご本人が登場したそうですねぇ。
YouTubeで ころごちゃんのPNSPが話題になっていましたものね。

菊五郎丈の新春歌舞伎には必ず、流行りものが登場するので
絶対に今年はPPAPだと思っていましたけれど、
まさかご本人が登場するとは~Σ(´Д`*)
お忙しいから、今後の登場はないだろうなぁ。
くろごちゃんのPNSPでも良いから、生で観たいなぁ~(っ*^ ∇^*c)
あっ!亀蔵丈が嫌なわけでは…ごにょごにょ…(〃ノωノ)

国立劇場は、歌舞伎座や新橋演舞場とは違って、
ほぼ、公演の宣伝をしないので、良い作品でも空席が目立つことが多く、
残念に思っていたので、TVでも話題になるのはワタシ個人としては、
良いことだと思います。
おれだけ、空席だと役者さんの士気に影響すると思いますもの。
今後はいろんな形で公演のご案内をしてもらいたいものです(*^_^*)


真山青果 作
真山美保 演出
一、元禄忠臣蔵(げんろくちゅうしんぐら)
御浜御殿綱豊卿

徳川綱豊卿:仁左衛門
富森助右衛門:染五郎
中臈お喜世:梅枝
中臈お古宇:宗之助
津久井九太夫:橘太郎
小谷甚内:松之助
上臈浦尾:竹三郎
御祐筆江島:時蔵
新井勘解由:左團次

二、口上

橋之助改め芝翫
国生改め橋之助
宗生改め福之助
宜生改め歌之助
     

     藤十郎
     幹部俳優出演

近江源氏先陣館
三、盛綱陣屋(もりつなじんや)

佐々木盛綱:橋之助改め芝翫
篝火:時蔵
伊吹藤太:鴈治郎
早瀬:扇雀
信楽太郎:染五郎
四天王:萬太郎
同  :竹松
同  :尾上右近
同  :廣太郎
小四郎:左近
古郡新左衛門:秀調
竹下孫八:彌十郎
北條時政:彦三郎
微妙:秀太郎
和田兵衛秀盛:幸四郎

四、芝翫奴(しかんやっこ)

奴駒平
国生改め橋之助(1日~9日)
宜生改め歌之助(10日~17日)
宗生改め福之助(18日~25日)     

fc2blog_20161123094851c5e.jpg



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


11月の芝翫襲名公演の、私的、辛口(?)感想です…


[舞台 【 吉例顔見世大歌舞伎 】 @歌舞伎座 平成28年11月]の続きを読む

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2017/01/24(火) 21:56:20
  2. 舞台

舞台 【 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 】@世田谷パブリックシアター 2016年11月

fc2blog_20161119173615dd7.jpg

こちらは、先月拝見して、
感想が書き難い舞台で、放置していたんです(*´~`*)
毎回、舞台として秀逸であった【奇ッ怪】シリーズ。
三作目も期待して劇場に向かい、大満足して帰って来たのですけど、
それを文章で書くとなると難しくて…。
でも、思い出しながら、書いてみようと思います。

「奇ッ怪」 シリーズ第三弾!
超常的な世界観を真骨頂とする前川知大が、
異界との共生を綴る「遠野物語」をモチーフに、
現代の“奇ッ怪”な物語を紡ぎだす。

この世とあの世の境目に迷い込んだ者たちが、奇ッ怪な話を語り合う。
語り、演じるうちに、語り手自身の物語が浮かび上がっていく。
「奇ッ怪 其ノ参」では「遠野物語」を語りながら、
語り手たち、つまり私たちの現在を問い直します。
「遠野物語」は柳田国男が不可思議な遠野の伝説を聞き記したもの。
「願はくはこれを語りて平地人を戦慄せしめよ」と序文にある。
昔話とも単なる怪談とも違う、孤高のテキスト。
柳田は「遠野物語」を世に出すことで、いったい何を語ろうとしたのか。
近代化が進む変化の時期に、「遠野物語」は出版された。
今「遠野物語」を語ることで、
私たちが失って久しいもの、
失いつつあるもの、
そしてどこへ向かおうとしているのか、
舞台の上で考えます。
―― 前川知大 (脚本・演出)


緻密な構成と筆致で、
身近な生活と隣り合わせに現れる異界を描きだし、
多くの演劇ファンを唸らせてきた前川知大。
世田谷パブリックシアターは、前川知大脚本・演出による
「奇ッ怪」シリーズを2009年より継続して上演してきました。
そしてこの度、『奇ッ怪~小泉八雲から聞いた話』(09年)、
そして第19 回読売演劇大賞の大賞・最優秀演出家賞等を受賞した
「現代能楽集Ⅵ 『奇ッ怪 其ノ弐』」(11年)に続く
シリーズ第三弾、『遠野物語・奇ッ怪 其ノ参』を
2016年10~11月に上演します。

今回の「奇ッ怪」は、
民俗学者・柳田国男が遠野盆地~遠野街道にまつわる民話を集録した
「遠野物語」をモチーフとします。
河童や天狗といった妖怪たちから、死者、神に至るまで
様々な異界のものたちと生きてきた人々の記憶の集積を、
超常的な世界観を真骨頂とする前川が、
日本の演劇界を賑わす魅力ある出演陣と共にどのように紡ぎだすのか、
ご期待ください。

HPより抜粋



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的感想です…


[舞台 【 遠野物語・奇ッ怪 其ノ参 】@世田谷パブリックシアター 2016年11月]の続きを読む

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/31(土) 16:37:52
  2. 舞台

舞台【文楽 絵本太功記】@国立劇場 28年5月



太閤記の浄瑠璃、【絵本太功記】は、
太閤・秀吉よりも、三日天下と言われたた光秀を中心に描いています(*’U`*)

この舞台の前日に、團菊祭に行ったのですが、
その演目の中に【時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)】という、
春永(織田信長)に無理難題を言われ叱責される光秀の忍耐と執念を描いた
舞台を観たばかりでした(^∇^)ノ

今日も、当日のメモをそのままあエントリーします。
勘違いも多いと思いますが、お許しを…m( _ _ )m

詳しい内容はこちらをクリック⇒絵本太功記


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


言いたい放題のゆる~い感想です…


[舞台【文楽 絵本太功記】@国立劇場 28年5月]の続きを読む

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/30(金) 22:32:22
  2. 舞台

舞台【團菊祭五月大歌舞伎】@歌舞伎座 28年5月

fc2blog_20170102212640570.jpg

今朝は水音で起きました。
ティッシュの箱に落ちる、ポトン。ポトン。という音。
寝ぼけ眼で、電気を点けて見上げると、
壁際の天井から落ちて来ています。
スグに裏側の洗面所側の天井を見に行くと、
こちらにはもっと、水滴が…。
相棒を起こして、速攻、上の階へ行ってもらいました((((;゚Д゚)))))))
何度かのチャイムで起きた上の階の住人さんが
少ししてから謝りに来ましたΣ(゚д゚|||)
洗濯機のホースが外れていたようです。
ひとまず、全部拭ききったとのこと。
階下の住人が、ワタシのように敏感な人間で良かったわねぇ(*゚ェ゚*)
被害、ほぼ無しですもの。
これが、留守の時だったりしたら、大変なことになってます。
我が家も他人事ではありません。
気を付けなくてはいけませんね(;д;)

さて、気忙しい年末になって、慌ててエントリーするのは
5月の團菊祭。今年の感想、今年のうちに!!
と、思っていまして。 当日のメモのまま載せちゃいます。
調べていないので、勘違いが多い思われますm( _ _ )m

菊之助丈のご長男の初お目見えの舞台です。
TVで見ていても、音羽屋さんも播磨屋さんも
目尻下がりっぱなしです♪(*^^)o∀*∀o(^^*)♪
ホントに可愛いんだもの。
ワタシ的には、しのぶちゃんのご長男も一緒で
良かったんじゃないかなぁ?
今の時代に、ハーフなんて問題じゃないと思うわぁ+.(*'v`*)+

一、勢獅子音羽花籠(きおいじしおとわのはなかご)
寺嶋和史 初お目見得

鳶頭:菊五郎
鳶頭:吉右衛門

    菊之助
    初お目見得
    寺嶋和史
    (菊之助長男)

鳶頭:松緑
鳶頭:海老蔵
鳶頭:團蔵
  
茶屋女房:萬次郎
茶屋女房:秀調
鳶頭:権十郎
鳶の者:亀三郎
鳶の者:亀寿
鳶の者:松也
芸者:梅枝
鳶の者:萬太郎
鳶の者:巳之助
芸者:尾上右近
芸者:種之助
鳶頭:錦之助
鳶頭:又五郎
芸者:雀右衛門
芸者:時蔵
芸者:魁春
世話人:彦三郎
世話人:左團次
鳶頭:梅玉

二、三人吉三巴白浪(さんにんきちさともえのしらなみ)
   大川端庚申塚の場

お嬢吉三:菊之助
お坊吉三:海老蔵
夜鷹おとせ:尾上右近
和尚吉三:松緑

三、時今也桔梗旗揚(ときはいまききょうのはたあげ)

本能寺馬盥の場
愛宕山連歌の場

武智光秀:松緑
小田春永:團蔵
四王天但馬守:亀寿
桔梗:梅枝
森蘭丸:萬太郎
森力丸:巳之助
連歌師丈巴:橘太郎
園生の局:笑也
矢代條介:男女蔵
安田作兵衛:松江
皐月:時蔵

四、男女道成寺(めおとどうじょうじ)

白拍子桜子実は狂言師左近:海老蔵
所化:男女蔵
所化:九團次
所化:萬太郎
所化:巳之助
所化:竹松
所化:尾上右近
所化:種之助
所化:廣松
所化:橘太郎
白拍子花子:菊之助



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


私的辛口(?)感想です…


     [舞台【團菊祭五月大歌舞伎】@歌舞伎座 28年5月]の続きを読む

テーマ:舞台の感想 - ジャンル:趣味・実用

  1. 2016/12/28(水) 22:50:12
  2. 舞台
前のページ 次のページ