FC2ブログ

jellyfishのひとりごと

観て、食べて、試して…重箱のスミをつついて(?)感想をつぶやいております♪

大学病院で造影CTを撮りました。



造影剤を入れてCTを撮る為に、手術予定の病院に行ったのですけど、この日のワタシは生憎、まったく声が出ませんでしたヽ(;▽;)ノ
所謂、風邪の症状はないのですが、とにかく声が出ない!
スマホに文章を打ち込んで、先生と会話。
多分、風邪が原因で声が出ないだけだろうけど、甲状腺の腫瘍が声帯の神経を刺激して声が出なくなっている可能性もあるので、その検査も合わせてすることになりました。

造影CTは二度目。最初の病院でもやりました。
薬が入って来ると、身体が急にカァ~っと暑くなって驚きました(゚o゚;;
その時は、ちょっと吐き気がして、検査後に点滴を入れ、少しの間、控え室で安静する事になりました(;゜0゜)
今回は体調も崩しているし…と、不安でしたが、問題なく終わりました。

今までのエコー検査等でも、画面に入りきらないほど大きいと言われましたが、ホントに腫瘍はかなり大きく、腫瘍によって気管や食道も迂回するように曲がっているそう。
それでも、どちらも押し潰されてひどく細くはなっていないので、自覚症状もそれほどなかったようです。
でも、声帯の神経を刺激している事は無く、声が出ないのは風邪が原因でした。
良かったです。
声帯の神経に影響していたら、厄介な手術になったみたいですε-(´∀`; )
手術前の風邪は気を付けてくださいね!と言われました。
『はい!』とこころの中で言いました。

以前、この辺りに住んでいた頃に来ていたホテルアトラスの下のナチュラル系の定食のお店に行きたかったのだけど、無くなってたぁ~( ̄▽ ̄;)
仕方がないので、近くの区役所の上のレストランにしました♪ 病院の上でも良かったんだけどね。
さすが区役所、声が出ないワタシでも親切にオーダーを聞いてくださいました。
有難うございます。



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります




テーマ:外出先から - ジャンル:モブログ

  1. 2018/12/14(金) 21:39:53
  2. 散歩

御朱印巡り @赤坂氷川神社



昨日書いた、日枝神社の参拝後、氷川神社に向かいました。
スマホの地図アプリに、「現在地から氷川神社」と入れたら、
15分ほどと出ました。
スマホを頼りに、思ったより地味目な坂道を登って
結局、20分ほどで、到着しました(;^ω^)
東京十社めぐり…。日枝神社も氷川神社もそうなんですね。
なるほど~~。先日の七福神めぐりもそうですが、
御朱印巡りの仕方もいろいろあるのでしょうねぇ((^∀^*))

坂道でちょっと熱くなった身体がピシっとなるような
落ち着いた雰囲気の社殿でございました(*´v`)



たくさんの樹々が生い茂っていますし、
日枝神社に比べると色味が地味だなぁと思ったら、
江戸の年号が残る鳥居や狛犬がありました。
戦争や災害にも負けずに残っているなんて、
ホントのパワースポットですね。
見事に色付いた大銀杏の樹齢は400年ですってΣ(゚д゚|||)

この氷川神社のある土地は、浅野家の下屋敷だったのですねぇ。
浅野内匠頭の正室だった 瑤泉院が幽閉されていたのは
この地だったのですかぁ。
瑤泉院も、この銀杏をご覧になっていたのでしょうか?
樹齢400年の大銀杏に、赤穂浪士を思って、
落ちる黄色い葉っぱを、しばし眺めてみました。
三次浅野家が断絶になってから、
この地に氷川神社を遷宮したのは、吉宗なのだとか。
またしてもビッグネーム+.(*'v`*)+

赤坂氷川神社の摂社、四合(しあわせ)稲荷もありました。
この地域周辺にあった4つの神社が合わさって祀られたことから、
勝海舟が四合(しあわせ)稲荷と名付けたそうです。
またしてもビッグネーム(゚∀゚≡゚∀゚)

神社に訪れると境内に小さな神社や祠をみかけることがあります。
主祭神を祀る神社を本社とし、
このような本社に付属する小さな社を摂社(せっしゃ)と言うそうです。

昨日の日枝神社にあった八坂神社は、末社(まっしゃ)と書かれていました。
末社と摂社はどう違うの?と思って調べてみたけれど、
一時期、規定があったようですが、今ではあまり区別はないみたい(;´Д`)
摂社は、末社よりも上位に位置づけられているらしいデス。

fc2blog_201902070012430d9.jpg

というわけで、氷川神社と四合稲荷の御朱印をいただきました。


テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

  1. 2018/11/30(金) 22:27:14
  2. 散歩

御朱印巡り @山王稲荷神社 @日枝神社



最近、御朱印帖を始めたばかりの新参者。(=゚ω゚)ノ
観劇の為に訪れた街で、御朱印をいただくようにしています。
新しい発見のある散歩になって、愉しみになってきていますわぁ。(〃▽〃)

今日は赤坂で、舞台を拝見するので、日枝神社にお詣りに伺いました。
赤坂見附駅から5分足らずで鳥居が見えて来ました.゚+.(・∀・)゚+.
ホントにこんなビルとビルの間に埋もれるようにあるのですねぇ。



鳥居をくぐっただけなのに、空気が変わったように感じました。



横断歩道を渡り、左側の階段を登っていきますと…



鮮やかな朱色の鳥居。所謂、千本鳥居というのでしょうか…。



本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


続きはこちらから…


[御朱印巡り @山王稲荷神社 @日枝神社]の続きを読む

テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

  1. 2018/11/29(木) 21:13:06
  2. 散歩

御朱印巡り @浅草 1日で10社を巡りました。




今日は平成中村座・夜の部を拝見します(*≧∪≦)
ネットで確認した浅草巡りを時間的に可能なところまで
参拝させてもらいたいと思いますp(*^-^*)q



平成中村座の場所を一応確認 (ノ´▽`*)b☆
駐車場に、はとバスがいっぱい並んでいますねぇ。



御朱印巡りは、この[浅草寺]から始めます。
本堂から奥に進んだ影向堂に向かいました。
御朱印帖を渡すと番号札を貰えますので、近くで待ちましょう。

fc2blog_20190207161804d87.jpg

スタンプラリーにならないように、
あらかじめダウンロードしておいた般若心経を唱えておりました(ノ´▽`*)b☆

fc2blog_20190207160947a6d.jpg

ご本尊と浅草七福神の大黒天の2種類の御朱印をいただきました。



[浅草寺]に隣接する[浅草神社]
三社祭で有名ですねぇヽ(≧∀≦)ノ



結婚式をあげているカップルに出くわしました。
参列の方意外に、観光客の方々にも祝福されていました。
お幸せにね(*´∀`人 ♪

右手奥にある授与所で
浅草神社と浅草七福神の恵比寿様の御朱印をいただきました.゚+.(・∀・)゚+.

[浅草神社]の御朱印は季節によって違うそうです。
新春の浅草歌舞伎の時に持って来れば、
お正月バージョンがいただけるのかしら?

さらに、[被官稲荷神社]の御朱印もいただきました。
[浅草神社]の授与所の右奥に行くと[被官稲荷神社]が建っているそうです。
周辺が工事中で、お稲荷さんは、ちょっと分かり難かったわぁ( ノД`)



左下の[矢先稲荷神社]の御朱印をいただくために、
合羽橋に向かいました(*´~`*)
地図アプリでは10分ほどだったはずですが、
ウロウロ写真を撮りながら向かったら30分近くかかってしまいました(。-_-。)


本文の 色文字 をクリックするとリンクページに飛びます。
写真をクリックすると大きくなります


かっぱ橋からはこちらへ…


[御朱印巡り @浅草 1日で10社を巡りました。]の続きを読む

テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

  1. 2018/11/22(木) 22:54:36
  2. 散歩

御朱印巡り @池袋御岳神社




今日は池袋の東京芸術劇場で観劇+.(*'v`*)+
その前に、御朱印が頂けるところはあるかしら?
と、探してみると、池袋駅西口から徒歩10分ほどのところに
池袋御岳神社を発見しました(^-^)/
学生時代にかなり通った場所ですが、知らないものですねぇ(*゚ェ゚*)



整備された広い道路に面した場所に神社はありました。
住宅街にありながら緑の多い境内で、ビックリです(*゚Q゚*)
この辺りの鎮守神様なんでしょうかねぇ。



平日の昼間なので、空いていましたが、
ワタシ以外にもお詣りしている方がいらっしゃいました(´∀`*)
地元の方でしょうかねぇ。



境内には子育稲荷神社もありました。



このお狐さま、出っ歯ではないですか?
思わずニヤけてしまいました。



そして、池袋らしく…境内には、ふくろうのモニュメントが満載です。
イケフクロウの街ですし、
フクロウ=不苦労という縁起物ですから(*≧∪≦)



御朱印をいただきました。



個性的なマンションの前を通り抜け、




マツコが深夜のTV番組で見学に行った豊島清掃工場の
高くそびえる煙突が見えました(゚∀゚≡゚∀゚)
池袋にゴミ処理場があるのも知りませんでしたわぁ。



東京芸術劇場に到着です。
さて、『贋作 桜の森の満開の下』 どんなもんでしょうか。

テーマ:東京都を散歩 - ジャンル:地域情報

  1. 2018/11/21(水) 22:51:44
  2. 散歩
前のページ 次のページ